上の子が赤ちゃん返りでわがままに!2歳で指しゃぶりを始めた時の対応法とは?

2歳 赤ちゃん返り 指しゃぶり 子育て

 

わが家では、上の子が2歳の時に、下の子が産まれました。

 

イヤイヤ期真っ盛りの上の子。

 

下の子が産まれたことで、赤ちゃん返りもしてしまい、イヤイヤ期と重なって、それはもうわがまま放題に。

 

当時は、そんな上の子に、どう対応していいのか、ずいぶん悩まされました。

 

今回は、そんな赤ちゃん返りについてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

上の子の赤ちゃん返りでわがままな態度にイライラ!?

 

上の子が1歳の時に、私は下の子を妊娠しました。

 

まだ、上の子も甘えたい盛りの男の子。

 

お腹が大きくなってくると、なかなか抱っこもしにくくなるので、心配しましたが、上の子は比較的お利口に過ごしてくれました。

 

男の子にしては、おとなしい方で、手が付けられないほど暴れたり、走り回ったりするようなこともなかったので、穏やかな子育てができていました。

 

「赤ちゃんが産まれるの楽しみだね」

「○○くんも、お兄ちゃんになるね。」

 

と、上の子に語り掛けると、嬉しそうに笑う上の子をみて、きっと優しいお兄ちゃんになってくれるだろうと、期待していました。

 

大きな問題もなく、妊娠期間を過ごした私でしたが、下の子を出産してからが、大変な日々の始まりでした。

 

初めて病室で、下の子と顔を合わせた上の子。

 

上の子がどんな反応をするかな?と、楽しみにしていましたが、当時上の子もまだ2歳。

 

状況がよくわかっていない様子でした。

 

それから私も無事退院し、家族4人での生活がスタートしました。

 

日中は、私が子供2人と過ごすわけですが、それはもう大変でした。

 

新生児の下の子のお世話はもちろんですが、上の子が急にわがままになり始めたのです。

 

まず、私が下の子を抱っこしていると、抱っこするなと怒り出しました。

 

次に、授乳しようとすると、上の子が私のひざに乗ってきて、邪魔しようとします。

 

最初は、やきもちを焼いている上の子がなんだかかわいく見えた私ですが、毎回同じことが続くと、だんだん腹がたってきました。

 

「邪魔しないで!」「どうしていつも同じことするの!?」「もうやめて!!」思わず、上の子を怒ってしまいました。

 

また、下の子をベビーベッドに置こうとすると、上の子が、自分がベッドで寝るといいだしました。

 

下の子のおしゃぶりを奪って、自分が使い、ベビーベッドに寝て満足そうです。

 

今思えば、2歳だってまだまだ赤ちゃんみたいなもの。

 

かわいいなと、上の子のことを思ってあげればよかったのですが、当時の私は違いました。

 

やはり、新生児と並ぶと、上の子のほうがだいぶ大きいし、立派なお兄さんに見えるのです。

 

それなのに、赤ちゃん行動をする上の子にイライラがとまりません。

 

気づけば、私は毎日上の子を怒り、下の子をかばうようになりました。

 

2歳の上の子が赤ちゃん返りで指しゃぶりをするように…

 

赤ちゃん返り

 

ある日、2歳の上の子が指しゃぶりをしていました。

 

赤ちゃんの頃から、ほとんど指しゃぶりをしなかった上の子。

スポンサーリンク

 

指しゃぶりをしていると、歯の形がおかしくなると聞いたことがあったので、上の子は指しゃぶりをしない子でよかったと思っていました。

 

それなのに、今更、がっつり指しゃぶりを始めたのです。

 

何度も注意しますが、本人も無意識でしてしまうようで、なかなかやめられません。

 

目を離すとすぐ、指しゃぶりを始める上の子。

 

一日中指しゃぶりをしていました。

 

特に寝る前は、指しゃぶりをしないと眠れなくなってしまったようで、指しゃぶりが全然やめられません。

 

どうしようもないので、小児科の先生に相談してみました。

 

寂しさの表れだから、「上の子のこともよく見てあげて。」と先生に言われました。

 

ショックを受ける私。

 

指しゃぶりは私のせいなの?

 

2人の育児に疲れ、ストレスがたまっていたころだったので、先生の言葉にはすごく落ち込みました。

 

しかし、他の保健師さんに、「いつか指しゃぶりしなくなるから、大丈夫!今はまだ焦らずに様子をみましょう。」と励まされました。

 

 

この保健師さんの言葉はすごくありがたかったです。

 

自分が追い詰められているとき、優しい言葉をかけられると、本当に救われました。

 

その時、私は気づいたのです。

 

下の子が産まれ、寂しい思いをしている上の子に対して、さらに厳しい言葉をかけ、追い詰めていたのではないだろうかと。

 

私は、これまでの上の子への態度をすごく反省しました。

 

上の子の赤ちゃん返りへの対応

 

上の子と下の子とママ

 

上の子への態度を改めようと決意した私。

 

上の子に対して、次のような対応をしました。

 

上の子に「ちょっと待って」と言わない。
上の子が甘えてきたら、全身で受け止める。
上の子優先の行動をする。(下の子のことは後回し)
上の子が指しゃぶりをしていても、無理にはやめさせない。

 

今まで以上に、上の子のことを大切にした生活を心掛けました。

 

下の子には悪かったけれど、下の子はまだ赤ちゃん。

 

後回しにしてでも、上の子の気持ちを優先しました。

 

この生活を始めてからも、急には上の子のわがままはなくなりませんでした。

 

でも、人に迷惑をかけるようなわがまま以外は、ある程度のことはすべて受け入れるようにしました。

 

するとどうでしょう。

 

ある日、上の子が「○○くん(下の子)が泣いてるよ!抱っこしたあげて!」といってきたのです。

 

その言葉にすごく感動した私。

 

思わず上の子のことを抱きしめました。

 

まとめ

 

いつ頃だったでしょう。

 

ふと、気づくと、上の子は指しゃぶりを全くしなくなっていました。

 

私も、指しゃぶりを気にしないようになっていたので、いつやめたのかわかりませんでしたが、上の子が幼稚園に入園するころには、指しゃぶりは全くしていませんでした。

 

保健師さんの励ましどおり、必要以上に気にしなくても、大丈夫だったのです。

 

やはり、赤ちゃん返りには、とことんつきあい大きな心で包んであげることあなたのことが、ママはとっても大事だよ伝えてあげることが一番です。

 

きっと、いつの日か、その態度に子供も気づいてくれるはずです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました