子供を褒めるとどんなメリットが!?難しい時はどうする?デメリットは?

子供 褒める メリット 子育て

 

子育てにおいて、子供を叱るのではなく、いいところを褒めて育てるほうがいいとよく言われます。

 

では、実際には、子供を褒めることでどんなメリットがあるのでしょうか。

 

今回は、子供を褒める子育てについて、私の経験をもとにお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

子供を褒めると、どんなメリットがある?

 

私の父は、昭和の男の代表のような性格で、とても厳しい人でした。

 

ですから、父に褒められた記憶はほとんどありません。

 

今振り返ってみても、厳しく叱られた記憶しかないのです。

 

そのせいかは断言できませんが、私は何事もネガティブに考えてしまう癖があります。

 

何事もポジティブに考えようと思うのですが、長年の性格を変えることは難しく、そう簡単にはいきません。

 

こんな経験があるので、息子が生れた時から、なるべくわが子は褒めて育てたいと考えていました。

 

誰だって、褒められるのはうれしいはずです。

 

褒められると、自分に自信が持てるし、やる気も出ます。

 

しかし、怒られたり、けなされたらどうでしょう。

 

それこそネガティブな感情が生まれてしまいます。

 

子供を褒めることで、子供は自己肯定感が強くなり、いろいろなことにチャレンジする精神を養えます

 

ぜひ、お子さんを思いっきり褒めてあげてください。

 

子供時代に、いかにお母さんに褒められたかで、今後の人生に大きな影響を与えると考えます。

 

 

子供を褒めるデメリットは!?

 

 

子供 褒める デメリット

 

子供を褒めることのメリットについて、お話ししてきました。

 

では、とりあえず、どんなことに対しても褒め続ければいいのでしょうか。

 

そんなはずはありません。

 

上っ面で適当に褒めていては、そのいいかげんさが子供にも伝わってしまいます。

 

例えば、子供が絵を描いたとします。

 

その絵を褒めるときに、「すごいねー上手だねー!」と、褒めたとしても、あまり子供の心には響きません。

 

「空の青色がとってもきれいだね。綺麗に色を使い分けて塗っているのがとっても上手だね!」といったように、具体的に褒めてあげると、ちゃんと自分のことをみてくれて、それで褒められたんだと、子供はとっても嬉しくなり、さらにやる気を出すのです。

 

また、テストで100点を取ったときも、「100点すごいね!」と、結果だけを褒めるのはよくありません。

スポンサーリンク

 

「今まで、テスト勉強しっかり頑張ってたもんね。ゲームを我慢して頑張ってたのをママは見てたよ。偉かったね」と、結果だけではなく、結果までの過程を褒めてあげるのです。

 

そうすることで、もしも、頑張ったのに結果がでなかったときも、ネガティブな感情ばかりを持つのではなく、自分を認めることができる人間に育つと考えています。

 

 

子供を褒めるのが難しいときは!?

 

子供 褒める 難しい

 

 

さて、子育てにおいて、褒めることが大切という話をすると、わが子に褒めるところがない場合はどうしたらいいんだろう?と、考える人がいます。

 

宿題もしないし、言うことも聞かない、この子のどこを褒めたらいいの!?そういう人もいるかもしれません。

 

そういう時は、無理に褒める必要はありません。

 

むしろ、褒めるところがないと感じているのに、無理やり褒めたところで、子供にもそれが伝わってしまいます。

 

そんな状態では、子供を褒めたところで、子どもには何も響かないと思います。

 

ただし、宿題はしない、言うことは聞かない子でも、必ず何か、褒めポイントはあるはずです。

 

宿題はしなさい、言うことを聞きなさい、そこは、叱ってください。

 

でも、ちゃんと、その子が頑張っているところが何かあるはずです。

 

友達にやさしくしているかもしれないし、宿題はしなくても、運動は頑張っているかもしれない。

 

なにか、褒めるところがあるはずです。

 

褒める部分を探す努力は、必要だと思います。

 

意識的に、褒める部分を探してみると、自然と子供のことをよく見るようになります。

 

そうやって見つけた子供のいいところは、思いっきり褒めてあげてください。

 

いいところを認めてあげた後で、こちらが注意させたいところを子供に伝えてあげると、子供も、親の注意に耳を傾けやすくなるのです。

 

ぜひ、積極的に、子供の褒めポイントを探しながら、子育てしていくことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

今回は、子供を褒めることの大切さについてお話ししてきました。

 

実際、子供を叱るよりも、褒めるほうが苦手という人のほうが多いように感じます。

 

私も、どちらかというとそうでした。

 

でも、褒める子育てのメリットを考えると、意識的に、褒める部分を探しながら、子育てしていきたいと思うのです。

 

ぜひ、子供のいいところを見つけるプロになってください。

 

悪いところを探すよりも、いいところを探す子育てのほうが楽しいし、自分も自然と前向きになれるのでおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました