※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

バルミューダサーキュレーターC2の口コミや評判をレビュー!電気代や音とお手入れ方法についても

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2の口コミや評判をレビューしていきます♪

また、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の気になる電気代や運転音などについてもお話ししますね!

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2は、優しい風を遠くまで届けてくれるのが最大の特長です。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の口コミや評判には、

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の口コミや評判

  • エアコンの冷暖房を部屋中に届けられる
  • 風が気持ち良い
  • 音が静かで、快適に使える

といった、性能を褒める口コミがたくさんありましたよ♪

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、脱臭機能もあるサーキュレーターなので、

ポイント

  • 部屋の空気を循環させる
  • 部屋の嫌なにおいを消す
  • 扇風機として風を送る

など、さまざまな使い方ができます!

本文にて、詳しくお話ししますね♪

\バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2はこちら/

スポンサーリンク

バルミューダサーキュレーターC2の口コミや評判をレビュー

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2の口コミや評判をレビューしていきます。

良い口コミばかりではなく、ネガティブな悪い口コミや意見もしっかりと紹介しますね!

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の悪い口コミやデメリット

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2の悪い口コミを調べたところ、「首振り機能がない」というものがありました。

たしかに、「送風する」という目的から考えると、首を振ることができないと、不便に思えますよね。

しかし、一般的に、サーキュレーターには首振りの機能は不要と言われています。

サーキュレーターは扇風機と違い、空気を循環させるのが主な目的です。

首を振ると、すぐ近くの空気はたくさん動かすことができますが、直線的に遠くまで風を送ることはできません。

そのため、部屋中の風を動かして、エアコンの風をすみずみまで届けたり、換気したりするときには、首は振らない方が、むしろ効果が高いのです。

つまりサーキュレーターにとって、首振りの機能は、あっても良いけれど、なくても困らないものということですね。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2も、サーキュレーターとしては十分に高性能なので、首振り機能がなくても、しっかり活躍してくれますよ♪

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の良い口コミやメリット

続いて、バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2の良い口コミをご紹介しますね。

エアコンと併せて使って便利、静かで快適など、性能を評価する口コミがたくさん見られましたよ!

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の良い口コミ

  • 風が効果的に広がる
  • 性能が良い
  • 用途が多い
  • デザインが良い

●風が効果的に広がる

  • 空気がすぐに循環する
  • パワフルで良い
  • エアコンが効きやすくなった
  • 部屋が冷えすぎなくて良い

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2には、「グリーンファンテクノロジー」という、バルミューダのオリジナル技術が使われています。

これは、ファンを2重にすることで、速度の異なる風を作り出すという技術です。

速度の違う風は、それぞれがぶつかって広がるため、風が広範囲に行き渡るとのこと。

そのおかげでC2は、スピーディーに空気を循環させられるのです。

また、ダクトファンにも独自の機能が使われており、部屋の空気を大量に吸い込むことができます。

大量に吸い込んで、大量に排出するので、C2はとてもパワフルなのです。

エアコンを使っていると、天井付近のような高いところと、床周辺の低いところで、温度差ができることがありますよね。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、6畳の部屋なら、この温度差をほんの1分程度で解消してくれるんです。

特定の場所だけ冷えすぎる、あるいは温まりすぎるということも、解消できますよ♪

さらに、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は20畳の部屋まで対応しているので、リビングとその隣の寝室など、部屋をまたいで空気を循環させることもできます。

こうした、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2のサーキュレーターとしての能力を褒めるコメントは、本当にたくさん見られました。

エアコンの働きを助けてくれるので、節電にもなりますね!

●性能が良い

  • 脱臭できるのが良い
  • コンパクトで便利
  • 音が静かで、寝るときに使っても大丈夫

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の大きな特長のひとつに、脱臭ができるというものがあります。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2には活性炭脱臭フィルターが搭載されており、吸い込んだ空気を脱臭して、きれいにしてから送り出すことができるのです。

料理やペットのにおい、生ごみの臭さなども、最大風量の風を15分間出し続ける「ジェットモード」を使うと、30分ほどでほぼなくなるそうですよ♪

また、コンパクトというのも、C2の魅力です。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2のサイズは、幅が32センチ、奥行きが23センチ、高さが34センチほどしかなく、重さも3キロ程度なので、持ち運びにも便利です。

さらに、後ほど詳しく紹介しますが、音が静かという点を評価する方も多かったです。

風を送る以外にもさまざまな利点があるので、使いやすいですね♪

●用途が多い

  • 卓上扇風機としても使える
  • 室内干しの洗濯物にぴったり
  • バッテリーを使うとさらに使いやすい
  • キャンプに持っていっても便利

これまでにも紹介した通り、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2はとても便利なので、あらゆる場面で活用できます。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、直接体に浴びても冷えすぎない、心地よい風を送ってくれるので、扇風機としても役立ちます。

コンパクトなので、デスクの上などに置いても邪魔にならないですよ!

また、部屋干しの洗濯物に風を当てれば、乾燥を早めることもできます。

花粉の時期や梅雨時にも便利ですね♪

さらに、別売りのバッテリーを使えば、コードレスになるというのもポイントです。

充電は、バッテリーに付属するドックに置くだけでできるので、いちいちコードを抜き差ししなくても、すぐに使えます。

コードなしで使えれば、外出先にも持っていけますね♪

●デザインが良い

  • スッキリしたフォルムが良い
  • 部屋になじんでいる
  • インテリアに合うので、一年中出しっぱなしにしている

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、とてもスマートで、スタイリッシュな形をしています。

このデザインを褒める口コミも、たくさん見られました。

また、白と黒という、シンプルながらおしゃれな色も良いですよね♪

出しっぱなしにしていても、インテリアのひとつのように部屋になじみますよ!

\バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2はこちら/

スポンサーリンク

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の電気代は?

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2の消費電力は1.5W~26Wです。

これを1時間使用したときの電気代は、およそ0.04~0.7円です。

1日8時間、1ヶ月使うとすると、約9.7~168円です。

室内干しの洗濯物に夜中当てていたり、日中ずっと空気を循環させていたりしても、1ヵ月で200円行くことはほとんどないでしょう。

これくらいなら、電気代を気にせずに、思う存分使えますね♪

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の音は静か?

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2の音は、20~52dBです。

最も小さい20dBとは、葉っぱが触れ合う音や、雪が降る音と同じくらいです。

ほとんど気にならないレベルの音なので、寝るときに使っても問題ないですね♪

なお、人は、40dB以下の音については、だいたい静かだと感じるそうです。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、風量を1~3の3段階で調節できますが、このときの運転音は、ほとんど40dB以下と思われるので、あまりうるさいと感じることはないでしょう。

ただ、最大値の52dBという音量は、室内で聞くと、それなりに気になるボリュームです。

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2には、風量1~3のほかに、最大風量を15分間出し続ける「ジェットモード」があるのですが、おそらくこれを利用すると、52dBの音が出るのでしょう。

ジェットモードは、就寝時には使わない方が良さそうですね!

\バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2はこちら/

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2のお手入れ方法

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2のお手入れは、シンプルです。

主に、以下のものをお手入れしましょう。

  • 脱臭フィルター
  • ファンなど本体の汚れやすいパーツ

この2つのうち、脱臭フィルターは、本体の裏側に取り付けられています。

フィルターホルダーを反時計回りに回すと、フィルターホルダーごと外れるので、そこから脱臭フィルターを取り外してください。

これは、半年に1回のペースで、新しいものに交換します。

公式サイトで販売されているので、購入して取り付けてください。

ファンや前面のガードなど、汚れやすいパーツは、以下の3ステップで、まるごと水洗いできますよ!

