※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

PV-BL30LとPV-BL30Kとの違いを比較したら2つあった!日立パワかるスティックどっちがおすすめ?

日立のパワかるスティッPV-BL30LとPV-BL30Kクの違いを比較して、徹底解説します♪

PV-BL30LとPV-BL30Kの違いを比較したところ、以下の2つでした。

日立のパワかるスティッPV-BL30LとPV-BL30Kの違い

  1. 自動運転機能があるかどうかの違い
  2. カラーの違い

本文にて詳しくお話ししていきますね!

\日立パワかるスティックPV-BL30Lはこちら/

\日立パワかるスティックPV-BL30Kはこちら/

スポンサーリンク

日立パワかるスティックPV-BL30LとPV-BL30Kとの違いを比較

日立のパワかるスティックPV-BL30LとPV-BL30Kの違いは、以下の2つです。

PV-BL30LとPV-BL30Kの違い

  1. 自動運転機能があるかどうかの違い
  2. カラーの違い

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

①自動運転機能があるかどうかの違い

PV-BL30LとPV-BL30Kの、掃除機としての基本的な性能は同じですが、PV-BL30Lには、「自動運転機能」が搭載されています。

これは、掃除している場所の素材や、掃除する人の力に合わせて、自動的に吸引力を調節してくれる機能です。

たとえば、フローリングはゴミが取りやすいので弱めの力で、カーペットでは、奥にあるゴミまでしっかり取るために強い力で、ヘッドを押す力が弱いときは、ゴミを残さないように強い力で…といった具合です。

吸引力を無駄に強めないので、電気の無駄遣いが防げますし、ゴミを取り逃さないので、部屋はきれいになりますね!

掃除機の使用中に、こまめに強弱を切り替える習慣がある人には不要な機能ですが、「強」で使い始めたらずっと「強」のまま使っている…という人には、ぜひ利用して欲しい機能です。

手間なく無駄なく掃除ができるので、とても便利ですよ♪

②カラーの違い

PV-BL30LとPV-BL30Kは、本体の大きさや形も全く同じですが、色が違います。

PV-BL30Lの色は「ベージュ」で、本体とノズル、ヘッドなどの前面に色が付いています。

一方、PV-BL30Kの色は「ライトゴールド」ですが、色があるのは本体の前面部分のみなので、全体としては黒いところが多いです。

全体的な見た目としては、ベージュ部分が多いPV-BL30Lの方が明るい印象ですが、PV-BL30Kのライトゴールドは光沢があり、黒とのコントラストがくっきりしていて、華やかな印象があります。

気に入った色を選んでくださいね!

ちなみに、PV-BL30LとPV-BL30Kには、本体を立てて収納できるスティックスタンドが付属します。

これを利用して、使わないときは部屋の片隅に立てておくという場合は、部屋のインテリアなどと色を合わせても良いですね♪

\日立パワかるスティックPV-BL30Lはこちら/

\日立パワかるスティックPV-BL30Kはこちら/

スポンサーリンク

日立パワかるスティックPV-BL30LとPV-BL30K共通の機能や特長

ここからは、日立のパワかるスティックPV-BL30LとPV-BL30Kの共通の機能や特長についてお話ししますね♪

PV-BL30L、PV-BL30Kどちらもサイクロン式のコードレスクリーナーで、1.4キロという軽さと、パワフルな吸引力を併せ持っています。

最新のファンとモーターで高い吸引力を実現

通常、軽くてコンパクトな掃除機は、中にあるファンやモーターも小さくて弱いため、吸引力が弱くなりがちです。

しかし、PV-BL30LとPV-BL30Kの内部には、さまざまな新技術が詰まった、高性能なファンとモーターが搭載されています。

これらが空気を効率良く流しつつ、高速で回転することにより、従来の掃除機よりも、10%も強い風量を生み出すことができるようになったとのこと。

おかげで、PV-BL30LとPV-BL30Kは、軽いのにとてもパワフルなのです。

さらに、PV-BL30LとPV-BL30K は、重さが1.4キロしかないので、家中を移動させて、すみずみまで掃除できます。

充電式でコードレスなので、車などの掃除にも便利ですね♪

さまざまなアタッチメントで家中を掃除できる

PV-BL30LとPV-BL30Kには、以下のものが付属します。

  1. すき間用吸口
  2. ハンディブラシ
  3. ファブリックヘッド
  4. 延長パイプ
  5. お手入れブラシ
  6. ACアダプター
  7. スティックスタンド

通常、床を掃除するときは、本体に延長パイプを付けて、その先にヘッドを付けて使いますが、ヘッドの代わりに他のものを取り付けると、さまざまな場所の掃除ができます。

高いところや、狭くて手が届きにくいところを掃除するときは、延長パイプの先に、すき間用吸口を取り付けると便利です。

すき間用吸口は、先が尖った形をしているので、天井の隅などもきれいにできますよ!

手元を掃除したい場合は、延長パイプを外して、本体に直接、すき間用吸口やハンディブラシを取り付けましょう。

特に、テーブル等を広く掃除したいときは、ハンディブラシがおすすめです。

テーブルの素材を傷つけずに、ホコリや食べこぼしなどもきれいにできます。

また、本体や延長パイプの先にファブリックヘッドを取り付ければ、ソファや布団といった、布製品を掃除することができます。

布の生地を傷めることなく、ダニやホコリなどを取ることができますよ!

ちなみに、すき間用吸口とファブリックヘッドは、本体を収納するスティックスタンドに、一緒に立てておくことができます。

ハンディブラシは本体に取り付けたまま、延長パイプなどを付けることができるので、常に付けたままにしておけば、無くす心配はありません。

なお、お手入れブラシは、掃除機本体のフィルター等を掃除するのに使いますが、これもダストケースの裏側に、収納することができます。

付属品をすべてまとめて保管できるので、紛失しないですし、いざ使いたいときにすぐに取り出せるので、とても便利ですね♪

さらに、これらのアタッチメントの着脱は、本体のボタンを押すだけで簡単にできます。

付けるのも外すのも簡単なので、掃除がスイスイできますね!

加えて、PV-BL30LとPV-BL30Kは、バッテリーの交換も簡単にできます。

バッテリーが本体の中に内蔵されているタイプの掃除機だと、バッテリーが劣化したとき、自分で交換できず、メーカーに修理に出すか、場合によっては、本体ごと買い替えなくてはならないこともあります。

しかし、PV-BL30LとPV-BL30Kは、バッテリーだけ別途購入すれば、自分で交換できるのです。

長く使うことを考えたら、これらの機能はとても便利ですよね♪

ヘッドが動かしやすい

PV-BL30LとPV-BL30Kのヘッドは、「パワフルスマートヘッド」という、とても高性能なものです。

まず、自走してくれるので、あまり強く押さなくても、勝手に前に進んでくれます。

力を入れなくて良いので、楽に掃除ができますよ♪

また、ヘッドが90度回転する「クルッとヘッド」や、本体の持ち手部分を床近くまで下げてもヘッドが浮かない、「ペタリンコ構造」もとても便利です。

おかげで狭いところにもヘッドが入っていきますし、手元の操作だけでヘッドが動いてくれるので、スムーズに掃除ができます。

壁際やベッドの下などにもヘッドが届いて、部屋の隅々までホコリがとれますよ!

ライト付きのヘッドが引く時もゴミを吸ってくれる

PV-BL30LとPV-BL30Kのパワフルスマートヘッドには、他にもすごい機能があります。

なんと、床を明るく照らすLEDライトが搭載されているのです。

フローリングなどを掃除していると、細かいホコリが本当に全部取り切れたのか、心配になることがありますよね。

そんな心配を消し去ってくれるのが、PV-BL30LとPV-BL30Kに搭載されているLEDライト、特許出願中の「ごみくっきりライト」です。

これは、パワフルスマートヘッドに搭載されている、白色と緑色のライトが、掃除中、ずっと床を照らしてくれるというものです。

白色と緑色の組み合わせにより、床のホコリがとてもよく見えるようになるので、ゴミの取り残しがなくなるのです。

床の大部分がフローリングというお宅は多いと思いますが、部屋だけでなく、廊下や階段も、くまなく掃除できますよ♪

また、「シンクロフラップ」という機能も、掃除を楽にしてくれます。

掃除機を使うときは、基本的に押したり引いたりしながらゴミを吸いますが、掃除機を引いたときに、ゴミが吸い取れず、残ってしまうことがあります。

これは、ヘッドが床にくっついてしまうことが原因です。

しかし、PV-BL30LとPV-BL30Kのシンクロフラップは、ヘッドが床にくっつくのを防いでくれるので、引いたときにもゴミを吸うことができます。

この機能のおかげで、床を何往復もしなくて良くなるので、掃除がかなり早く終わりますよ!

ゴミがからまない高性能なブラシを搭載

一般的な掃除機のヘッドには、ゴミをかきだすブラシが付いていますが、PV-BL30LとPV-BL30Kは、そのブラシも高性能です。

PV-BL30LとPV-BL30Kのブラシは、「からまんブラシ」という名前が付いています。

その名の通り、ゴミが絡みにくいというのが特長です。

ブラシに髪の毛などのゴミが絡むと、回転しにくくなって動きが悪くなるばかりか、カーペット等の奥に潜むゴミを、あまりかき出せなくなってしまいます。

もし、ブラシが汚れてしまったら、お手入れしてまたきれいにするしかないのですが、ゴミが大量に絡まったブラシを洗うのは、大変ですし、気が重いですよね…。

しかし、からまんブラシは、毛が特殊な構造をしているため、ゴミがからまりにくいので、ブラシのお手入れをあまりしなくても、ずっと快適に掃除ができるのです。

しかも、お手入れするときは、丸ごと水洗いできます。

こうした点も、使う人のことを考えてくれていて、とても嬉しいですよね♪

ゴミが捨てやすい

サイクロン式の掃除機は、通常、ダストケースにゴミを溜めます。

このゴミを捨てるのって、意外と大変ですよね^^;。

ダストケースのフタを開けたら、ゴミが飛び散ってしまったり、フィルターにゴミが絡まってしまって、なかなか取れなかったり…。

しかし、PV-BL30LとPV-BL30Kは、そんな問題も解決してくれています。

PV-BL30LとPV-BL30Kのダストケースは、本体から取り外さなくても、ゴミを捨てることができます。

ゴミは、空気の力によって圧縮されているので、フタを開けて本体のボタンを押すだけで、すぐに出てくるのです。

せっかく集めたホコリが、周囲に撒き散ることがないので、清潔ですよ!

また、PV-BL30LとPV-BL30Kのダストケースは、フィルターにゴミがからまりにくい構造になっています。

からまんブラシ同様、こちらもお手入れの回数が少なくて済むので、快適に使えますね♪

水洗いできて清潔

PV-BL30LとPV-BL30Kのダストケースは、分解してパーツをそれぞれ水洗いできます。

上でも紹介した通り、ブラシも水洗いできるので、いつでも清潔に使えます。

そもそも、ダストケースもブラシも、これまでに紹介した通り汚れにくい構造になっているので、お手入れはとても楽ですよ!

掃除機が清潔だと、何度も掃除したくなりますね♪

\日立パワかるスティックPV-BL30Lはこちら/

\日立パワかるスティックPV-BL30Kはこちら/

日立パワかるスティックPV-BL30Lがおすすめの方

PV-BL30Lがおすすめの方

  • フローリングやカーペットなど、素材が違う床がたくさんある人
  • 落ち着いた明るい色の掃除機が欲しい人

\日立パワかるスティックPV-BL30Lはこちら/

日立パワかるスティックPV-BL30Kがおすすめの方

PV-BL30Kがおすすめの方

  • コントラストがはっきりした、モノトーンの掃除機が欲しい人
  • 安い方が良い人(ネットショップで5万円ほど安いです^^)

\日立パワかるスティックPV-BL30Kはこちら/

日立パワかるスティックPV-BL30LとPV-BL30Kとの違いを比較!どっちがおすすめ?

PV-BL30LとPV-BL30Kの違いは、機能面で言えば、自動運転機能があるかどうかだけです。

しかし、価格は、倍以上違います。

PV-BL30Lは、最新モデルとあって、8万円以上の価格が付いていますが、PV-BL30Kはどのショップでも4万円以下で購入できます。

この価格差を考えると、PV-BL30Kの方が良いと思います。

自動運転機能がなくても掃除はできますし、電気代やバッテリーの持ちが気になる場合は、自分で「強」「弱」を切り替えれば良いだけです。

もちろん、その手間が面倒という方、どうしてもベージュが良い方は、PV-BL30Lでも良いと思いますが、ちょっともったいない気もしますよね…。

旧モデルでも、性能は申し分ないので、やはりPV-BL30Kがおすすめです♪

\日立パワかるスティックPV-BL30Lはこちら/

\日立パワかるスティックPV-BL30Kはこちら/

スポンサーリンク

-家電