9月入学はありえるのか!?問題点やメリットなどについて調査しました!

9月入学 ありえるのか 子育て

 

新型コロナによる影響により、長く続いた休校状態。

 

子供たちの学ぶ機会が失われ、今後の影響がますます心配です。

 

そんな中浮上したのが、9月入学制への移行。

 

ですがこの問題・・・色んな専門家の方が意見を述べられていますが、そのリスクや問題点、それにメリットなどがはっきり見えてきません。

 

これはとっても不安ですね。

 

そこで今回は、9月入学につきまして、色々調べてみましたので、その結果を皆さんにもご紹介します。

 

そもそも、9月入学の実現はありえるのか?その理由や問題点、移行することによって起こる様々な影響など、内容盛りだくさんでおとどけします。

 

スポンサーリンク

 

9月入学はありえるのか!?

 

色んな問題を考える前に、そもそも9月入学の実現はありえるのか、考えてみましょう。

 

新型コロナによって休校が長引き、子供たちの学業の遅れが心配されるなか、一部の学生や多くの知事から意見が寄せられたのが、「9月入学」。

 

補正予算を審議する国会においても議論が行われましたね。

 

ですが、この9月入学問題は、なにもいきなり浮上してきたわけではありません。

 

かつては2012年に、東京大学が自らの措置として9月入学を打ち出し、たいへんな話題になりました。

 

マスコミでも大きく取り上げられましたが、いくつかの課題が指摘され、議論は活発になりませんでした。

 

その課題とは・・・

 

*会計年度との乖離による不便さ

 

*就職時期との調整が困難

 

といったものでした。

 

これはなかなか解決が難しい問題ですね。

 

社会の仕組みそのものにも大きな影響を与えてしまいますので・・・。

 

やはり、9月入学の実現はありえないのでしょうか?

 

いえ・・・9月入学は実現できます。

 

そのためにクリアしなければならない課題はありますが、最終的には、世論をベースとした「政治判断」がカギなのです。

 

もちろん賛否両論はあるでしょうが、これはもはや教育界だけの問題ではありません。

 

教育という子供たちの大切な権利、また人間形成においても重要な要素を国民ひとりひとりがどう判断するかにもかかってくるのです。

 

過去の習慣や前例にとらわれ過ぎてはいけませんよね。

 

まずは、日本の将来の在り方を決めるために、世界の標準を理解する。

 

そして、それを日本の役に立つように取り込んでいかなければなりません。

 

そのためには、法律を見直してでも9月入学の実施の必要性を、あらためて全ての国民参加のもと、考える必要があります。

 

9月入学への移行が求められる理由は?

 

9月入学 理由

 

つづいて、9月入学が求められる理由を考えてみましょう。

 

休校状態が続く学校問題の課題としては。

 

●オンライン授業の整備は自治体、学校レベルで大きな差がある。そのため地域間の格差がはげしい。

●新型コロナウイルスの収束は、長期になる可能性が高いとする感染症専門家の意見が多い。

 

 

こういった状況によって、教育格差が拡大していることは容易に想像できます。

 

政府や学校も対策を検討しているようですが、解決策が全く見えてこないのが現状。

 

現実的に考えれば、今年度はこれまでと同様の学習指導を行うことはできないと思って間違いなさそうです。

 

こういった事が理由で、9月入学への移行が求められているのです。

 

これは無理もありませんね。

 

入学式をむかえることができなかった生徒や、新しいクラスメートに会えていない子供たちもたくさんいるのですから。

 

どこかのタイミングで、大きくリセットしなければいけないのかもしれませんね。

 

9月入学へ移行するリスクとは?

 

9月入学 リスク

 

9月入学へ移行することによって、全ての問題が解決するわけではありません。

 

そこには、いくつかのリスクも考えられます。

 

9月入学に関して、いくつかのアンケート結果を見てみると、多くの方が賛成しているみたいですね。

 

ただ、気になるのは賛成している理由。

 

「留学がスムーズに行えて、帰国した際も就職に影響しない。」

「受験の際、インフルエンザや大雪の心配をしなくて済む。」

 

といったように、入試や入学の時期をずらすだけだと勘違いしている方が多くいらっしゃるようです。

 

あらためて考えてみてください。

 

いま議論されているのは、小学校から大学まで、全ての学校の本年度を半年間延長し、2021年度の始業・入学を9月にする。

 

そして、なおかつ今後ずっと9月を全ての学校の年度始まりにするということなのです。

 

普通に考えると、これは国が総力をあげても、数年の準備期間を要する一大プロジェクト。

 

入試改革問題とは比べものにならないほど、社会への影響は甚大なものになると指摘されているのです。

 

たとえば・・・

*生まれ月による学年の区切りが9月に変わる

*就職活動の時期やしくみを変えなければいけない

*国家試験の時期やしくみを変えなければいけない

 

などなど、数えあげればキリがありません。

 

しかもこのように大きな問題を、コロナ騒動のさなかに議論する・・・これで本当に大丈夫なのでしょうか?

 

9月入学の問題点は?

 

9月入学 問題点

 

さらに、9月入学に移行するにあたっては、いくつかの問題点も指摘されています。

 

そのうちのいくつかをご紹介します。

会計年度が変わる

 

国や地方自治体の会計年度は、4月~3月となっていますよね。

 

これまで行ってきたお金の管理と学校の入学の時期、これが変更されることとなります。

 

就職と入学の時期がずれる

 

現在のまま、企業が入社時期を4月に設定すれば学校を卒業して、会社に入社するまでに半年間の空きができてしまいます。

 

当然、その間も生活費といったお金がかかります。

 

バイトするにしても、半年後に辞めることが分かっている人を雇ってくれるところは少ないかもしれませんね。

 

9月入学実現のためには、企業による9月入社とセットで考えていく必要がありそうです。

 

9月入学のメリットはこれだ!

 

9月入学 メリット

 

そうはいっても、賛成の声も大きい9月入学。

 

そのメリットについて考えてみましょう。

 

学習の格差を解消できる

 

新型コロナの影響によって生徒は自宅での学習を余儀なくされています。

 

しかしながら、生徒によって学習時間に大きな差があるようです。

 

また、今回の騒動で大きく注目されたのはインターネットを通じた「オンライン授業」。

 

しかしこちらは、生徒の家庭環境にも差があるため、全ての児童のメリットにはつながっていません。

 

そして、この格差解消には、9月入学が最も効果的だと考えられているのです。

 

留学がしやすくなる

 

こちらは大きなメリットになりそうです。

 

海外では、9月入学が一般的。

 

そのため、留学するためには日本の学校を学期途中で自主退学・休学を余儀なくされていました。

 

また、場合によっては学校を3月に卒業して5ヶ月ほど猶予期間を設けて留学するという方法もとられていたようです。

 

もし、日本の9月入学が実現すれば、こういった無駄な対応をとる必要がなくなります。

 

受験時期変更によるメリット

 

日本の受験シーズンと言えば冬ですよね。

 

ですが、9月入学になると受験が春か夏になります。

 

そう、これならインフルエンザの影響や、雪で受験会場への移動が困難といった心配がなくなります。

 

それに、花粉症のため試験本番に影響が出るという心配からも解放されます。

 

これらのメリット・・・意外と重要だと思うのですが。

 

入試や就職活動のタイミングを調整できる

 

休校による影響は、学習状況の格差だけにとどまりません。

 

入試を含めた各種試験、それに就職活動にも大きく影響してきます。

 

大学の学校推薦型選抜の試験が実施されるのは、11月。

 

このまま学校再開が遅れれば、再開してすぐに受験しなければならないというケースが出てきてしまいます。

 

なんといっても学校推薦型選抜は、成績が重視。

 

休校が長引くことで成績が付かない期間があれば、当然のことながら合格の判断も難しくなります。

 

