子育ては共働きと専業主婦どちらが大変!?両立には旦那の協力が必要!

子育て 共働き 専業主婦 子育て

 

最近では、働くママもたくさんいる世の中です。

 

女性が社会で活躍する時代です。

 

働きながらの子育てって、本当に大変です。

 

では、専業主婦は、楽なのでしょうか?

 

決してそんなことはありません。

 

どちらも、大変で、どちらもメリット、デメリットあります。

 

今回は、「共働き」と「専業主婦」についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

子育ては共働きと専業主婦どちらが大変なの!?

 

私は、妊娠を期に、今までの仕事を退職しました。

 

そして、次男が3歳の時に、社会復帰し、働くママとなりました。

 

ですから、専業主婦を経験し、次男が3歳の時から、共働きとなりました。

 

「共働き」と「専業主婦」一応どちらも経験したので、その時のことをそれぞれお話ししたいと思います。

 

まず、専業主婦。

 

私は、小さいころから、専業主婦にあこがれていました。

 

自分の母親が仕事が忙しい人で、小さい頃寂しい思いをたくさんしてきたので、わが子にはそんな思いをさせたくないと思っていました。

 

専業主婦は、なんだか生活にゆとりがありそうだし、ゆっくり子育てに専念できそうと思っていました。

 

しかし、実際には、いいことばかりではありませんでした。

 

確かに、共働きに比べたら、時間にゆとりはあります。

 

子供とゆっくり向き合えるし、ママ友と子供たちと一緒に出掛けたり楽しいこともたくさんありました。

 

でも、一日中子供とすごす毎日は、決して楽ではありません。

 

育児って想像以上につかれるし、息が詰まりそうになります。

 

毎日ママ友と出かけるわけにもいかないので、基本子供たちと過ごすのですが、単調な毎日になんだか社会から取り残されているような気持になることもたくさんありました。

 

また、どうしても生活にメリハリがなくなり、だらだらと過ごしてしまい、自己嫌悪に陥ることもありました。

 

つぎに、共働きです。

 

一言でいうと、とにかく忙しかったです。時間が足りません。

 

朝は早起きして自分と子供たちの支度をし、幼稚園に送ってから出勤。

 

仕事を終えると急いで幼稚園に迎えに行き、家に帰ってから子供たちを寝かせるまでは、それはもうバタバタでした。

 

子供たちを寝かしつけながら自分も寝落ちしてしまう日もたくさんありました。

 

慌ただしい毎日は、充実もしていましたが、忙しすぎて子供にストレスをぶつけてしまうことも。

 

こちらが急いでいるのに、子供たちがぐずったりすると、怒りをとめられず、怒鳴ったりしたこともありました。

 

そういう時は、後になって、子供たちへの申し訳なさから自己嫌悪に陥りました。

 

というわけで、一概に、「専業主婦」と「共働き」どちらが大変ということはいえません。

 

その考え方は個人個人で違うと思うので、その家庭の事情で、「専業主婦」と「共働き」どちらかを選択するべきです。

 

 

仕事と子育ての両立には実母の手伝いが必要!?

 

 

実母

 

 

「専業主婦」と「共働き」どちらも大変というお話をしてきました。

 

もし、私のように、専業主婦から共働きに変わるという場合、幼稚園のほかに預け先があるというのは、とても心強いです。

 

私の場合、実母に頼ることができました。

 

子供が急に熱を出したとき、自分が時間までに幼稚園にお迎えに行けないとき、代わりをしてくれた実母の存在は本当にありがたかったです。

 

頼れる実母がいてくれたから、私は仕事ができたと思っています。

 

母には感謝しかありません。

 

私はとても恵まれた環境でした。

 

でも、共働き世帯の多くは、頼れる両親の存在なしに、頑張っています。

 

今は、ベビーシッターの制度も充実しているし、方法はいくらでもあると思います。

 

でも、それには、それ相当のお金がかかります。

 

専業主婦からみれば、共働き世帯は裕福に感じるかもしれませんが、共働き世帯は出ていくお金も多いということは留意すべきです。

 

 

子育てが辛い!?旦那の協力が必要!

 

 

旦那

 

 

共働きの場合、実母の存在が大きかったことをお話ししました。

 

 

しかし、その実母よりも、頼るべき、協力すべきなのが、旦那です。

 

これは、「専業主婦」と「共働き」どちらにも言えることです。

 

どんなママでも、育児が辛くなる時がきっとあります。

 

専業主婦で、泣き続ける子供と一日中すごした日は、旦那に愚痴をきいてもらうだけで、心が晴れることもあります。

 

週末だけでも、子供とでかけてくれると、専業主婦は一人の時間が持てることが何よりもうれしいです

 

 

また、共働きの場合は、家事の分担は必須です。

 

どちらも社会にでて働いているのですから、二人で協力すべきです

 

 

私の場合、家事もですが、幼稚園の送迎も旦那と分担していました。

 

旦那の協力あってこそ、共働きは成立すると思っています

 

 

まとめ

 

「共働き」と「専業主婦」についてお話ししてきました。

 

どちらが立派ということも、どちらが大変ということもありません。

 

どちらにせよ、家族や周りの人の支えがあってこそ、頑張れるのです。

 

そして、どちらにせよ、子供のことを想い、子供との時間を大切にして過ごすことで、子供にも愛が伝わると考えます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました