※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

バルミューダコーヒーメーカーの口コミや評判をレビュー!電気代や使い方とお手入れ方法も

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの口コミや評判をレビューしていきます♪

また、バルミューダK06Aの使い方や、お手入れ方法についてもお話ししますね!

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aは、温度を細かくコントロールするのが最大の特長です。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの口コミや評判は、

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの口コミや評判

  • コーヒーが本当に美味しい
  • 雑味がなく、まろやかな味わい
  • おしゃれだし、見ていて楽しい

といった、機能やデザインを褒めるコメントがたくさんありましたよ♪

バルミューダコーヒーメーカーK06Aは、3種類のモードでコーヒーを淹れられるので、

ポイント

  • 飲みやすいレギュラーコーヒー
  • しっかり濃いストロングコーヒー
  • 爽やかなアイスコーヒー

といったコーヒーを、家でいつでも淹れることができます!

本文にて詳しくお話ししていきますね♪

\バルミューダコーヒーメーカーK06Aはこちら♪/

スポンサーリンク

バルミューダコーヒーメーカーの口コミや評判をレビュー

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの口コミや評判をレビューしていきます。

良い口コミばかりではなく、ネガティブな悪い口コミや意見もしっかりと紹介しますね!

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの悪い口コミやデメリット

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの悪い口コミやデメリットを調べたところ、「一度に淹れられる量が少ない」というものがありました。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aが一度に抽出できるコーヒーの量は、最大で3杯分です。

他のメーカーの、同じようなドリップ式のコーヒーメーカーだと、一度に5~6杯淹れられるものが主流なので、比較するとバルミューダコーヒーメーカーK06Aは少ないですね。

一度にたくさん飲みたい方や、大人数で飲みたい方にとっては、不便に感じられるかもしれません。

また、抽出には4~7分ほど時間がかかるので、連続して淹れるのも大変です。

しかし、抽出できる量が少ないぶん、バルミューダコーヒーメーカーK06Aは本体がスリムです。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aのサイズは、幅が14センチ、奥行きが29.7センチ、高さが37.9センチです。

背はわりと高いのですが、幅と奥行きがコンパクトなので、置き場所を選びません。

大量に淹れることはできませんが、3杯で十分という方には、とても使いやすいですよ♪

\バルミューダコーヒーメーカーK06Aはこちら♪/

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの良い口コミやメリット

続いて、バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの良い口コミやメリットをご紹介しますね。

コーヒーに大満足、使いやすいなど、機能を評価する口コミが、本当にたくさん見られましたよ♪

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの良い口コミ

  • 美味しいコーヒーが淹れられる
  • 使い勝手が良い
  • デザインが良い
  • 小さくて設置しやすい
  • 楽しい機能がたくさんある

●美味しいコーヒーが淹れられる

  • まろやかなコーヒーになった
  • 香りが良い
  • 雑味がなくて美味しい

バルミューダコーヒーメーカーK06Aで淹れたコーヒーは、とにかく美味しいと評判です。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aにはさまざまな技術が使われていますが、なかでも優れているのが、お湯の温度をコントロールする機能です。

抽出を始めると、まずはできあがったコーヒーが入るサーバーを温めるのですが、このときは100℃近いスチームで行います。

その後、93℃でコーヒー豆を蒸らして、いよいよドリップに移ります。

ドリップの間も温度は少しずつ変化しており、最初は92~91℃で酸味や苦みを出し、そこから時間を追うごとに少しずつ温度を下げ、最終的には82℃程度までゆっくり下げます。

これにより、甘みやコクなども出るとのこと。

最後に、86℃ほどで後味をすっきりと仕上げるそうです。

さらに、この仕上げの段階にも、ユニークな技術が使われています。

じつは、バルミューダコーヒーメーカーK06Aには、お湯の出口が2個所あるのです。

ドリップしているときは、当然ながら上部からお湯が出るのですが、抽出が長くなると、やがて豆から雑味が出てしまいます。

そこでバルミューダコーヒーメーカーK06Aは、抽出がある程度終わったら、上部からのお湯をストップします。

そして、もうひとつの出口から、ドリッパーを通さず、サーバーに直接お湯を注ぐことで、温度やコーヒーの成分等を調節します。

豆に適度な量のお湯しか注がないおかげで、バルミューダコーヒーメーカーK06Aで淹れたコーヒーは雑味がなく、後味が良いとのこと。

さまざまな独自技術のおかげで、まるでカフェでハンドドリップしたかのような、美味しいコーヒーが飲めるのですね!

バルミューダコーヒーメーカーK06Aは、コーヒーメーカーとしては少し高価ですが、「美味しいから買ってよかった」と感じている方がたくさんいましたよ♪

●使い勝手が良い

  • シンプルで使いやすい
  • 操作がわかりやすい
  • 全部洗えるのが良い

操作しやすさや、お手入れの簡単さも、バルミューダコーヒーメーカーK06Aの魅力です。

使い方は後ほども詳しく紹介しますが、基本的にモードと杯数を選ぶだけなので、初めて使う方でも、簡単に操作できます。

また、お手入れについてもあとで触れますが、タンクやドリッパー、コーヒーが入るサーバーなどは、水洗いできます。

使い方が難しかったり、お手入れが面倒だったりすると、しだいに使う頻度が減ってしまいそうですが、バルミューダコーヒーメーカーK06Aの場合はその心配がないですね!

●デザインが良い

  • 形が素敵
  • スタイリッシュでかっこいい
  • スッキリしたデザインが良い

バルミューダコーヒーメーカーK06Aを買った理由について、「見た目に一目惚れしたから」とコメントしている方も、かなり多かったです。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aはカラーバリエーションがなく、色は「ブラック」の一種類です。

しかし、このブラックが、とてもスタイリッシュです。

まず、黒い部分がマットで重厚感のある雰囲気になっており、存在感を感じさせます。

一方で、サーバーや一部のパーツはメタリックなシルバーをしていて、クラシックながら新しい、とても美しいデザインです。

シンプルながら、とてもきれいな色と形なので、リビングでも、キッチンでも、どんな部屋にもぴったり合いますよ♪

●小さくて設置しやすい

  • 場所を取らないのが良い
  • サイズが丁度良い
  • コンパクトで置き場所に困らない

バルミューダコーヒーメーカーK06Aについては、サイズが良いというコメントもたくさん見られました。

幅が14センチと小さいので、カウンターのような場所にもすんなり置けます。

なお、本体の裏側には滑り止めも付いているので、安定して設置できますよ♪

コーヒーメーカーは、毎日頻繁に使うので、あまり収納しないという方も多いですよね。

そのため、あまり大きいと、ちょっと厄介に感じますが、バルミューダコーヒーメーカーK06Aはコンパクトなので、どこに置いても邪魔にならないですよ♪

●楽しい機能がたくさんある

  • 音が良い
  • 心地よい音に癒やされる
  • ランプがおしゃれ
  • できあがるまでの様子が見えて楽しい

バルミューダコーヒーメーカーK06Aには、遊び心のある機能がたくさんあります。

まず、スイッチをオンにすると、上部にあるオレンジ色のランプが点灯します。

また、コーヒーの抽出中は、昔の時計についていた振り子のような、「カチカチ」という音が鳴ります。

このランプの優しい色や、音が気に入っているという方もたくさんいました。

また、オープンドリップであるという点も好評です。

ドリッパーがむき出しなので、お湯が上から出ている様子や、それにより豆が膨らむ姿などがしっかり見えるうえ、コーヒーの香りを含んだ湯気を、ダイレクトに感じることができます。

それがあまりに面白く、さらにできあがりが楽しみすぎて、コーヒーを淹れている間、ずっと側で眺めているという方も少なくありませんでした。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aは、五感で楽しめるコーヒーメーカーですね♪

\バルミューダコーヒーメーカーK06Aはこちら♪/

スポンサーリンク

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの電気代は?

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの消費電力は1450Wです。

コーヒーを抽出するのにかかる時間は4~7分なので、このときの電気代は、およそ2.6円~4.6円です。

たとえば1日3回、1ヶ月毎日使うとしても、約235円~411円なので、お手頃ですね!

ただ、この金額は、一般的なドリップ式のコーヒーメーカーと比べると、高めです。

他のメーカーのドリップ式コーヒーメーカーだと、消費電力が1000Wないものが多いので、電気代も1回2円未満、1日3回で1ヶ月使っても200円はかかりません。

とは言え、使い方によって金額は変わりますし、1ヶ月400円程度で毎日美味しいコーヒーが飲めるなら、やっぱりお得ですよね♪

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの使い方は?

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの使い方はとても簡単です。

まずは、コーヒー豆を中細挽きから中挽きにしておきましょう。

あとは、かんたん3ステップで、美味しいコーヒーができますよ!