それだけではありません。

 

就職活動に目を向けると、企業の合同説明会の開催も中止が相次いでいます。

 

そのため多くの学生の就職活動に影響が出ているという状況です。

スポンサーリンク

 

9月入学へ移行することによって、受験や就職活動に余裕を持ってのぞめることができるのは、学生にとってたいへん大きなメリットだと言えるでしょう。

 

通えなかった学生生活を取り戻せる

 

学校に通うことができず、失われてしまった友達との大切な時間。

 

これを少しでも取り戻すことが出来るというのは、子供たちにとっては大きなメリットだと言えるかもしれません。

 

高校野球 春の選抜、中学総合体育大会、それに高校のインターハイ。

 

これらがすでに中止となり、それに向けて頑張ってきた生徒の無念さを思うとやりきれません。

 

学校の行事やイベントもたくさん中止になっていますので、あらためて開催が実現したら、素敵な思い出になること間違いなしです。

 

9月入学に移行した場合の影響を考えてみよう。

 

9月入学 影響

 

 

あらためて9月入学に移行した場合、学校現場や日本の社会・文化にどのような影響をもたらすのか考えてみましょう。

 

文化・習慣にも変化が。

 

日本の入学や卒業式に欠かせないものと言えば・・・そう「」ですよね。

 

咲き誇る桜を見ると、その頃が懐かしく思い出されるという方も多いと思います。

 

ところが、9月入学に移行すれば、この日本の入学・卒業の風景にも大きな変化がもたらされます。

 

桜がない入学式や卒業式・・・なんだか物足りないですね。

 

卒業ソングにも桜ってたくさん出てきます。

 

そんな文化がなくなってしまうのは、やっぱり寂しいですね。

 

受験が東京オリンピックと重なってしまう

 

延期となってしまった、東京オリンピック。

 

あらたな開催は、2021年7月23日~8月8日の日程が予定されています。

 

なので2021年に9月入学へ移行すると、受験の日程が東京オリンピックと重なってしまう可能性が出てきてしまいます。

 

当然、受験会場へ向かう交通機関も混雑するでしょうし、もっと心配なのは大学受験。

 

地方から東京へ受験に来る場合、宿泊施設の確保が困難になってしまいますよね。

 

これは受験生にとっては、一大事。

 

9月入学に移行する場合は、政府による早めの対策が求められます。

 

9月入学になったら学年区切りはどうなる?

 

9月入学 学年区切り

 

9月入学に移行した場合、学年の区切りはどうなるのか・・・こちらもたいへん気になります。

 

9月入学という事は、9月生まれから8月生まれまでが1学年となります。

 

もし9月入学が行われた場合は、4月から9月に生まれた生徒さんが特別措置として同じ学年に加わることとなります。

 

当然、生徒数のバランスに影響してしまいますよね。

 

クラスの数も急遽増やさなければなりません。

 

これでは先生も大変です。

 

9月入学の議論のきっかけは学生の署名活動?

 

9月入学 署名活動

 

 

かつて度々話題にのぼった、9月入学。

 

しかしながらあまり議論は活発にならず、その移行についてはその都度先送りされてきました。

 

それがなぜ、今回は国会でも取り上げられるほど大きな話題になったのか。

 

もちろん新型コロナの影響があまりにも大きく、全国的に学校が休校になるという予想もつかないような事態になってしまっているためです。

 

そして、もうひとつ大きな理由・・・それが学生による署名活動の影響だと言われています。

 

署名活動のスタートは、大阪の高校生。

 

2020年5月に入った時点で、なんと2万人以上の署名が集まったというのですから驚きです。

 

高校生たちの活動は、署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で4月19日から開始。

 

集まった署名は、萩生田光一・文部科学相に提出すると表明しています。

 

賛同者からは・・・

「生徒の大切な学びの時間がもぎ取られたままでなく、9月新学期
導入できちんとできるようになる事を切望します」(中学校教諭)

 

