年賀状をやめる方法友達編を知る!失礼にならない挨拶の文例とは?

年賀状 やめる 文例 友達 季節行事

 

友達に送る毎年の年賀状を面倒に思い始めたら、それはやめ時のサインかもしれません。

 

しかし、やめるにしても相手に不快感を持たれないよう、気持ちよくやめたいですよね。

 

友達へ送る年賀状をやめる時、キレイにやめるにはどんな方法があるのでしょう?

 

毎年の年賀状に疑問を持ち始めた人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

年賀状をやめる方法友達編!おすすめのやり方を伝授!

 

「友達に年賀状を送るのはもうやめる!」

 

そう思っても、実際に行動に移すのは難しいですよね。

 

友達に年賀状を出すのをやめるのに一番効果的な方法は、ずばりこれです!

 

●年賀状を送るのはやめるということを正直に伝える

 

余計なことをあれこれ考えるより、やっぱり正直に伝えることが一番ではないでしょうか。

 

終活という年齢でもない限り、いきなり年賀状をやめると言い出すのには勇気がいりますよね。

 

しかし、面倒だなと思いつつも続けたり、フェードアウトを目論んで出さないでいるのは、逆に失礼に当たると思いませんか?

 

緊張はしますが、年賀状をやめるという旨を、友達にはっきりと伝えるのがベストでしょう。

 

その際に気を配りたいポイントを、次にご紹介します。

 

・付き合いは継続したいことを伝える

 

「年賀状を出さない=あなたとはもう付き合わない」ということではないと、友達にしっかり伝えます。

 

ただやめると伝えられても、友達も不安を覚えるでしょう。

 

場合によっては、不審に思われてしまうことにもなりかねません。

 

「年賀状には面倒が多いからやめたいだけ」という点を伝えておけば、友達も納得してくれるのではないでしょうか。

 

「実は私もそう思ってたんだ」と、相手からも切り出してくれるかもしれませんね。

 

・年賀状の代わりにメールなどでやり取りしたいことを伝える

 

友達のことが嫌いになって年賀状をやめるわけではないのなら、代わりの連絡方法を確保しておくのがいいでしょう。

 

相手があなたのメールやSNSのアドレスを知らないのであれば、これを機に教えてあげるのもいいですね。

 

年賀状を送らなくなっても、年末年始に友達がどう過ごしているかは気になるものです。

 

ただ年賀状をやめるで終わってしまうのではなく、別の方法でなら繋がっていたいという気持ちを伝えることが大切ですよね。

 

このように、友達への年賀状をやめるには、正直にその気持ちを伝えることが大切だと思われます。

 

その時に相手へのフォローをすることも忘れなければ、年賀状を出さないからといって嫌われたりすることもないでしょう。

 

年賀状をやめる挨拶の文例友達編が知りたい!失礼にならない内容とは?

 

 年賀状 やめる 方法

 

 

年賀状をやめる時には、メールや寒中見舞いなどでその旨を報せましょう。

 

その挨拶のやり方を間違えてしまうと、相手に失礼になったり、嫌な気持ちを与えてしまうかもしれません。

 

そうなると、あなたは友達関係を継続したくても、相手がそれを望まないという結果にもなりかねないのです。

 

そんなことになっては悲しいですよね。

 

そういうわけでこちらでは、年賀状をやめるという挨拶として、おすすめの文例をご紹介します。

 

自分と友達の関係に重ね合わせ、使いやすい文例を選んでみてくださいね。

 

文例その①

 

「○○ちゃん、あけましておめでとう!
いきなりだけど、今年から年賀状をやめることにしました。
年末は忙しいから、そうさせてもらおうかなって。これからは、LINEとかで連絡を取り合いたいな!
自分勝手で申し訳ないけど、よろしくお願いします!」

 

こちらは、年賀状の代わりにメッセージで挨拶をするパターンですね。

スポンサーリンク

 

年賀状を送ることはもうやめるという点を、はっきりと伝えています。

 

代わりにLINEで連絡を取りたいと、代替的な連絡方法の提案もしていますね。

 

最後にさり気なく、自分勝手な振る舞いを謝るのも印象がいいのではないでしょうか。

 

文例その②

 

「メリークリスマス☆
悪いけど、次から年賀状はなしにするわ。代わりに、メッセージで新年の挨拶にしたいんだけどいいかな?
○○も、オレへの年賀状はやめていいよ!」

 

こちらは、年明け前に伝えるパターンです。

 

いきなり年賀状をやめるとは言いにくいなら、他の要件のついでに伝えるという方法もあります。

 

自分も年賀状を送らないから、相手にも年賀状をやめていいよと伝えるのも、いい方法ですね。

 

「自分は出し続けるべき?」と、相手に考えさせる必要がなくなるからです。

 

文例その③

 

「こんにちは!
いきなりなんだけど、来年から年賀状をやめることにしたんだ。○○の年賀状はデザインがよくて好きだけど、私は毎年考えるのが大変で…。
これからはLINEでメッセージするし、それで許して?私のLINEは******だからね、よろしく~!」

 

12月あたりになって、相手が年賀状を用意する前に送る挨拶の文例です。

 

普通の話題にして、下手に深刻そうな感じを出さないのも重要ですね。

 

若い年代が年賀状をやめると言うと、「え、何で?」という反応も多いですからね…。

 

年賀状をやめるということを伝えるのと同時に、新しい連絡先を教えておくのも忘れないようにしたいですね。

 

文例その④

 

「○○!
オレ、年賀状やめるってよ!ってことで、次からは年賀状を出しません!
これからはLINEでメッセするし、よろしくな!」

 

親しい友達になら、冗談めかして宣言するのもおすすめです。

 

あなたが普段からお調子者キャラなら、こういう挨拶の仕方も悪くはないでしょう。

 

かなりラフな文例ではありますが、これからはLINEで連絡を取りたい点も忘れずに触れていますね。

 

文例その⑤

 

「○○、私、年賀状送るのやめました。
だって毎年忙しくてさ、文面考えるのも大変なの!思い切って、仕事関係以外は年賀状をやめる決断をしました!
今まで、楽しい年賀状を送ってくれてありがとうね。これからは、インスタで私の年末年始の様子をチェックしてみて~。
インスタIDは*****だよ。
LINEでもあけおめメッセするね!」

 

こちらも、かなりラフな文例です。

 

その中にも、自分が年賀状をやめる理由、今まで年賀状のやり取りをした友達への感謝が読み取れます。

 

新しい連絡先としてインスタのIDを教えたり、LINEでメッセージを送ることも伝えています。

 

あなたとは繋がっていたいんだよという気持ちは、友達にもきっと伝わるでしょう。

 

以上、年賀状をやめることを友達に伝える挨拶の文例をご紹介しました。

 

先にご紹介した「友達関係は続けたい」「これからはこの連絡方法で」という2点を押さえておけば、問題はないでしょう。

 

文体や表現を変えて、あなたなりの伝え方をしてみてくださいね。

 

まとめ

 

年始めに届く年賀状を、毎年楽しみにしている人もいるでしょう。

 

その反面、年賀状を書くことに負担を感じている人がいるのも事実ですね。

 

終活と称して年賀状をやめるのは、さほど難しくないかもしれません。

 

しかし、若いうちにやめるという決断をするのは、とても勇気がいることだと思います。

 

個人的には、負担を感じてまで書き続ける意味があるのかは疑問に思っています。

 

年賀状というひとつの習慣をやめることには、もちろん賛否両論あるとは思います。

 

なるべく相手に不快感を持たれないよう、年賀状をやめることができるといいですね。

 

その方法として、今回の記事を参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました