完璧主義の子育ては辛い!!疲れやイライラした時はリフレッシュが大切!

完璧主義 子育て 辛い 子育て

 

今、子育てが楽しいと思えますか?

 

子育てに疲れて、辛い思いをしていないでしょうか。

 

もし、辛い思いをしているとしたら、原因は何でしょう。

 

子育てに完璧を求めて、頑張りすぎていませんか?

 

だとしたら、要注意です。私がそうだったから。

 

完璧主義の子育てで、私がどうなってしまったのか、これからお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

完璧主義の子育ては危険!?~辛い時期を過ごした私~

 

妊娠を期に、仕事をやめた私。

 

初めての育児に、少しの不安をかかえながらも、とても張り切っていました。

 

仕事もやめて、専業主婦になったことだし、この子のためにすべてをささげよう!そう意気込んでいたのです。

 

とにかく、妊娠中からたくさんの育児本を読んでいた私。

 

●母乳は、きっちり3時間あけて、飲ませる。

●寝かしつけの時間は、リズムが整うように、毎日きっちり同じ時間にする。

●外の空気も吸わせてあげたいので、晴れている日は必ずお散歩に行く。

●子供が泣いたら、すぐに抱っこしてあやす。

というように、自分の中でいろいろルールを決め、そのとおりに行動していました。

 

 

初めの頃は、結構うまくいっていました。

 

順調に子育てできている気がして安心していました。

 

それが、離乳食を始めたころから、なんだかスムーズにいかなくなってきました。

 

育児本のとおりに、おかゆを食べさせても、まったく食べてくれないのです。

 

心配して、赤ちゃん会で他のお子さんの話をきいてみると、みんな離乳食は順調にすすんでいます。

 

私は、どんどん不安になってきました。

 

離乳食の時間もきっちりきめているし、量も守っていました。でも、うまくいきません。

 

あげく、食べさせるのに時間がかかるので、お昼寝のタイミングも今までより遅くなりました。

 

きっちりしていた時間管理もうまくいかなくなってきたのです。

 

育児がうまくいかないと、家事も思うように進みません。

 

でも、仕事を辞めたとき、家事はしっかりこなそうと決めていました。

 

私は、自分の睡眠時間を削って、家事を完璧にやろうとしました。

 

身を削って、完璧を求める毎日はとても辛かったです。

 

 

子育てに疲れる!イライラしだした私

 

子育て言い合い

 

 

睡眠時間が減りだしてから、私はイライラするようになりました。

 

でも、このイライラを子供に向けてはいけない、そう思い我慢しました。

 

すると、このイライラは、次第に旦那に向けられるようになりました。

 

今まで腹が立たなかったことも、すべてが怒りに変わるのです。

 

「せっかく掃除したのに、どうしてまた汚すの!?」

スポンサーリンク

「時間通りに、寝かしつけしようとしてるのに、変なタイミングで帰宅しないで!!」

「栄養バランスを考えて離乳食つくってるんだから、おやつを勝手にあげないで!!」

 

旦那が手伝ってくれようとしても、その手伝い方に腹が立ったし、あらゆる場面で文句をいい続けました。

 

私のイライラにずっと耐えてくれていた旦那。

 

今思えば、相当ひどいことをしたと反省しています。

 

でも、子育てに疲れていたあの頃、私は本当に毎日イライラしていました。

 

 

子育てに疲れ、リフレッシュを勧められる!

 

 

温泉

 

 

子育てに疲れ果てていた私。

 

そんな私をみかねて、ある日旦那が休暇を取ってくれました。

 

「2日間会社をやすむから、友達と温泉にでもいっておいで。」と言ってくれたのです。

 

そんなことできるはずがないと思いつつ、半ば強引に旦那にリフレッシュをすすめられた私。

 

しぶしぶ、子供を旦那に任せて、友達と出かけました。

 

ところが、久しぶりに子供と離れて友達との時間を過ごしてみると、想像以上にストレス発散できたのです。とっても楽しむことができました。

 

たった2日間で、こんなに元気になれるとは思いませんでした。

 

そして、驚くことに、私がいない間、息子はいつもよりたくさん離乳食を食べたというのです。

 

時間と量をいつも気にしながら、離乳食を与えていた私ですが、旦那は特に時間を気にせず、適当な時間に適当な量を食べさせたそうです。

 

すると、おいしそうに私が作った離乳食(冷凍してました)を食べてくれたそうです。

 

その話を聞いたとき、なんだか私のやり方は間違っていたのかもしれないと、すごく反省しました。

 

私は、息子が食べたい時間ではなく、私が与えたい時間に食べさせていたのです。

 

私は、息子の気持ちを考えた育児ができていただろうか、型にはめた育児をして、完璧を目指していただけだったことに気が付いたのです。

 

リフレッシュしたことで、自分の考えを改めることができました。

 

 

まとめ

 

なんでもきっちりやろうと、完璧主義を求めていた私。

 

でも、子育てと家事を完璧にこなすなんて、無理だったのです。

 

完璧を目指してしまうと、それだけストレスがたまり、まわりにも迷惑をかけてしまいます。

 

隠そうとしても、そのストレスは、子供にも影響します。

 

旦那のおかげで、子育てには、リフレッシュとある程度の適当さが必要なことに気がつきました。

 

忙しい日々、頑張りすぎると、自分が壊れてしまいます。

 

それからは、上手に手を抜くことで、ストレスをため込まず、楽しい子育てライフが送れるようになりました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました