※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

HA-NP50TとHA-NP35Tの違いを比較したら8つあった!ビクターワイヤレスイヤホンどっちがおすすめ?

ビクターのワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tの違いを比較して、徹底解説します♪

HA-NP50TとHA-NP35Tの違いを比較したところ、以下の8つでした。

ビクターのワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tの違い

  1. マルチポイントに対応しているかどうかの違い
  2. 対応しているBluetooth規格の違い
  3. 対応しているコーデックの違い
  4. バッテリーの性能の違い
  5. サウンドモードがあるかどうかの違い
  6. アプリで操作できるかどうかの違い
  7. 形と重さの違い
  8. カラーバリエーションの違い

本文にて詳しくお話ししていきますね!

▼ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50Tは、ブラック・セージグリーン・ベージュの3色展開です♪

▼ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP35Tは、ブラック・ネイビー・ホワイトの3色展開です♪

スポンサーリンク

ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tの違いを比較

ビクターのワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tの違いは、以下の8つです。

HA-NP50TとHA-NP35Tの違い

  1. マルチポイントに対応しているかどうかの違い
  2. 対応しているBluetooth規格の違い
  3. 対応しているコーデックの違い
  4. バッテリーの性能の違い
  5. サウンドモードがあるかどうかの違い
  6. アプリで操作できるかどうかの違い
  7. 形と重さの違い
  8. カラーバリエーションの違い

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

①マルチポイントに対応しているかどうかの違い

HA-NP50Tは、マルチポイントに対応しているため、パソコンとスマホなど、2台の機器に同時に接続することができます。

たとえば、パソコンと接続して音声を聞きながら作業をしているときに、電話がかかってきたら、そのまま電話に出ることができるというわけです。

いちいちイヤホンを外したり、また付けたりしなくて良いので、便利ですよね♪

ただ、2台の機器から同時に音を聞くことはできません。

上の例では、パソコンの音声を聞きながら通話することはできないので、電話に出ると、自動的にパソコンの音声は切れます。

ちなみに、電話をイヤホンの操作で切ることもできるので、電話に出ないで、パソコンの音声をそのまま聞くという対処もできます。

この機能は、パソコンでオンライン会議をしながら、電話も気にしなくてはならないときなどに、とても役立ちます。

複数の機器を同時に使うことが多い人は、HA-NP50Tを選んでください♪

②対応しているBluetooth規格の違い

HA-NP50TもHA-NP35Tも、ワイヤレスイヤホンなので、音楽の再生機器とはBluetoothで接続しますが、対応している規格が異なります。

HA-NP50Tは、Bluetooth の5.3に対応していますが、HA-NP35Tは5.1です。

Bluetooth の5.3は、それ以前の規格よりも安定しており、高速で通信することができるのが特長です。

HA-NP50Tの方が新しいだけあって、新しいバージョンに対応しているわけですね。

ただ、Bluetoothは互換性があるので、たとえば手持ちのiPod等の規格が5.3だとしても、HA-NP35Tが使えます。

しかし、規格は低い方に合わせられるので、Bluetooth規格5.3のiPodに、5.1にしか対応していないHA-NP35Tを接続すると、5.1のレベルの安定性と速度でしか使えないという点には注意してください。

とは言え、普通の人の耳では、そこまで違いは感じられないですし、音質は特に変わらないので、あまり気にしなくても良いでしょう。

ただし、Bluetoothのバージョンが3.0以前の再生機器には、HA-NP50TもHA-NP35Tも接続できないので、古い機器を使っている人は、気をつけてくださいね!

③対応しているコーデックの違い

コーデックは、音声を変換する方式のことで、音声を再生する機器とイヤホンが同じ方式に対応していないと、音声を聞くことができません。

Bluetoothに対応した機器は、ほとんどが、「SBC」というコーデックに対応しています。

HA-NP50TとHA-NP35Tも、このSBCに対応しているので、基本的にはどんなスマホや再生機器でも利用できますよ!

加えてHA-NP50Tは、「AAC」にも対応しています。

AACは、iPhoneやiPodといった、Apple製品によく使われているコーデックで、SBCよりも音質が良いと言われています。

iPhone等はSBCにも対応しているので、HA-NP35Tも使えますが、より高音質で楽しみたいなら、AACに対応したHA-NP50Tの方が良いですね♪

④バッテリーの性能の違い

HA-NP50TとHA-NP35Tは、バッテリーの持ち時間がかなり違います。

HA-NP35T のイヤホン本体のバッテリーが、最長で7時間持つのに対し、HA-NP50Tのイヤホン本体は、9.5時間も使えます。

また、HA-NP50TとHA-NP35Tには、中にイヤホンを入れると充電できる、充電ケースが付属しますが、このケースのバッテリーも異なります。

HA-NP35Tの充電ケースは10時間分充電できるので、HA-NP35Tが連続して使える時間は、最長で17時間です。

一方、HA-NP50Tの充電ケースは、なんと28.5時間分も充電できるので、HA-NP50Tは、最長で38時間も使えるのです。

HA-NP35T の17時間も、1日使うぶんにはほぼ困らないですが、HA-NP50Tの場合は、何日か充電しなくても大丈夫な容量ですね!

なお、充電にかかる時間は、HA-NP35Tのイヤホンは2.5時間、充電ケースは2時間です。

HA-NP50Tの場合は、イヤホンが2時間、充電ケースは2.5時間です。

充電にかかる時間は、ケースとイヤホンの単体ではあまり差がないですね。

しかし、HA-NP50Tは、イヤホンと充電ケースを同時に充電することができます。

この場合、かかる時間は3.5時間ほどですが、HA-NP35Tは、同時には充電できないようなので、同時に充電できるHA-NP50Tの方が、トータルでは便利です。

バッテリー全体の性能で見ると、HA-NP50Tの方が明らかに優れていますね!

⑤サウンドモードがあるかどうかの違い

HA-NP50Tには、「サウンドモード」という機能があります。

低い音を大きくしたり、聞き取りやすいように音を強調したりできる機能で、「NORMAL」「HIGH」「BASS」の3種類から選択できます。

「NORMAL」は最も平均的なモードで、何か他の作業をしながら聞くのにも適しています。

「HIGH」はうるさいところでも音声が聞こえるように、中音や高音を大きめに出します。

「BASS」は、低音を強調したモードで、迫力ある音が楽しめます。

自分の好きなモードを選べるのは良いですね♪

⑥アプリで操作できるかどうかの違い

HA-NP50Tは、専用のアプリを使って操作することができます。

ボリュームの設定や、上で紹介したサウンドモードの変更、タッチキーの設定などが行えるほか、イヤホン本体のアップデートもこちらから行えます。

これが使えるイヤホンは、ビクター製品のなかでもまだ数が少なく、HA-NP35Tは利用できません。

新しいモデルだけあって、HA-NP50Tは便利ですね♪

ちなみに、アプリはiPhoneでもAndroidでもインストールできますよ!

⑦形と重さの違い

HA-NP50TとHA-NP35Tは、形が少し違います。

耳の前側に来る部分はだいたい同じですが、耳にかける部分は、HA-NP50Tの方がコンパクトです。

そのせいか、重さも少し異なり、HA-NP50Tは8グラム、HA-NP35Tは12グラムです。

軽い方が耳への負担が少ないので、HA-NP50Tの方が快適に使えますね。

また、充電ケースの重さも、HA-NP50Tは47グラム、HA-NP35Tは73グラムとかなり異なります。

ただ、充電ケースは耳にかけるわけではないので、73グラムあったとしても、それほど重いとは感じないでしょう。

とは言え、イヤホンが軽いのに越したことはないので、HA-NP50Tの方が良さそうですね!

⑧カラーバリエーションの違い

HA-NP50Tのカラーバリエーションは、セージグリーン、ブラック、ベージュの3色です。

一方、HA-NP35Tの場合も、種類は同じく3つですが、ネイビーとブラック、ホワイトです。

ブラックはどちらも同じような色ですが、HA-NP50Tの他のカラーが、くすんだ淡い色なのに対し、HA-NP35Tの他のカラーは、明暗がはっきりした色というイメージですね。

どれもスタイリッシュなカラーなので、気に入るものがきっと見つかりますよ♪

\ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50T セージグリーンはこちら/

\ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP35T ネイビーはこちら/

スポンサーリンク

ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35T共通の機能や特長

ここからは、ビクターのワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tの共通の機能や特徴についてお話ししますね♪

HA-NP50T、HA-NP35Tどちらも耳を塞がないため、周囲の音も聞きやすい、ワイヤレスイヤホンです。

耳にストレスがかかりにくい構造

HA-NP50TとHA-NP35Tは、耳にかける部分が柔らかい素材でできています。

そのため、耳に自然とフィットしますが、ほどよい硬さもあるので、落ちにくい構造になっています。

長時間つけていても、疲れにくいですよ!