  • STEP1 フィルター等をセットする
  • STEP2 タンクに水を入れる
  • STEP3 抽出モードと杯数を選択し、スタートボタンを押す

詳しく見ていきましょう♪

STEP1 フィルター等をセットする

本体からドリッパーを外して、フィルターをセットします。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aのドリッパーは、雑味なく豆の味をしっかりと引き出すために、多くのコーヒーメーカーが採用している台形ではなく、円錐形をしているので、フィルターも円錐形のものを選んでくださいね!

そこに、付属の計量スプーンで、コーヒーを杯数分入れたら、ドリッパーを再び本体に戻しましょう。

あと、できあがったコーヒーが入るサーバーも、設置してください。

STEP2 タンクに水を入れる

続いて、本体からタンクを引き抜きます。

タンクの目盛りを確認しながら、入れたい杯数分の水を入れてください。

水が入ったら、また本体に戻します。

STEP3 抽出モードと杯数を選択し、スタートボタンを押す

コンセントを入れて、電源ボタンを押します。

上部のランプが点灯したら、「MODE」を押して、モードを選択しましょう。

後味がすっきりした、香り良いコーヒーを飲むなら「REGULAR」、濃くて、力強い一杯が欲しいときは「STRONG」、氷を入れて、クールに楽しみたいときは「ICED」を選択してください。

続いて「CUPS」ボタンを押し、1~3の間で、杯数を設定します。

設定できたら、「START」ボタンを押しましょう。

操作はこれで完了です。

あとは、バルミューダコーヒーメーカーK06Aがコーヒーを最適な方法で淹れてくれます。

ドリップの様子を見たり、ランプを眺めたり、音を聞いたりしながら、ランプが消えるのを待ってください。

簡単で良いですよね♪

なお、カップに注ぐときは、サーバーを少し揺すって、中を混ぜるようにすると、濃さが均等になり、美味しい一杯が飲めます。

「ICED」のときは、できあがったサーバーに氷を入れたのち、グラスにも氷を適量入れるのが良いそうです。

以上、バルミューダのコーヒーメーカーK06Aの使い方をご紹介しました!

\バルミューダコーヒーメーカーK06Aはこちら♪/

バルミューダコーヒーメーカーK06Aのお手入れ方法

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aのお手入れは、とても簡単です。

タンク、ドリッパー、サーバー、ドリッパーを立てるスタンド、計量スプーンなど、使ったものは、すべて水洗いすることができます。

食器用洗剤で、優しく丁寧に洗って、しっかり乾かしてくださいね!

本体に汚れが付いたときは、水拭きすれば大丈夫です。

なお、バルミューダコーヒーメーカーK06Aには、「クリーニングモード」という機能があります。

クエン酸を使って本体を洗浄するもので、月に1回程度の使用が推奨されています。

クリーニングモードを使うときは、以下の手順で行ってください。

  • STEP1 本体をセッティングする
  • STEP2 クエン酸水を本体に入れる
  • STEP3 レギュラーモードで稼働させる
  • STEP4 水を入れ替える
  • STEP5 クリーニングモードを使用する
  • STEP6 本体を乾燥させる

詳しく見ていきましょう。

STEP1 本体をセッティングする

フィルターやコーヒーの粉を入れずに、ドリッパーやサーバーを本体にセットします。

サーバーのフタも忘れずに取り付けておいてください。

STEP2 クエン酸水を本体に入れる

クエン酸大さじ1を水500ミリリットルに溶かします。

できあがったクエン酸水を、タンクに入れましょう。

「HOT」の3杯分の線まで入れたら、タンクを本体に戻します。

STEP3 レギュラーモードで稼働させる

「MODE」と「CUPS」のボタンを押して、「REGULAR」「3」に設定します。

その状態で「START」を押して、しばらく待ちます。

STEP4 水を入れ替える

運転が終わり、完了音が鳴ったら、サーバーに溜まったクエン酸水を捨てます。

サーバーを空にしたら、また本体にセットしてください。

続いて、タンクに残っているクエン酸水も捨てて、代わりに通常の水を「HOT」の3杯分の線まで入れます。

水が入ったら、タンクはまた本体にセットしてくださいね!

