※アフィリエイト広告を利用しています。

広告 家電

JPL-S100とJPL-G100の違いを比較したら4つあった!タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器の新型モデルVS型落ち徹底解説♪

jpl-s100 jpl-g100 違い

 

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器JPL-S100とJPL-G100の違いを比較して、徹底解説します♪

土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違いを比較したところ、以下の4つでした。

JPL-S100とJPL-G100の違い!

  1. 新機能「連続ノンストップ加熱」があるかどうかの違い
  2. 液晶の違い
  3. 付属のしゃもじの違い
  4. カラーバリエーションの違い

 

JPL-S100が2022年7月21日に発売された新型モデル、JPL-G100の発売日は2021年6月21日で型落ちの旧型モデルになります。

本文にて、タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違い4つの他、新型モデルJPL-S100と型落ちJPL-G100の共通の機能や特長なども詳しくお話ししていきますね!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

スポンサーリンク

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違いを比較!

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器JPL-S100とJPL-G100の違いを比較したら、以下の4点がありました。

土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違い♪

  1. 新機能「連続ノンストップ加熱」があるかどうかの違い
  2. 液晶の違い
  3. 付属のしゃもじの違い
  4. カラーバリエーションの違い
それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

 

①新機能「連続ノンストップ加熱」があるかどうかの違い

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100には、「連続ノンストップ加熱」という新しい機能が付いています。

この点が、JPL-S100とJPL-G100の最大の違いです。

JPL-S100もJPL-G100も、本土鍋を使用した大火力での炊飯が魅力ですが、温度が高い状態が続くと、いずれ沸騰して、吹きこぼれてしまいますよね。

それを防止するために、JPL-G100は自動的に鍋の中の温度を下げるのですが、JPL-S100は、なんと鍋の温度を下げずに、風を送って吹きこぼれを防止する機能があるのです。

そのおかげでJPL-S100は、JPL-G100よりも長時間、大火力で高温という状態を続けられるようになりました。

この、高温をキープする機能が、「連続ノンストップ加熱」です。

高温の時間が長いと、お米が糊化して、甘みや粘りが増すそうです。

数字で見ると、鍋が吹きこぼれる直前というのは、約106度で1.25気圧という状態だそうですが、JPL-G100がその状態でいられるのは約10分だったのに対し、JPL-S100はだいたい15分まで伸びたとのこと。

結果として、JPL-S100で炊いたご飯の甘みはJPL-G100よりも17%ほども高く、粘りは3%程度アップしています。

JPL-S100は、JPL-G100よりもご飯の美味しさがさらに進化したというわけですね♪

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

②液晶の違い

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100は、見た目はほぼ同じですが、液晶の性能が少し違います。

JPL-G100の液晶は、それまでの炊飯器よりも液晶そのものが大きくなり、表示する文字も大きくなりました。

さらにJPL-S100は、その液晶が、ホワイトバックライト液晶になりました

操作するときに後ろが白く光るので、暗いところでも扱いやすいのが特長です。

ただ、JPL-G100にもバックライトは付いていたので、実際に使ったときの感覚は、そこまで変わらないでしょう。

この点は、あまり気にしなくても良さそうです。

なお、JPL-S100とJPL-G100のどちらの液晶にもタッチパネルが搭載されていて、使い方がひと目でわかります。

JPL-S100もJPL-G100も、多機能な炊飯器なので、操作が簡単なのはありがたいですね!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

③付属のしゃもじの違い

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100にもJPL-G100にも、しゃもじが付いていますが、JPL-S100のしゃもじは、銀系の抗菌加工がほどこされています。

このしゃもじは、SIAA(抗菌製品技術協議会)の認証も受けており、大腸菌などの増殖を抑制することができるそうです。

しゃもじは、ご飯を炊くと必ず使うものなので、安全な製品が付いてくるのは嬉しいですね♪

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

④カラーバリエーションの違い

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100もJPL-G100も、大まかに言えば、白と黒の2色展開です。

ただ、その色が少し違います。

JPL-S100はストレートブラックと、ミストホワイトの2色です。

ストレートブラックは少し明るい黒で、ミストホワイトはやや灰色がかった白です。

一方のJPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトです。

ミネラルブラックは濃い目の黒、エクリュホワイトは少しピンクっぽい白です。

いずれも光沢はなく、マットで落ち着いた色合いです。

形はまったく同じですが、丸みを帯びていてかわいらしいので、キッチンの雰囲気にも合わせやすいですよ!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

スポンサーリンク

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100とJPL-G100どっちがおすすめ?

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100とJPL-G100の違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100がおすすめな人!

こんな方におすすめ

  • 長時間高温で炊き上げた美味しいご飯を食べたい方
  • 少しでも見やすい液晶が良い方
  • 明るめの黒や、少しくすんだ白の炊飯器が欲しい方
  • 抗菌加工のしゃもじが欲しい方

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100がおすすめな人!

こんな方におすすめ

  • 少しでも安いほうが良い方(Amazon等では1万円ほど違います)
  • 暗めの黒や、色味のある白の炊飯器が欲しい方

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100もJPL-G100も優れた商品ですが、やはり高温が持続するJPL-S100の「連続ノンストップ加熱」の機能は捨てがたいです。

炊飯器は毎日使いますが、長く使えるものでもありますよね。

タイガーの公式サイトでは、製品の修理は生産終了から10年まで対応するとあります。

10年も使い続けることを考えれば、少し高価でも、美味しさを追求した最新機種であるJPL-S100の方がおすすめです。

お気に入りの炊飯器で、毎日美味しいご飯を食べてくださいね♪

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100とJPL-G100共通の機能や特長!

ここからは、タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の共通の機能や特長についてお話ししますね♪

JPL-S100、JPL-G100どちらも容量は3人~5人くらいの人数に適した5.5合(1.0L)で、サイズは幅が29センチ、高さ22センチ、奥行きが約35センチです。

重さは7.4キログラムと重めですが、炊飯器はあまり頻繁に移動させるものではないので、特に気にならないですよ♪

「土鍋ご泡火炊き」で美味しく炊き上げる

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100もJPL-G100も、内釜には土から作った本土鍋を使用しています。

本体に付いている遠赤のかまどがその土鍋に熱を伝えることにより、土鍋の中の温度はおよそ280度まで上がります。

金属鍋よりも土鍋の方が、このかまどのエネルギーが伝わる効率が良いそうです。

そして、泡立ちも美味しさの秘密です。

土鍋でお米を炊くと、大きさが揃った細かい泡がたくさん出ます。

その泡がお米を守ってくれるので、炊いている途中で米同士がぶつかり、傷ができるのを防いでくれます。

そのため、表面につやがあり、もちもちしたご飯ができるのです。

JPL-S100の型落ちモデルであるJPL-G100には「連続ノンストップ加熱」はないですが、この「土鍋ご泡火炊き」機能はあるので、ちゃんと美味しいご飯ができますよ♪

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

「丹精仕上げ」の機能で甘みと弾力が増す

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100は、温度だけでなく圧力も細かくコントロールしています。

ご飯が炊きあがったあとの蒸らしのとき、温度を高めにキープしながら少しずつ変化させ、圧力も調整することで、お米に甘みが出てくるそうです。

また、JPL-S100にもJPL-G100にも付いている「ハリつやポンプ」が、必要以上に出てくる熱や蒸気を逃し、水分を調節します。

さらに、時間をおいて鍋の中を呼吸させることで、ハリも保たれるとのこと。

仕上げにも工夫があることで、炊きあがりが美味しくなるのですね♪

四日市の伝統工芸品である土鍋

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100とJPL-G100の内釜である本土鍋は、三重県の四日市市で作られています。

土の段階から品質にこだわっており、傷がないように細かな検査を受けて、厳密に温度管理された釜で焼き上げられます。

さらに、鍋に発熱体をほどこし、熱の伝わり方を良くしています。

また、内側はフッ素コーティングをした6層になっていて、強い熱をしっかり受け止めます。

こうした丁寧な作りのおかげで、高品質な土鍋ができ上がるのですね!

なお、JPL-S100とJPL-G100の内釜には、割れたときの保証と、コーティングが剥がれたときの保証が付いています。

5年以内なら破損しても交換してもらえるので、安心して毎日使えますね!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

銘柄ごと、食感ごとに炊き分ける

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100には、科学的に分析したデータをもとに、お米の銘柄に合わせた炊き方ができる機能があります。

その数は、なんと70種類!

コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれといった定番の銘柄をはじめ、全国のご当地米が揃っています。

普通のスーパーで見かけるお米なら、だいたい網羅していますよ!

また、次のように、5段階で食感を炊き分ける機能もあります。

  • チャーハン(しゃっきり)
  • カレー(ややしゃっきり)
  • 白米(標準)
  • おにぎり(ややもっちり)
  • お弁当(もっちり)

作りたいメニューに合わせて硬さなどを変えられるので、どんなときも美味しくご飯が食べられますね!

さらに、火加減を調節して、おこげを作れるのもポイントです。

おこげが好きでない方は弱めに、濃いおこげが好きな方は強めにすれば、美味しい土鍋のおこげが食べられます!