  • STEP1 ファンガードやファンを取り外す
  • STEP2 水洗いできるパーツを洗浄する
  • STEP3 ファンガード等を取り付ける

詳しく見ていきましょう♪

STEP1 ファンガードやファンを取り外す

ファンの下の方に、コイン等で回せるロックがあります。

これを回してロックを解除したあと、ファンの前にあるファンガードを左に回し、取り外してください。

続けて、ファンを留めている、円形のファンホルダーを、右にまわします。

ファンホルダーが外れたら、ファンが取り外せますよ!

STEP2 水洗いできるパーツを洗浄する

ファンガードとファン、そして脱臭フィルターを抑えているフィルターホルダーは、水洗いすることができます。

スポンジや台所用洗剤を使って、優しく洗ってくださいね!

洗い終わったら、しっかり乾燥させましょう。

なお、ファンホルダーや本体の残った部分は、水洗いできません。

これらが汚れた場合は、乾いた布などで丁寧に拭いてください。

STEP3 ファンガード等を取り付ける

パーツがきれいになったら、またファンやファンガードを取り付けましょう。

ファンは、本体から突き出ている軸に差し込みます。

ファンには表と裏があるので、向きに注意してくださいね!

その上からファンホルダーを取り付けて、左に回してネジを締めます。

続いて、ファンガードを本体の三角のマークに合わせて取り付け、右に回して固定します。

最後に、またコイン等を使って、本体の下のロックをかけましょう。

これで、お手入れは完了です。

ファンの取り外しが簡単ですし、水洗いできるので、いつでも清潔に使えますね♪

以上、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2のお手入れ方法をご紹介しました。

\バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2はこちら/

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の機能や特長

バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2について、ここまでにご説明しきれなかった機能や概要について、全て解説しますね♪

操作が簡単

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、機能がとてもシンプルです。

電源を入れたら、風量ボタンを押して風量を選択しましょう。

風量は、1~3で選べますよ!

また、その隣の飛行機のボタンは、「ジェットモード」を起動するボタンです。

これまでにも紹介した通り、ジェットモードでは、最大風量で15分間風を送り続けます。

風量が強いぶん、大量の空気を取り込んで送り出すので、脱臭効果も高いです。

ちなみに、リモコンがあるので、遠隔操作もできますよ♪

110度まで角度が調節できる

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、ファンの角度を自由に変えることができます。

最大で110度まで変えられるので、真上よりも少し後ろまで風が送れますよ!

これだけ動けば、部屋中のどこにでも風が届きますね♪

空気清浄機と併用しても便利

バルミューダサーキュレーターGreenFan C2は、エアコンと併用して部屋の温度を快適にするだけでなく、空気清浄機とセットで使って、空気をキレイにするのにも役立ちます。

空気清浄機は、周辺の空気を吸い込んで、きれいな空気を出しますよね。

そこで、空気清浄機から離れた場所にC2を置いて、空気清浄機に向けて風を送れば、部屋中の汚れた空気が、どんどんキレイになるというわけです。

この使い方は、特に花粉の季節に有効です。

部屋に入り込んだ花粉を、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2の力で空気清浄機に送り込み、しっかりキレイにしましょう♪

寒い時期にも活躍する

寒い時期、エアコンを使っていると、空気の乾燥が気になりますよね。

また、締め切った部屋では、空気がこもってきて、息苦しくなることもあります。

そんなときは、思い切って窓を開けて換気するのが好ましいのですが、あまり長時間換気すると、部屋が冷え切ってしまうのが難点です。

そこで、バルミューダサーキュレーターGreenFan C2のジェットモードが役立ちます。

窓と窓の間、空気の通り道にC2を置いて、ジェットモードで動かすと、空気の入れ替えを、短時間で行うことができるのです。

部屋が完全に冷える前に換気できるので、おすすめですよ♪

また、部屋のにおいが気になるときは、脱臭機能を使いましょう。

天井に向けて使うことで、部屋全体の空気を取り込み、脱臭して出してくれます。

窓を開けなくても脱臭できるので、寒い時期に大活躍しますよ♪

\バルミューダのサーキュレーターGreenFan C2はこちら/

スポンサーリンク

-家電