STEP5 クリーニングモードを使用する

電源をオンにして「MODE」ボタンを長押しし、「Cleaning」を選択します。

すると、本体の中を水ですすいでくれます。

全体がすすぎ終わり、水がすべてサーバーに出てきたら、完了音が鳴ります。

そうなったら、サーバーの水を捨てましょう。

作業はこれで完了なのですが、まだ汚れが残っていたり、クエン酸のにおいが感じられたりすることがあります。

そのときは、STEP4の、サーバーを空にしてタンクに水を入れる手順から、STEP5の手順を、数回繰り返してください。

STEP6 本体を乾燥させる

汚れやクエン酸水のにおいがなくなったら、電源を抜いて、本体を拭きましょう。

水分が残らないように、きれいに拭き取ってください。

そして、全体から水気が完全になくなるまで、乾燥させます。

これで、クエン酸水による洗浄は完了です。

この作業を定期的に行えば、いつまでも清潔に使えますよ♪

手順は多いですが、難しいことは特にないので、簡単にできますね。

以上、バルミューダのコーヒーメーカーK06Aのお手入れ方法をご紹介しました!

\バルミューダコーヒーメーカーK06Aはこちら♪/

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの機能や特長

バルミューダのコーヒーメーカーK06Aについて、ここまで説明しきれなかった機能や特長について、全て解説しますね♪

0.2ミリリットル単位でドリップする

バルミューダコーヒーメーカーK06Aは、特許を取得した独自技術により、蒸らし時間などを観測しています。

そして、最適なバランスでお湯を出し、ドリップを行います。

このお湯の量は、わずか0.2ミリリットルまで細かく制御されているとのこと。

これも美味しいコーヒーを作るのに欠かせない、大切な技術のひとつですね♪

カフェオレやウインナーコーヒーも簡単にできる

バルミューダコーヒーメーカーK06Aで淹れた美味しいコーヒーは、さまざまなアレンジができます。

「STRONG」モードで淹れたコーヒーは、60℃くらいに温めた牛乳を加えて、カフェオレにするのがおすすめです。

アイスコーヒーに冷えた牛乳を注いで、アイスカフェオレも美味しいですよね!

また、脂肪分の少ない生クリームで作ったホイップクリームを載せて、ウインナーコーヒーにすると、とても贅沢な気分が味わえます。

「REGULAR」のコーヒーは、ヘーゼルナッツなどのフレーバーシロップと合わせて、さらに香り高いフレーバーコーヒーにするのもおしゃれです。

アレンジは自由自在なので、いろいろと試してみてくださいね♪

特別モデルの「STARBUCKS RESERVE LIMITED EDITION」がある

バルミューダコーヒーメーカーK06Aの基本カラーはブラックですが、「STARBUCKS RESERVE LIMITED EDITION」というモデルもあります。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aと同じような機能を持っていますが、スターバックスの豆に合わせて、温度やお湯の出し方などを調節しているのが特長です。

さらに、モードも少し異なります。

バルミューダコーヒーメーカーK06Aは、レギュラー、ストロング、アイスの3種類のモードがありますが、スターバックスモデルは「ホット」と「アイス」の2種類です。

また、バルミューダコーヒーメーカーK06Aは、淹れる量を1~3杯分で選択できますが、スターバックスモデルでは、「Short」か「Tall」を選びます。

お店と同じ作りなので、スタバが大好きな方は、テンションが上がりますね♪

ちなみに、デザインも少し異なります。

形は同じですが、本体がすべてマットな黒色をしており、ところどころに、スターバックスのロゴがカッパー色で刻印されています。

そしてサーバーの色もカッパー色なので、全体として高級感のある雰囲気です。

家にいながら、スタバのコーヒーを、お店の雰囲気で楽しみたい方は、ぜひチェックしてくださいね♪

コーヒーミルや専用のフィルターも別売りされている

バルミューダコーヒーメーカーK06Aは優れたコーヒーメーカーですが、豆を挽くことはできません。

あらかじめ挽いてあるものを購入しても良いのですが、自分で挽きたいという方は、別売りのコーヒーミルをチェックしてください。

ハンドルを回すだけで、切れ味鋭いステンレスの刃がサクサクと豆を粉砕してくれます。

豆を挽く粗さは22段階で細かく調節できるので、バルミューダコーヒーメーカーK06Aが推奨している中細挽きから中挽きもできますし、たまに気分を変えてハンドドリップしたいときにも、最適な挽き具合にできますよ♪

なお、他のアクセサリとしては、専用の円錐型フィルターも販売されています。

ワンセットで100枚入っているので、たくさん使えますよ!

\バルミューダコーヒーメーカーK06Aはこちら♪/

スポンサーリンク

-家電