何度か炊いてみて、お気に入りの炊き加減を見つけてくださいね♪

ちなみに、29分~48分ほどで炊きあがる早炊きや、無洗米向けのモードなど、通常の炊飯器にあるモードはほとんど搭載しています。

どのメニューでも、土鍋で炊いたような美味しいご飯ができ上がりますよ!

 

少量のご飯が炊ける「一合料亭炊き」

土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の機能、「一合料亭炊き」は、0.5合~1合のご飯を炊くためのモードです。

普通、5.5合サイズの炊飯器で1合以下のご飯を炊くと、お米と水が入っていない空間が大きすぎて、お米に熱が正しく伝わりません。

しかし、JPL-S100とJPL-G100には、中蓋が付いています。

この中蓋を内釜にセットして、「一合料亭炊き」のモードで炊飯すれば、少量でも美味しいご飯が炊きあがります。

炊き込みご飯モードもあるので、一人分の食事を用意するときなどに大活躍しますね♪

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

「おひつ保温」で時間がたっても美味しい

「おひつ」は、ご飯を入れておく、木で出来た器ですよね。

おひつで保存したご飯は、空気と水分が適度に調整されて、時間が経っても美味しいです。

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100には、このおひつのようにご飯を保温する機能があります。

センサーで温度や湿度を感知し、内釜の中の状態を細かく変えることで、残ったご飯も香り良く、ツヤを残したまま保存することができます。

食べきれなかったご飯も、あとで美味しく食べられますよ♪

 

麦ごはん用のモードと、麦や雑穀を使った炊き込みご飯用のモードがある

タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100とJPL-G100には、押麦やもち麦を混ぜた麦ごはん向けの炊飯モードがあります。

押麦のモードでは、2段階で吸水させることで、米にも麦にもしっかり水を吸わせます。

もち麦では、吸水をしっかりさせたあと、高温で炊いて、気になるにおいも抑えてくれます。

麦ごはんに興味はあるものの、美味しく炊くのが難しそうなので諦めていたという方は、ぜひこのモードを試してください!

また、麦ごはんや雑穀米、玄米などを使って炊き込みご飯を作るときの、専用炊飯モードもあります。

麦ごはんや雑穀米、玄米の味が苦手という方も、炊き込みご飯にすれば、美味しく食べられますよ!

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

お手入れが簡単で、圧力洗浄も利用できる

炊飯器のお手入れと言えば、日常的には内蓋と内釜ですよね。

普通、圧力型の炊飯器に付いている内蓋には、圧力を調整するボールが付いていることが多いですが、この部分にご飯などが付いてしまうと、洗うのが大変です。

しかし、JPL-S100とJPL-G100の内蓋にはボールがない構造なので、手入れが簡単です。

食洗機でも洗えますよ!

マグネット式なので、洗ったあとに装着するのも簡単です。

JPL-S100とJPL-G100の内釜に関しては、通常は食器用洗剤などで洗えば良いですが、臭いなどが気になるときは、圧力を使ってきれいにする方法もあります。

鍋に水を入れて「洗浄」モードで動作させるだけなので、簡単に使えますよ!

また、JPL-S100とJPL-G100の釜の外側はクリアフレームになっています。

傷がつきにくく、布で拭くだけできれいになります。

他に手入れが必要なのは、液晶画面に時刻などを表示するためのメモリー電池ですが、こちらも本体の裏面で簡単に交換できます。

毎日使い、毎日洗うものなので、手入れが楽なのは本当に助かりますね!

音声の切り替えができる

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100には、選択したメニューや操作などを喋ってくれる機能があります。

とても便利ですが、他の炊飯器のように普通の機械音だけが良いという場合は、ブザー音やメロディだけに切り替えることもできます。

音量の調節もできるので、使い方に合わせて、自由にカスタマイズしてください!

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

JPL-S100とJPL-G100の違いを比較したら4つあった!タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器の新型モデルVS型落ち徹底解説♪まとめ

以上、タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100とJPL-G100の違いを4つお話ししました。

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違いは、この4つでしたね!

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違い♪

  1. 新機能「連続ノンストップ加熱」があるかどうかの違い
  2. 液晶の違い
  3. 付属のしゃもじの違い
  4. カラーバリエーションの違い

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-S100は、スレートブラックとミストホワイトの2色展開です♪

 

>>>タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100の口コミや詳しい機能などはこちらの記事で紹介しています!

 

▼タイガー土鍋圧力IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」JPL-G100は、ミネラルブラックとエクリュホワイトの2色展開です♪

 

スポンサーリンク

-家電