※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

バルミューダ炊飯器K08Aの口コミや評判をレビュー!電気代や使い方とお手入れ方法についても

バルミューダの炊飯器K08Aの口コミや評判をレビューしていきます♪

また、バルミューダK08Aの気になる電気代や、使い方についてもお話ししますね!

バルミューダ炊飯器K08Aは、蒸気の力で炊飯するのが最大の特長です。

バルミューダの炊飯器K08Aの口コミや評判は、

バルミューダ炊飯器K08Aの口コミや評判

  • 美味しいご飯が炊けた
  • シンプルで便利
  • おしゃれなルックスでテンションが上がる

といった、性能やデザインを褒める口コミが、本当にたくさんありましたよ♪

バルミューダ炊飯器K08Aは、内釜と外釜の二重構造で、蒸気によって炊飯するので、

ポイント

  • 白米を美味しく炊き上げる
  • 玄米を香りよく炊き上げる
  • おかゆ、炊き込みご飯を調理する

といった機能が利用できます!

本文にて詳しくお話ししますね♪

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

スポンサーリンク

バルミューダ炊飯器K08Aの口コミや評判をレビュー

バルミューダの炊飯器K08Aの口コミや評判をレビューしていきます。

良い口コミばかりではなく、ネガティブな悪い口コミや意見もしっかりと紹介しますね!

バルミューダ炊飯器K08Aの悪い口コミ

バルミューダの炊飯器K08Aの悪い口コミを調べたところ、苦情や文句というようなものは、ほとんど見つかりませんでした。

ただ、以下の点については、注意が必要なようです。

  • 硬めに炊きあがる
  • 保温機能がない

詳しく見ていきましょう。

・硬めに炊きあがる

K08Aは、ご飯をしゃっきりとした食感に炊き上げます。

その炊きあがりについては、多くの方が美味しいとコメントしていますが、柔らかめが好きな方、もっちりとした食感が好きな方のなかには、「硬い」と感じる方もいるようです。

