※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

カドー(cado)の加湿器STEM630iの口コミ評判レビュー!お手入れや電気代と音についても調査

カドー(cado)の加湿器STEM630iの口コミや評判をレビューしていきます♪

また、カドーSTEM630iの電気代や音についてもお話ししますね!

カドー(cado)STEM630iは、おしゃれなデザインと高い加湿力が最大の特長です。

カドー(cado)STEM630iの口コミ・評判は、

カドー(cado)の加湿器STEM630iのの口コミや評判

  • インテリアとしてもオシャレ
  • 光るのがキレイ
  • 広い部屋でもしっかり潤う
  • 給水しやすい

といった、使い勝手の良さやデザインを評価するコメントがかなり多かったですよ♪

カドー(cado)STEM630iは、除菌されたマイクロミストを放出するので、

ポイント

  • 清潔なミストで部屋をすばやく加湿する
  • ホワイトダストなどの心配が少ない
  • 部屋の湿度が色で確認できる

など、さまざまな機能が利用できます!

本文にて詳しくお話ししますね♪

スポンサーリンク

カドー(cado)の加湿器STEM630iの口コミ評判レビュー

カドー(cado)の加湿器STEM630iのの口コミや評判をレビューしていきます。

良い口コミばかりではなく、ネガティブな悪い口コミや意見もしっかりと紹介しますね!

カドー(cado)の加湿器STEM630iの悪い口コミやデメリット

カドー(cado)の加湿器STEM630iの悪い口コミを調べたところ、以下の2つが見つかりました。

・水を入れても「水がない」というエラーが出る
・水漏れする

詳しく見ていきましょう。

・水を入れても「水がない」というエラーが出る

STEM630iは加湿器なので、タンクに水を入れて使います。

しかし、タンクにどれだけ水を入れていても、エラー表示が出てしまうことがあるようです。

特に、届いてから何回か使った後に、こうしたことが起きるというコメントがありました。

こうした問題は、主に初期不良が原因であるようです。

初期不良であれば、保証期間内に連絡すれば無料で修理や交換がしてもらえるので、あまり気にしなくても大丈夫ですよ!

・水漏れする

水を満タンに入れて置いていたら、タンクの周辺から水が漏れて、部屋が水浸しになってしまったというコメントも、わずかですが見られました。

こちらも、何度か使ったあとに起きる問題のようですが、やはり原因は初期不良のようです。

メーカーで検品は行っているものの、加湿器のような家電製品は、どうしても商品の中に、不具合があるものが紛れてしまいます。

修理に出すと、それなりに時間がかかるので、次に使うまで、加湿器がない状態で過ごさなくてはならないのは残念ですが、きちんと使える品を送ってもらえるので、待ってくださいね♪

カドー(cado)の加湿器STEM630iの良い口コミやメリット

続いて、カドー(cado)の加湿器STEM630iの良い口コミをご紹介しますね。

デザインがおしゃれで良い、しっかり加湿してくれるなど、見た目も性能も評価するコメントが、本当にたくさん見られましたよ〜♪

カドー(cado)の加湿器STEM630iの良い口コミ

  • 性能が良い
  • 使い勝手の良い機能がたくさんある
  • コンパクトですぐに使えて、静かなのが嬉しい
  • デザインが良い

●性能が良い

  • しっかり加湿してくれる
  • 広い部屋も潤う
  • 壁や床が濡れない

STEM630iの良いコメントには、加湿機能を褒めるものがたくさんありました。

STEM630iの加湿力は、最大で1時間に600ミリリットルです。

一般的な部屋で使用するなら、だいたい300~700ミリリットルほどあれば良いと言われているので、十分な性能ですね!

またSTEM630iには、高性能な振動板が付いています。

これが水をかなり細かく、濃いマイクロミストにし、高さ85.5センチの吹き出し口から放出します。

そしてマイクロミストは120センチまで舞い上がり、部屋中を広く加湿してくれるので、数字以上の効果を感じている人も多いです。

ミストは見た目にも温かみがありますし、床などが濡れないのも嬉しいですよね♪

●使い勝手の良い機能がたくさんある

  • 上から水が入れられて便利
  • 湿度が色でわかるのが良い
  • 暗いところでうっすら光っているのもキレイ
  • お手入れが楽でありがたい

STEM630iには、使いやすいというコメントもたくさんありました。

特に、水が入れやすいという点が評判です。

加湿器というと、タンクを取り外して水を入れるものが多いですが、STEM630iの場合は、タンクの上のフタが開くので、そこから水を入れることが可能です。

タンクの背が高いため、大人が立ったまま給水できる点も良いですね!

また、湿度の色表示にも良いコメントが集まりました。

タンクの下の部分にLEDライトが付いているのですが、湿度が50%以上のときは、それが青く光ります。

50~30%のときは緑になり、30%以下のときは黄色になります。

青なら快適、緑だと少し乾燥、黄色だとかなり乾燥というイメージですね。

数字を見るよりもわかりやすく、また光り方がオシャレという声が多かったです。

おかげで、乾燥具合がわかるだけでなく、すでに十分潤っているのに、さらに湿度を上げてしまうなどの心配がないので、結露したり、電気を無駄にしたりすることもなくなりますね!

ちなみに、このLEDライトには、周囲が暗くなると明るさを下げる機能が付いています。

寝るときに部屋の電気を消したら、STEM630iのLEDライトも自動的に暗くなるので、ぐっすり眠れますね!

加えて、お手入れのしやすさを評価する人も多かったです。

お手入れについては下でも詳しく紹介しますが、汚れるものは基本的に水洗いできますし、全体が丸いので、洗うのも簡単です。

使いやすい工夫がたくさんあるので、嬉しいですよね♪

●コンパクトですぐに使えて、静かなのが嬉しい

  • 置いてあっても邪魔にならない
  • 倒れにくいので子どもがいても安心
  • 設置が簡単だった
  • 静かで良い

カドーSTEM630iは、高さが85.5センチありますが、底面の円の直径は27センチしかありません。

そのため、大きいように見えるものの、そこまで場所を選ばず置けるというコメントが見られました。

また、組み立ても簡単です。

台座の部分に、長い棒のようなダクトをセットして、フィルターを付けて水を入れたタンクをはめれば、完成です。

あとは、コードを繋いで電源を入れれば動きます。

すぐに使えるのも、便利で良いですよね♪

他にも、高さがあっても安定感があり、子どもが倒すことがなくて安心という声や、音が静かで良いという口コミも多かったです。

こうした点も、使い勝手が良くてありがたいですね!

●デザインが良い

  • 見た目がとてもスタイリッシュ
  • オシャレで気に入った
  • 部屋の雰囲気に合っている
  • インテリアのように部屋になじむ

カドー加湿器STEM630iの口コミで、最も多かったのは、見た目が良いという点でした。

円柱の台座から、2本の筒が伸びたデザインは、加湿器としてはかなり画期的ですよね。

しかし、この見た目が気に入った、おしゃれで良いというコメントは、ほとんどすべての口コミに書かれていましたよ!

ちなみに、STEM630iのカラーバリエーションは、クールグレー、ホワイト、ブラックプレミアムの3色です。

ただ、ブラックプレミアムは公式サイトで販売を終了しており、楽天市場等でも扱っていないので、現在入手可能なのは、クールグレーとホワイトです。

台座の横の部分の色と、タンクの色が異なりますが、どちらもモノトーンで、落ち着いたスタイリッシュな印象です。

どんな部屋にも合わせやすいですし、置いたことにより、部屋がオシャレに見えるようになったというコメントもあるほど、シンプルでクールなデザインです。

加湿器なのに、素敵なインテリアになりますね♪

スポンサーリンク

カドー(cado)の加湿器STEM630iのお手入れ方法

カドー(cado)の加湿器STEM630iのお手入れは、主に週1回のメンテナンスと、半年に1回のフィルターカートリッジの交換です。

フィルターカートリッジ交換は、タンクを取り外し、水を捨ててから、新品と交換するだけなので、とても簡単です。

交換用のフィルターカートリッジは、公式サイトや楽天市場などで購入してくださいね!

週1回のお手入れも、すべて分解する必要がありますが、難しい手順はないので、そこまで大変ではありません。

まずは、ブラシや綿棒、歯ブラシなどを用意して、コンセントを抜きましょう。

電源コードごと取り外せるので、安全に掃除ができますね。

あとは、かんたん5ステップでお手入れが完了しますよ!

STEP1 分解する
STEP2 水を捨てる
STEP3 ブラシ等を使って洗う
STEP4 ダクトを洗う
STEP5 組み立てる

詳しく見ていきましょう♪

STEP1 分解する

まずは、台座の部分から、銀色の棒のようなダクトと、タンクを取り外します。

台座の上のパネルや、ダクトを支えていたダクトホルダーも外してください。

STEP2 水を捨てる

台座の部分に水が溜まっているので、すべて捨てます。

このとき、排水の向きが台座に書かれているので、その通りに捨ててください。

空気が出る吹き出し口に水がかかると、トラブルが発生するおそれもあるので、気をつけてくださいね!

万一、本体の中に水が入ってしまったときは、「内部乾燥」というモードを使うと、内部をすばやく乾燥させることができます。

しばらく使わないというときも、片付ける前にこの機能を利用して乾燥させておくと、変なところに水が入り、壊れる心配がなくなりますよ♪

STEP3 ブラシ等を使って洗う

台座やダクトホルダーの汚れを、ブラシや綿棒で掃除します。

台座のフタであるアルミ製のパネルは、見た目にもおしゃれな平らな作りなので、掃除がとても簡単です。

軽く拭けばキレイになりますよ♪

台座の中もブラシ等で掃除しますが、内部にある霧を出す部分は、とても精密なパーツなので、綿棒で優しく手入れしてください。

最後に、水道水ですすいでおきます。

このときも、水を捨てる向きには注意してくださいね!

STEP4 ダクトとタンクを洗う

ダクトやタンクの内側は、水で何度かすすいでください。

ダクトに汚れがある場合は、グラスを洗うような、柄の長いブラシを使うと便利です。

タンクは基本的にすすげば大丈夫ですが、かなり汚れてしまったときは、フィルターを外してスポンジ等で洗いましょう。

洗い終わったら、乾いた布で拭いて、しっかり乾かしてください。

STEP5 エアフィルターを洗う

台座の部分の裏側に、エアフィルターが付いています。

台座の形に合わせて丸まった、小さな棒のようなパーツですが、これを取り出して、水洗いします。

しっかり乾かしたら、また取り付けましょう。

あとは、すべてのパーツを取り付けて、また組み立てれば完成です。

すべてしっかり洗えるので、衛生面でも安心ですね♪

以上、STEM630iの基本的なお手入れ方法を紹介しました。

カドー(cado)の加湿器STEM630iの電気代は?

カドー(cado)の加湿器STEM630iの消費電力は、動いたり、止まったりを繰り返す「間欠」モードで4W、パワフルに加湿し続ける「急速」モードで37Wです。

電気代は、間欠だと1時間に0.01円強なので、1日中使って0.25円くらい、1ヶ月使い続けても7.7円です。

急速でも、1時間に0.1円弱で、1日中使い続けて2.4円くらい、1ヶ月で71円ほどです。

どちらにしても、ずいぶん安いですが、間欠や急速などのモードを、24時間1ヶ月使い続けることはないと思うので、実際の電気代は、40~60円くらいでしょう。

いずれにしても100円かからないので、家計にはとても優しいですね♪

カドー(cado)の加湿器STEM630iの音は静か?

カドー(cado)の加湿器STEM630iの音については、公式サイトや説明書に、正確な数値が載っていないので、詳しくはわかりません。

ただ、全体としては、良い口コミでも紹介した通り「静かで良い」という評判が圧倒的に多かったです。

なかには、「急速モードで動かすと少し音が出る」というものもありましたが、「音はするが、そこまで気にならない」というコメントが中心でした。

音に敏感な人は、寝る前に使って、寝るときは動かさない、ベッドやソファなどくつろぐ場所からは離す、といった使い方をすれば、問題なく加湿できますよ♪

カドー(cado)の加湿器STEM630iの機能や特長

カドー(cado)の加湿器STEM630iについて、ここまででご説明しきれなかった機能や特長について、全て解説しますね♪

STEM630iは超音波式の加湿器で、銀色の棒のようなダストから、マイクロミストを放出して部屋を潤します。

プレハブの洋室なら17畳、木造和室なら10畳くらいまでの広さであれば、すぐに快適な湿度に調節してくれますよ♪

アプリで操作できる

STEM630iは、スマホを利用して、遠隔操作することができます。

電源を入れたり切ったり、モードを切り替えたりといった基本の操作に加え、部屋の温度や湿度を確認したり、タイマーを設定したりすることも可能です。

もちろん外出先からでも操作できるので、帰宅する時間が決まったら、あらかじめアプリでSTEM630iを動かしておけば、家に着いたとたん、快適な部屋でくつろぐことができますね!

使うには、まずスマホに「cado sync アプリ」をインストールし、Wi-Fi経由で、スマホとSTEM630iを連動させておきましょう。

iPhoneでもAndroidでも使えますよ♪

除菌された清潔なミストが出てくる

超音波式の加湿器は、超音波の力で水をミスト状にして加湿するのですが、電気代が安く、熱くならないので子どもやペットも安心という反面、水の中に雑菌が繁殖しやすいという欠点があります。

水に雑菌がいるということは、部屋に出るミストにもその菌がいるということなので、健康面から見ても心配になりますし、そうならないために、頻繁にお手入れしなくてはならないというのも面倒ですよね。

しかし、STEM630iは台座のような本体の中に、抗菌機能のある特殊なプレートが使われており、水道水をすすぐことで、カビや細菌を除菌することができます。

STEM630iは、タンクに入れた水が、本体を通ってダストに行くのですが、その途中で、このプレートにより除菌されます。

そしてマイクロミストとなり、ダストの先端から出てきます。

つまりSTEM630iは、除菌されたミストで湿度を上げるので、加湿しながら部屋の空気までキレイにしてくれるわけです。

さらに、お手入れの手間も少なくて済むので、本当に嬉しいですね♪

ホワイトダストが出にくい

超音波式の加湿器を使っていると、家具などが白くなることがあります。

これは、水道水の成分が白い粉のようになって、家具などに着いてしまうことが原因で、「ホワイトダスト」と呼ばれています。

超音波式ではよくある問題なのですが、STEM630iはその点も解決しました。

STEM630iのフィルターには、高性能な樹脂が使われているため、ホワイトダストが99%も抑えられるのです。

部屋を汚さず加湿できるので、ずっと使い続けられますね♪

加湿量は4段階で調節できる

STEM630iの加湿量は、「間欠」「弱」「強」「急速」の4段階で調節できます。

間欠モードは、適度に加湿して、停止して…を繰り返すモードですが、専用の液剤を利用すれば、アロマディフューザーとしても使えます。

加湿器が必要ない時期でも、役に立つのは良いですね!

ただ、公式サイトで販売されている専用の液でないと使えず、アロマオイルなどは利用できないので、注意してください。

なお、間欠モードの加湿量は、1時間に30ミリリットルですが、弱だと200ミリリットル、強では400ミリリットル、最もパワフルな急速だと600ミリリットルまで上がります。

8畳くらいの洋室や和室なら、急速を使わなくても十分潤いますよ!

なお、STEM630iには、自動運転してくれる「オートモード」もあります。

基本的にはこのモードを使えば、特に操作しなくても、ずっと快適な湿度で生活できますよ♪

オフタイマーや安全機能も搭載

STEM630iには、1時間、4時間、8時間で設定できるオフタイマー機能があります。

就寝後に自動的にオフにすることもできるので、電気の無駄遣いを防げますね!

また、ダクトや水の量、本体などに異常があったときは、警告音を鳴らせて知らせる、安全機能も付いています。

トラブルに早めに気づけるので、安心して使えますね♪

スポンサーリンク

-家電