高音質で音漏れも少ない

HA-NP50TとHA-NP35Tは、16ミリのドライバーを採用しており、内部にもさまざまな技術を取り入れているため、低音がしっかり響き、音質が良いのが特長です。

耳にピッタリくっつかないので、音が漏れるのが心配な方もいるかもしれませんが、音の出る方向をコントロールする機能があり、外に音が出るのを防いでくれます。

音質が良く、音がもれないとなれば、交通機関などでも快適に使えますね!

水に強い

イヤホンは屋外で使うことも多いので、突然の雨に濡れてしまうこともありますよね。

しかし、HA-NP50TとHA-NP35Tは、生活防水に対応しているので、ちょっとやそっとの水滴では壊れません。

汗などにも強いので、安心して使えますよ!

ただし、完全防水というわけではないので、水の中に丸ごと入れると、壊れる可能性もあります。

また、ケースは防水ではないので、注意してくださいね!

高性能なマイクを搭載

HA-NP50TとHA-NP35Tはイヤホンですが、マイクも搭載されています。

左右どちらにも高性能なMEMSというシステムのマイクがあり、さらに通話用にノイズを消す機能も付いているため、パソコンやスマホの通話が、より快適にできるようになります。

また、ワンタッチでマイクをミュートすることもできるので、電話の途中で何かちょっとした作業をしたり、オンライン会議で自分の声がマイクに乗らないようにしたりすることも可能です。

加えて、左右どちらかの片耳だけでも使えます。

耳を塞がないので、外の音が聞きやすいのがHA-NP50TとHA-NP35Tの特長ですが、さらに心配なときは、片方の耳はフリーにしておけば、より安全ですね!

通話に使ううえでも、さまざまな便利機能があるので、あらゆるシーンで活躍してくれますよ!

軽く触れるだけで操作できる

HA-NP50TとHA-NP35Tには、タッチセンサーが搭載されています。

再生や音量の調節、電話に出るなどの操作は、本体を軽くタップするだけで行えます。

操作がシンプルなので、手軽に使えますね♪

Siriなどを起動できる

HA-NP50TとHA-NP35Tは、Siriなどの音声アシスタント機能を動かすこともできます。

スマホと接続しているときに、HA-NP50Tはタッチセンサーを4回タップ、HA-NP35Tはタッチセンサーを長押しします。

あとは、そのまま声で操作をすれば、HA-NP50TとHA-NP35Tのマイクを通じて、Siriなどが動いてくれます。

音声アシスタントを日常的に使っている人は、ぜひ試してください♪

\ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50T ベージュはこちら/

\ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP35T ホワイトはこちら/

ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50Tがおすすめの方

HA-NP50Tがおすすめの方

  • パソコンでオンライン会議をしながら電話も気にしたい方
  • Bluetooth5.3に対応した再生機器を持っている方
  • iPhoneやiPad、iPodなどで使いたい方
  • 長時間連続で使うことが多い方
  • 場所やシーンに合わせて、音の聞こえ方を変えたい方
  • スマホ等から設定などを行いたい方
  • 軽いほうが良い方
  • セージグリーン、ベージュのイヤホンが欲しい方

▼ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50Tは、ブラック・セージグリーン・ベージュの3色展開です♪

ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP35Tがおすすめの方

HA-NP35Tがおすすめの方

  • ネイビーやホワイトのイヤホンが欲しい方
  • 安いほうが良い方(公式オンラインショップで7000円ほど安いです^^)

▼ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP35Tは、ブラック・ネイビー・ホワイトの3色展開です♪

ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tの違いを比較!どっちがおすすめ?

ビクターのワイヤレスイヤホンHA-NP50TとHA-NP35Tを比べると、発売日が新しいだけあって、HA-NP50Tの方が全体的に高性能です。

価格差は7000円ありますが、イヤホンは使い捨てのようなものではないので、長く使うことを考えると、最新のHA-NP50Tを購入するほうが良いでしょう。

ただ、Walkmanのような音楽再生機器のみで使用するのであれば、マルチポイントやアプリからの操作は必要ないですし、Appleの製品を使用していない方には、コーデックの差もあまり関係ありません。

Bluetoothの規格も、音質という点でみれば、バージョンによる差はほとんどないですし、毎日充電するので、38時間も使えなくても良いし、サウンドモードにこだわりはないし…という方は、HA-NP35Tでも良いかもしれませんね。

しかし、重さについては、いずれ大きな問題になる可能性があります。

4グラムというのは、手で持っただけではあまりわからない程度の差ですが、耳に長時間かけるとなると、かなり大きな違いになりそうです。

そう考えると、高価ではありますが、やはり軽くて高性能なHA-NP50Tがおすすめです♪

\ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP50T ブラックはこちら/

\ビクターワイヤレスイヤホンHA-NP35T ブラックはこちら/

スポンサーリンク

-家電