高性能な炊飯器のなかには、ご飯の炊き加減を細かく調整できるものがありますが、K08Aにはそうした機能がありません。

そのため、食感が合わないと、ちょっと残念な気持ちになるようです。

ただ、水を少し多めにすれば、柔らかく炊き上げることもできます。

自分の好きな水加減を見つけて、美味しく炊き上げてくださいね♪

・保温機能がない

バルミューダの炊飯器K08Aには、保温機能がありません。

炊きたてのご飯を、美味しく味わってもらうためだそうですが、保温機能がある炊飯器に慣れていると、不便に感じることもあるでしょう。

しかし、ご飯は長時間保温すると味が落ちることもありますし、電気代の面から考えると、保温はなるべくしない方がお得です。

基本的には、食べる分だけ炊いて、残ったら冷凍するというのが良いでしょう。

食事の時間に炊きあがるように、炊き始める時間を調節して、いつでも炊きたてご飯を楽しんでくださいね♪

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

バルミューダ炊飯器K08Aの良い口コミ

続いて、バルミューダの炊飯器K08Aの良い口コミをご紹介しますね。

シンプルで便利、美味しいご飯ができたという口コミが、本当にたくさん見られましたよ♪

バルミューダの炊飯器K08Aの良い口コミ

美味しいご飯が炊ける
機能がシンプルで簡単に使える
性能が良い
デザインが良い

●美味しいご飯が炊ける

  • ご飯がツヤツヤで嬉しい
  • ご飯が甘い
  • 食感が良くて、家族も喜んでいる

バルミューダ炊飯器K08Aは、釜が二層という特殊な構造をしています。

使い方は後ほど詳しく紹介しますが、米と水を入れる内釜だけでなく、水だけを入れる外釜があることで、蒸気を使って米を炊くことができるのです。

その構造のおかげで、米が内釜の中で動かないため、米に傷がつきません。

そのため、米の中のデンプンが外に逃げないので、炊きあがったご飯がベタベタせず、しゃっきりとするのです。

バルミューダ炊飯器K08Aで炊きあげたご飯の味については、「とても美味しい」というコメントがたくさんありました。

そのまま食べて美味しいのはもちろん、炊き込みご飯や酢飯、カレーライスにしても、抜群ですよ♪

●機能がシンプルで簡単に使える

ポイント

  • 機能が少なくて使いやすい
  • 保温機能がないので、多めに炊くことがなくなって良かった

最近の炊飯器は高性能で、ご飯が炊けるのはもちろん、おかずが作れたり、ケーキが焼けたりするものも多いですよね。

しかしK08Aは、あえてご飯を炊く以外の機能を搭載していません。

この点について、むしろ操作が簡単で良いという声も多かったです。

また、保温がないおかげで、ご飯を炊きすぎることがなくなったという口コミも見られました。

そのときの食事で食べるぶんだけ炊いて、しっかり食べきって、次の食事に向けてまた炊く方が、いつでも美味しいご飯が食べられますよね♪

●性能が良い

  • 少量だけ炊いても美味しい
  • 玄米が美味しくできた

一合より少ないご飯が炊ける炊飯器は、意外と少ないのですが、K08Aは、0.5合のご飯も美味しく炊くことができます。

少量でも美味しく炊けるというのは、一人暮らしの方などにはとても便利ですよね!

また、玄米を炊いてみて、とても美味しかったというコメントもありました。

バルミューダ炊飯器K08Aには「玄米」というモードがあり、蒸気を使って、中までふっくらと、香り良く炊き上げます。

水に長時間浸さなくても、90分ほどで炊きあがるので、玄米に挑戦してみたい方は、ぜひ玄米モードを使ってみてください!

ちなみに、K08Aには、白米モードのほか、玄米、炊き込みご飯、おかゆなどのモードがありますが、すべて0.5合だけ炊くことができます。

一人暮らしで炊き込みご飯などを作るのは、なかなかハードルが高いですが、0.5合だけも作れるなら、チャレンジしたくなりますよね♪

●デザインが良い

  • キッチンで見ていて嬉しくなる
  • おしゃれで毎日が楽しくなった

バルミューダ炊飯器K08Aの口コミには、じつはデザインを褒めるものが最も多かったです。

一般的な炊飯器は、ボタンがたくさんむき出しになっていて、生活感あふれるものが多いですよね。

しかしK08Aは、機能が少ないのでボタン類もあまり多くなく、またそれがすべて上面にまとめられているので、横から見るととてもシンプルで、スタイリッシュです。

丸みを帯びたそのフォルムは、一見炊飯器とは思えないようなデザインですが、昔ながらの「かまど」を思わせるスタイルでもあり、自然とキッチンになじみます。

なお、バルミューダ炊飯器K08Aのカラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色です。

どちらもメタリックなものではなく、ザラつきのある表面で、穏やかな雰囲気があります。

また、3合炊きながらのコンパクトさも魅力ですよね!

K08Aのサイズは、幅が24.2センチ、奥行きが26.6センチ、高さが21.9センチです。

どこから見ても30センチないので、どんなキッチンにもちょこんと置けて、とても可愛らしいですよ♪

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

スポンサーリンク

バルミューダ炊飯器K08Aの電気代はいくら?

バルミューダの炊飯器K08Aの消費電力は670Wです。

炊飯時間の目安は、白米でだいたい50~65分ですが、このときの電気代は、約15~20円です。

1日3回、食事のたびに使ったとしても、1ヶ月で約1357~1763円なので、高すぎるというほどではないですね。

ちなみに、他のメーカーの3合炊きの炊飯器も、消費電力はだいたい500~700Wくらいなので、そこまで差はありません。

ただ、保温機能を使うと、一般的に1時間で0.5~0.6円くらいの電気代がかかります。

K08Aではこの金額はかからないので、トータルでは安くなりそうですね♪

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

バルミューダ炊飯器K08Aの使い方は?

バルミューダの炊飯器K08Aの使い方は、とてもシンプルです。

まずは、炊くぶんの米を研いでおきましょう。

内釜は傷が付きやすいので、ザルなどを使って研いでください。

あとはたった4ステップで、美味しいご飯が炊けますよ!

  • STEP1 内蓋をセットする
  • STEP2 外釜に水を入れる
  • STEP3 内釜に米を入れ、本体にセットする
  • STEP4 モードを選択し、「炊飯」ボタンを押す

詳しく見ていきましょう♪

STEP1 内蓋をセットする

最初に、本体に内蓋をセットします。

向きを確認して差し込むだけなので、とても簡単ですよ!

STEP2 外釜に水を入れる

K08Aならではの作業として、外釜に水180ミリリットルを入れるという工程があります。

このとき、水の量は正確に測ってください。

美味しいご飯を炊くには、これがポイントだそうです。

付属の計量カップを使えば簡単に測れますよ!

なお、ご飯の量や、炊き方のモードに関係なく、水の量は常に180ミリリットルです。

STEP3 内釜に米を入れ、本体にセットする

研いだ米を内釜に入れて、炊きたい米の量や、使いたいモードに合わせて、水を入れます。

内釜の準備ができたら、外釜の中にセットしてください。

STEP4 モードを選択し、「炊飯」ボタンを押す

電源コードを接続したら、本体の「炊き方」ボタンを押しましょう。

「白米」「白米早炊」「炊き込み」「おかゆ」「玄米」のなかから、使いたいモードを選択します。

あとは、「炊飯」ボタンを押すだけです。

上部に残り時間が表示されるので、それがゼロになるまで待てば、もう完了です。

炊きあがったら、しゃもじですぐにご飯をほぐしてくださいね。

以上、K08Aの基本的な使い方をご紹介しました!

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

バルミューダ炊飯器K08Aのお手入れ方法

バルミューダの炊飯器K08Aのお手入れは、とても簡単です。

毎回洗うのは、内釜と外釜、外釜の水を測るためのカップ、内蓋だけです。

食器用の洗剤とスポンジで、優しく洗ってくださいね!

また、内蓋についている蒸気ユニットは、フタを開けて、水洗いしましょう。

基本的にはこれだけなので、すぐに終わりますね♪

なお、本体の内側や外側に汚れが付いてしまったら、濡らして絞った布で丁寧に拭いてください。

電源プラグも、ホコリなどがつかないように、コンセントから抜いたあとで、乾いた布で掃除しましょう。

あまり手間がかからないので、長く使えますね♪

以上、バルミューダの炊飯器K08Aのお手入れ方法をご紹介しました!

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

バルミューダ炊飯器K08Aの機能や特長

バルミューダの炊飯器K08Aについて、ここまででご説明しきれなかった機能や特長について、全て解説しますね♪

温度を細かくコントロールするので美味しく炊ける

K08Aは、時間ごとに温度を細かくコントロールすることで、ご飯を美味しく炊き上げます。

まず、スイッチを入れてからしばらくの間は、低い温度で米に水をしっかり吸わせて、旨味を引き出します。

その後、蒸気を使って、一気に加熱しますが、このとき米が動き回らないので、表面に傷ができず、しゃきっとした食感になります。

さらに、蒸らしている間も、98℃という高温を維持するので、ツヤやハリのあるご飯ができるとのこと。

このときも、外釜の蒸気が内釜全体を包むので、ムラなく炊くことができるそうです。

内釜と外釜という構造に加え、温度を緻密に制御することで、ご飯がより美味しく炊けるのですね♪

モードは全部で4種類

K08Aには、「白米」「玄米」「おかゆ」「炊き込み」の4種類のモードがあります。

白米と玄米についてはすでに紹介しましたが、どちらも蒸気の力で美味しく、香り良く仕上がります。

おかゆモードでは、サラサラながら少し粒のある、食べやすいおかゆを炊くことができます。

炊き込みモードでは、蒸らし時間を長くすることにより、具材の味をしっかり米に浸透させて、味わい深い仕上がりになります。

どのモードでも、米の旨味を思う存分味わえる、美味しいご飯ができますよ♪

\バルミューダ炊飯器K08Aは、ホワイトとブラックの2色展開です♪/

スポンサーリンク

-家電