「高校の課題などが配信されている状況で、正直学習面などとても
不安です。9月入学になれば、全員で足並みを揃えてスタート
できるので安心して学習する事ができると思います」(高校1年)

といった声が寄せられています。

 

署名活動を始めたのは、西野桃加さんと中尾微々さん。

 

お二人の思いは・・・

 

「ただでさえ混乱している世の中、このような大きな決断は
不可能に等しいかもしれません。

様々な現実的な問題が生じるのも承知しています。

ですが、私たち学生が声を上げることにより、少しでも良い
方向に物事が進めばと思っています。」

(出典:Change.org

 

このメッセージが、多くの人の共感を集めたのは間違いなさそうです。

 

しかしながら、この署名活動。

 

同じサイトで、9月入学反対を求める署名活動も展開されています。

 

こちらは、4月28日に開始。

 

5月1日時点の賛同者は、1282人となっています。

 

反対する理由として、

「急に受験時期が変更となることへの不安」

「教育制度変更に伴う労力」

「9月以降もコロナウイルスが収束しない可能性」

「半年分の学費の負担」

こういった理由をあげています。

 

反対の署名活動を立ち上げた学生は、その理由をこのように語っています。

 

「この署名は、賛成している方と争うために作ったものではなく、
反対する人もたくさんいる。

そして反対の人から見たデメリットを世間に知ってもらい、
それを踏まえて検討してほしい」。

(出典:Change.org

 

もっともな意見だと思います。

 

当事者の学生から出た意見・・・どちらも十分尊重したうえで議論を行ってほしいですね。

 

9月入学 海外はどうなってる?

 

9月入学 海外

 

 

9月入学によって、海外へ留学しやすくなるというメリットがあげられていました。

 

そこで、日本以外の国はどうなっているのか調べてみました。

 

では、主な国の入学時期をご覧ください。

 

アメリカ

 

9月入学が一般的ですが、学期ごとの入学も認められています。

 

2学期制の大学では8月、9月、1月に入学できるようです。

 

それはそれでややこしいような気もするのですが・・・。

 

さらに4学期制の大学では、8月、9月、1月に加えて3月にも入学できるというのですから驚きです。

 

カナダ

 

一般的には、9月入学。

 

しかしながら一部の学校では、1月の入学を導入しています。

 

イギリス

 

シンプルに9月入学を採用。

オーストラリア、ニュージーランド

 

ほとんどの大学では、2月と7月入学を採用。

 

シンガポール

 

ほぼ全ての学校が1月入学です。

 

韓国

 

主に3月入学を採用。

 

中国

 

ほとんどの学校が9月入学となっています。

 

中国は世界で最も海外留学が多い国。

 

やはり9月の方がなにかと都合がいいのかもしれませんね。

 

フィリピン

 

多くの大学が6月・11月入学を採用しています。

 

 

ここまでは、日本人留学生が多い国をメインにご紹介させていただきました。

 

では、9月入学を採用している国を見てみましょう。

・フランス

・ロシア

・ベルギー

・トルコ

・モンゴル

となっています。

 

こうやって見てみると、やはり世界のスタンダードは、9月入学だと言えそうです。

 

国によってこんなに差があるのですね。

 

ちなみに4月入学を採用している国は、ありませんでした。

 

そして他の国の入学時期に関しましては、個々の生徒の事情に配慮して柔軟に対応しているようです。

 

この柔軟さ・・・今後の日本にも求められますね。

 

まとめ

 

本日は、今話題になっている9月入学につきまして考えてみました。

 

この9月入学・・・皆さんはどのようにお考えですか?

 

メリットとデメリット、どちらもあって判断が難しいです。

 

ですが、私の願いはひとつ。

 

今を生きる学生の皆さんが悔いなく、素晴らしい学生生活を送ってくれること。

 

そのために、政府をはじめ有識者の皆さんにはじっくり議論を行っていただきたいです。

 

今後の成り行き・・・注意深く見守っていきましょう。

 

本日は最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました