※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

バルミューダ電気ケトルK07Aの口コミや評判をレビュー!デメリット・メリットや電気代と掃除方法も

バルミューダの電気ケトルK07Aの口コミや評判をレビューしていきます♪

また、バルミューダK07Aの気になる電気代や、お手入れについてもお話ししますね!

バルミューダの電気ケトルK07Aは、注ぐお湯の量を簡単に調節できるのが最大の特長です。

バルミューダケトルK07Aの口コミや評判は、

バルミューダの電気ケトルK07Aの口コミや評判

  • お湯がとても注ぎやすい
  • ドリップコーヒーが美味しく淹れられる
  • お湯がすぐに沸いて、とても静か

といった、性能を褒めるコメントがたくさんありましたよ♪

バルミューダ電気ケトルK07Aは、必要な量のお湯を、適度な量ずつ注ぐことができるので、

ポイント

  • 600ミリリットルまでのお湯を短時間で沸かす
  • 少量ずつ、ゆっくりとお湯を注ぐ
  • 勢いよく、一気にお湯を注ぐ

といった機能が利用できます!

本文にて詳しくお話ししますね♪

スポンサーリンク

バルミューダ電気ケトルK07Aの口コミや評判をレビュー

バルミューダの電気ケトルK07Aの口コミや評判をレビューしていきます。

良い口コミばかりではなく、ネガティブな悪い口コミや意見もしっかりと紹介しますね!

バルミューダ電気ケトルK07Aの悪い口コミやデメリット

バルミューダの電気ケトルK07Aの悪い口コミやデメリットを調べたところ、「容量が小さく、水があまり入らない」というものが見つかりました。

K07Aの容量は、最大600ミリリットルです。

コーヒーなら3杯、カップヌードルなら2杯分のお湯が沸かせます。

電気ケトルは、必要な量のお湯をすぐに沸かすのが目的なので、これだけあれば十分という方も多いでしょう。

しかし、ちょっと大きめのカップラーメンを2杯作りたいときや、家族4人以上が同時にコーヒーを飲みたいときなどは、不便ですよね…。

電気ケトルと言えば、ティファールが有名ですが、こちらは800ミリリットルのものから、1.5リットルまであります。

他のメーカーでも、800ミリリットル以上の製品が多いので、600ミリリットルしかないK07Aは、たしかに容量が少ないですね…。

しかし、容量が小さいということは、本体そのものが小さいということでもあります。

K07Aは、電源ベースを含んでも、幅26.9センチ、奥行き14.2センチ、高さ19.4センチしかなく、とてもコンパクトなので、置き場所を選びません。

背が低いので、収納するときも便利ですし、デザインがおしゃれなので、キッチンに出しっぱなしでもかわいらしいですよ♪

常に大量のお湯を沸かしたい方には向かない製品ですが、ちょっとだけのお湯を何度も沸かしたい方には、ぴったりのアイテムですね!

バルミューダ電気ケトルK07Aの良い口コミやメリット

続いて、バルミューダの電気ケトルK07Aの良い口コミやメリットをご紹介しますね。

コーヒーを淹れるのにピッタリ、すぐに湧く、静かで良いなど、機能を褒める口コミが、本当にたくさん見られましたよ♪

バルミューダ電気ケトルK07Aの良い口コミ

  • お湯が注ぎやすい
  • お湯を沸かす性能が良い
  • デザインが良い
  • コンパクトで便利

●お湯が注ぎやすい

  • コーヒーのドリップがとてもやりやすい
  • 注ぐ量の調節ができるので、コーヒーも紅茶も楽しくいれられる
  • お湯がポタポタと垂れない

K07Aの良い点として、お湯が注ぎやすいというものがあります。

一般的な電気ケトルややかんは、注ぎ口が大きいものが多いですよね。

カップラーメンを作るときや、インスタントコーヒーを入れるときのように、一気にお湯を注ぎたいときはとても便利なのですが、一方で、「チョロチョロ」とお湯を出すのは、がなかなか難しいです。

こうした製品でドリップコーヒーを作ろうとして、注ぐお湯の量が多すぎて、コーヒーの粉とお湯が上から溢れてしまった…という経験がある方もいるでしょう。

しかし、K07Aのノズルは細めに作られているので、お湯の量が簡単に調節できます。

おかげで、ドリップコーヒーを溢れさせないように、少量ずつお湯を注ぐことができるのです。

一方で、勢いよく、スピーディーにお湯を出すこともできるので、カップラーメンやインスタントコーヒー、紅茶などをいれるときにも、ストレスがありません。

お湯の行き先がわかりやすいので、こぼれる心配も少ないですし、ノズルの先からお湯が垂れることもほとんどないですよ♪

さらに、持ち手の部分が、片手で握りやすいように工夫された形をしているうえ、全体の重さは600グラムほどと軽量に作られています。

お湯を満タンに入れても1.2キロなので、力がない方でも楽に使えますね!

お湯を注ぐときの使いやすさにこだわった設計なのは、使いやすくて嬉しいですね♪

●お湯を沸かす性能が良い

  • お湯がすぐに沸く
  • 沸くときの音がとても静か
  • 湯沸かしランプがかわいい

K07Aは、電気ケトルとしての性能も優れており、その点を褒めるコメントも多かったです。

特に、「お湯がすぐに沸く」という口コミがたくさん見られました。

K07Aは、200ミリリットルの水なら1分半で、最大量の600ミリリットルの水でも、3分あれば沸かすことができます。

お湯の温度設定はできませんが、沸騰するまでの時間はとても短いですね♪

これは、他のメーカーの電気ケトルと比べても、遜色ない性能です。

また、お湯が沸くときの音がほとんどせず、とても静かであるという点を評価する方も多かったです。

さらに、お湯を沸かしている間、持ち手部分にあるランプが点灯するのが、とてもかわいらしいというコメントも見られました。

便利に使えて、しかもかわいいとあれば、毎日使うのが楽しくなりますね♪

●デザインが良い

  • おしゃれでキッチンになじむ
  • インテリアとしても良い
  • 見ているだけで楽しくなる

使いやすいのもさることながら、見た目がおしゃれというのもK07Aの魅力です。

カフェで使われているポットのようなフォルムは、シンプルながら美しく、どんなキッチンにも合います。

K07Aを置くことで、キッチンがスタイリッシュに見えるという声もありましたよ!

●コンパクトで便利

  • 自分のぶんのお湯を沸かすのに十分なサイズ
  • ダイニングテーブルにも置きやすい

K07Aのサイズについては、小さすぎるという声も聞かれましたが、むしろコンパクトで良いというコメントもたくさんありました。

1~2人分のお湯を沸かすにはとても良いサイズですよね!

また、そのまま食卓に置いても邪魔になりません。

せっかくデザインが良いので、いろんなところで使いたいですよね♪

スポンサーリンク

バルミューダ電気ケトルK07Aの電気代はいくら?

バルミューダの電気ケトルK07Aの消費電力は1200Wです。

600ミリリットルのお湯を沸かすには3分かかるので、このときの電気代は、約1.6円です。

これを1日3回、毎日使ったとして、1ヶ月では146円弱ですね。

他のメーカーの電気ケトルとだいたい同じ電気代ですが、このくらいなら使いやすいですよね♪

ちなみに、電気ポットの場合、お湯を沸かすときの消費電力は同じくらいですが、容量が多いため、沸かすのに時間がかかりますし、保温にも電気を使うので、電気代は1ヶ月で500円以上と言われています。

K07Aを使って、毎回使う分だけ沸かした方が、電気代も安く済みますね♪

バルミューダ電気ケトルK07Aの使い方

バルミューダの電気ケトルK07Aの使い方はとても簡単です。

たった3ステップで、お湯を沸かすことができますよ!

  • STEP1:本体に水を入れる
  • STEP2:電源ベースに設置して、コンセントに接続する
  • STEP3:スイッチを入れる

詳しく見ていきましょう♪

STEP1 本体に水を入れる

本体のフタを取り外して、水を入れましょう。

最大600ミリリットルまで入りますよ!

水を入れたらフタをしっかり閉めてください。

STEP2 電源ベースに設置して、コンセントに接続する

水を入れた本体を電源ベースに置いて、電源ベースをコンセントに接続します。

不安定なところに置くと危険なので、必ず平らなところで使ってくださいね!

STEP3 スイッチを入れる

本体の下部にあるスイッチを入れると、持ち手にあるランプが点灯して、湯沸かしがスタートします。

あとは、そのまま待つだけです。

お湯が湧いたら電源が自動的に切れ、ランプが消えます。

そうなったら、持ち手を持って、お湯を注ぎましょう。

使い終わったら、コンセントを抜いて、残ったお湯は完全に捨ててください。

以上、バルミューダの電気ケトルK07Aの使い方をご紹介しました!

バルミューダ電気ケトルK07Aの掃除方法は?

バルミューダの電気ケトルK07Aのお手入れは、かなりシンプルです。

基本的には、使い終わったら、内側を水ですすぎ洗いして、残った水をすべて捨てておけば大丈夫です。

本体の外側や電源ベース、フタなどが汚れた場合は、濡らしてかたく絞った布で拭いてください。

これだけで良いので、とても楽ですね♪

もし、内側の汚れが気になるときは、以下の手順で、クエン酸洗浄を行うことができます。

こちらも手順は簡単ですよ♪

  1. 水を最大量の600ミリリットル入れて、クエン酸20グラムを入れる。
  2. お湯を沸かしたのち、1時間ほど放置する。
  3. お湯を捨てる。
  4. 再び水を最大水量の600ミリリットルまで入れる。
  5. お湯を沸かし、沸騰したらお湯を捨てる。

口に入れるものなので、きちんとお手入れして、いつでも清潔に使いましょう!

以上、バルミューダの電気ケトルK07Aのお手入れ方法をご紹介しました!

バルミューダ電気ケトルK07Aの機能や特長

バルミューダの電気ケトルK07Aについて、ここまででご説明しきれなかった機能や概要について、全て解説しますね♪

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、「Starbucks Reserve Limited Edition」の3種類

K07Aの基本的なカラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2色です。

どちらもマットな風合いで、落ち着いた雰囲気ですよ♪

これに加えて、特別モデルとして、スターバックスのカッパー色があります。

他の2色とはうってかわって、メタリックな金色のモデルです。

高級感があり、とても美しいので、華やかなものが欲しい方におすすめですよ♪

アクセサリはドリップセットとコーヒーミル

K07Aは、お湯が注ぎやすいので、コーヒーのドリップに使う方も多いと思います。

そんな方のために、アクセサリとして、HARIO社製のドリッパーが販売されています。

計量スプーンやビーカー、フィルターもセットになっており、抽出する速度を調節することで、好きな味わいのコーヒーを飲むことができます。

また、細挽きや粗挽きなどの調節が簡単にできる、コーヒーミルもありますよ!

豆からこだわってコーヒーを楽しみたい方は、これらのアイテムも、ぜひチェックしてください♪

スポンサーリンク

-家電