梅雨の晴れ間とは?挨拶や季語として手紙やメールに用いる正しい使い方と例文を紹介!意味や別の言い方も!

梅雨の晴れ間とは 季節行事

 

梅雨の晴れ間という言葉があります。

 

時候の挨拶や季語として手紙やメールなどで主に使われる言葉ですが、正しい使い方を知っていますか?

 

知らなかったという人はぜひ、今回の記事を読んでみてください。

 

記事では、梅雨の晴れ間の意味や具体的な例文についてもご紹介します。

 

別の言い方についても触れますので、表現の幅も広がるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

梅雨の晴れ間とはどういう意味?

 

「梅雨の晴れ間とは?」と考えた時、まずどんな意味を思い浮かべるでしょう。

 

梅雨の晴れ間とは読んで字のごとし、「梅雨時期に不意に訪れる晴れ間」のことを指しています。

 

また、意外と知られていないのが、梅雨の晴れ間の類語ではないでしょうか。

 

梅雨の晴れ間を言い換えると、「五月晴れ」ということもできます。

 

梅雨といえば6月ですが、それがどうして五月晴れと同じ意味を持つのでしょう?

 

その秘密はずばり、五月晴れという言葉にあります。

 

五月とはいうものの、これは実は旧暦の5月=現在の6月を指しているのです。

 

そのため、五月晴れも梅雨の晴れ間と同じ表現としてとらえることができるのです。

 

「梅雨の晴れ間のことを別の言い方で何という?」といった問題がテストに出ても対応できるよう、知識として覚えておくといいでしょう。

 

梅雨の晴れ間の使い方は?時候の挨拶や季語としても大活躍!

 

梅雨の晴れ間 使い方

 

 

梅雨の晴れ間という言い方について少し理解が深まったなら、今度は使い方を覚えたくはありませんか?

 

こちらでは、梅雨の晴れ間という言い方が活躍する2つの分野をご紹介します。

 

時候の挨拶として使う

 

梅雨の晴れ間という表現は、6月に使われる時候の挨拶です。

 

時候の挨拶とは簡単にいうと、手紙の書き始めに用いられる季節ごとの挨拶ですね。

 

梅雨まっただ中に訪れる晴れ間にはいい印象があるので、手紙にも明るい雰囲気を持たせることができると思われます。

 

俳句の季語として使う

 

梅雨の晴れ間を漢字のみで表記すると「梅雨晴間(つゆはれま)」となり、これは俳句の季語として使われています。

 

俳句における季語は、五七五の中に情景を思い起こさせるのにとても役立ちます。

 

俳句を趣味にしている場合には、特に覚えておきたいですね。

 

梅雨の晴れ間を季語にした時候の挨拶例文!手紙やメールで使える!

 

梅雨の晴れ間 挨拶

 

 

手紙やメールで活用できるよう、こちらでは梅雨の晴れ間を季語にした時候の挨拶の例文をご紹介します。

 

手紙で使える例文

 

梅雨の晴れ間で、気持ちの良い青空が広がっています。

 

梅雨の晴れ間ですが、本格的な夏を思わせる暑さとなりました。

 

梅雨の晴れ間で太陽も眩しく暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

メールで使える例文

 

梅雨の晴れ間で青空が広がり、過ごしやすい日が続いています。
梅雨の晴れ間で、太陽の日差しが眩しく感じられます。

 

以上、梅雨の晴れ間を季語にした時候の挨拶の例文を5つご紹介しました。

 

ビジネスで使うほど堅苦しい表現による例文ではありませんので、お友達など、個人に手紙やメールを出す場合に活用してくださいね。

スポンサーリンク

 

梅雨の晴れ間を季語にした時候の挨拶例文ビジネス編!

 

梅雨の晴れ間 季語

 

 

個人に対する梅雨の晴れ間を季語にした時候の挨拶については、先にご紹介した通りです。

 

時候の挨拶といえばやはり、ビジネスにおいては避けては通れませんね。

 

こちらでは、ビジネスレターやフォーマルスタイルのメールで使える、梅雨の晴れ間を季語とする時候の挨拶について見ていきましょう。

 

手紙で使える例文

 

梅雨の晴れ間の候、貴社におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
梅雨の晴れ間で晴天が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。
梅雨の晴れ間の候、貴殿におかれましてはますますご健勝のことと存じ上げます。

 

メールで使える例文

 

梅雨の晴れ間の候、本格的な夏を思わせる暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
梅雨の晴れ間の候、青空が広がり気持ちの良い日が続いております。

 

ビジネスシーンでは例文のように、「」などを用いた漢語調での時候の挨拶がよく使われています。

 

ただしビジネス関係でもメールの場合は、漢語調ではなく口語調のカジュアルな調子が好まれる時もあります。

 

また、急いで要件を伝えなくてはならない場合には、こういった時候の挨拶は省かれることも多いです。

 

どういう相手にどういった用件で手紙やメールを書くのかを見極め、シチュエーションに合った文面を使いたいですね。

 

梅雨の晴れ間の別の言い方や梅雨の晴れ間の英語表現って?

 

梅雨の晴れ間 別の言い方

 

 

梅雨の晴れ間について、ずいぶんと理解が深くなったのではないでしょうか。

 

こちらではさらに言葉を深掘りして、梅雨の晴れ間の別の言い方・梅雨の晴れ間の英語表現についてもチェックしておきましょう。

 

梅雨の晴れ間を別の言い方をすると?

 

梅雨の晴れ間には、次のような別の言い方があるとされています。

 

・梅雨晴間(つゆはれま)
・梅雨の晴れ/梅雨晴れ(つゆのはれ/つゆばれ)
・梅雨晴る(つゆはる)

 

また、上記以外にも、「五月晴れ」が同様の意味であることは最初に紹介した通りですね。

 

梅雨の晴れ間のことを英語では何という?

 

英語には時候の挨拶はありませんが、プライベートでもビジネスでも「梅雨の晴れ間」といえるとカッコいいですよね!

 

英語で梅雨の晴れ間を表現すると…

 

・fine weather during the rainy season
・a break in the (rainy) weather

 

といった感じになります。

 

1つ目を直訳すると「雨のシーズンの間の良いお天気」、2つ目は「雨天のちょっとしたお休み」といったところです。

 

英語を使って海外の人とコミュニケーションすると、英語力の向上も繋がります。

 

また、今まで梅雨の晴れ間について英語でいえなくて困っていたという場合にも、お役立ていただければと思います。

 

まとめ

 

四季がはっきりしている日本には、季節の移り変わりを表すたくさんの美しい言葉がありますね。

 

雨続きの憂鬱な梅雨も、梅雨の晴れ間という言葉ひとつでぱっと明るくなりそうです。

 

今回は梅雨の晴れ間について、言葉の意味から使い方、別の言い方にいたるまでじっくりと追い続けました。

 

いかがだったでしょうか?

 

今まで梅雨の晴れ間という言葉を使ったことがなかったという人こそ、今回の記事を参考に活用していってもらえればと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました