大歩危小歩危紅葉の見頃や混雑情報!遊覧船や吊り橋などについても!

大歩危小歩危 紅葉 見頃 紅葉

 

美しい景観が評判の徳島県吉野川の渓谷、「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」。

 

その長さはおよそ8キロにものぼり、あたりには雄大な自然が広がっています。

 

2億年の時を経て、吉野川の激流によってつくられたその景色は、まるで大理石でつくられた彫刻のよう。

 

まさに圧巻です。

 

そんな大歩危小歩危は、秋になるととっても素敵な紅葉を見ることができるんですよ。

 

今回は、大歩危小歩危で紅葉見物をお楽しみいただくためのお役立ち情報をご紹介したいと思います。

 

紅葉の見頃やおすすめの観光スポット「祖谷のかずら橋」など、内容盛りだくさんでお届けします。

 

スポンサーリンク

 

大歩危小歩危紅葉の見頃はいつ?

 

大歩危小歩危 紅葉 見頃

 

はじめに、大歩危小歩危の紅葉の見頃についてご紹介します。

 

大歩危小歩危の紅葉の見頃は、例年11月中旬~11月下旬となっています。

 

なので、大歩危小歩危の紅葉見物には、この時期にあわせておでかけくださいね。

 

もちろん、その年の気象状況によっても紅葉の見頃は変わってきますので、お出かけの直前まで天気予報のチェックは忘れないようにしてください。

 

大歩危小歩危紅葉の混雑情報!

 

大歩危小歩危 紅葉 見頃

 

紅葉の時期には、全国各地からたくさんの人々が大歩危小歩危に訪れます。

 

私は車で日曜日に行ったのですが、かなりの人と車で混雑していました。

 

行く道も渋滞していて、結構大変です。

 

紅葉の時期は混雑していますが、待ってでも見る価値のある光景ですよ!

 

皆さんにも是非、大歩危小歩危の見事な紅葉をご観賞いただきたいと思います。

 

 

大歩危小歩危を遊覧船でも紅葉見物してみよう!

 

大歩危小歩危 遊覧船 紅葉

 

大歩危小歩危では、遊覧船に乗っての紅葉見物も楽しむことができるんです。

 

遊覧船からの紅葉の眺めは、本当に最高です!

 

遊覧船では、船頭さんが大歩危小歩危などについて独特の口調で面白いガイドがあり、みんなを楽しませてくれます。

 

さらに遊覧船からは、国指定天然記念物「含礫片岩(がんれきへんがん)」も間近でみることができるんです。

 

きっと素敵な旅の思い出になること間違いなしです!

 

大歩危小歩危遊覧船情報!

*所在地:〒779-5451 徳島県三好市山城町西宇1520  TEL:0883-84-1211

 

【営業時間】
*平日:9:00~16:00 ※15:30が最終出航です。
*土曜・日曜・休日:9:00~17:00 ※16:30最終出航です。

【定休日】
*年中無休
※但し、増水や強風など遊覧船の運行に支障をきたす場合には、欠航することがあります。

【料金】
*大人:1200円
*子供:600円(3歳から小学生まで)

【団体料金】※15名以上から割引があります。
*大人:1080円
*子供:540円

【運行所要時間】
*往復30分でおよそ4キロです。
*随時運行となっていて、1時間に2~3本の運行です。
*予約制ではないので、予約をしなくても乗船できます。

 

大歩危小歩危 遊覧船 紅葉

 

大歩危小歩危へのアクセス方法

徳島空港からのアクセス

徳島空港からリムジンバスに乗り、終点のJR徳島駅で下車。

JR徳島駅から徳島線「阿波池田」行きで終点のJR阿波池田駅で下車。

JR阿波池田駅からJR土讃線高知方面行きに乗り換えて、5つ目の「大歩危駅」で下車。

 

 

神戸方面から車でお越しの場合

明石大橋を経由して、徳島自動車道の「井川池田料金所」で高速を降り、国道32号線・高知方面へ

 

大歩危小歩危について

 

大歩危小歩危 紅葉 見頃

 

 

大歩危は、吉野川中流域に位置する渓谷。

 

そして、数キロ下流の小歩危と合わせて、大歩危・小歩危と呼ばれています。

 

国の天然記念物、名勝に指定され、さらには剣山国定公園にも含まれています。

 

大歩危駅から下流に向かって1キロメートルほどの場所に「ラピス大歩危」という、岩石・鉱物を展示した博物館があります。

 

この場所、あの「こなきじじい」発祥の地として有名なのです。

 

あたりには、150もの妖怪にまつわる伝説があり、妖怪村としての地域おこしが盛んにおこなわれています。

 

そう、大歩危小歩危は自然や景観以外にも見どころ満載なのです。

 

そして、すでに気になっている方もいらっしゃると思いますが、その名前の由来。

 

大歩危小歩危という名前・・・面白いうえにちょっとかわいい響きですよね。

 

実はこの名前の由来、2つの説があるのです。

 

ひとつは「大股で歩くと危ないから大歩危」、「小股で歩いても危ないから小歩危」から付けられたという説。

 

そしてもうひとつは、断崖を意味する古語「ほき(ほけ)」から付けられたという説です。

 

いずれにしても興味深いですよね。

 

個人的には、「大股で歩くと危ないから大歩危」、「小股で歩いても危ないから小歩危」の方が、この場所の様子が伝わりやすくていいかな~と思うのですが。

 

大歩危小歩危の見どころをご紹介!

 

大歩危小歩危には、先ほどご紹介した遊覧船の他にも、その渓谷美を堪能できる様々な楽しみ方があります。

 

そのうちのいくつかをご紹介します。

ラフティング

*所在地:〒779-5343 徳島県三好市山城町柴川1101 TEL:0883-76-6030

 

大歩危小歩危は、日本一の激流と言われていて、ラフティングの名所としても人気なんです。

 

大歩危小歩危 ラフティング おすすめ

 

絶景の中をゴムボートで駆け抜け、水しぶきがあがる様子はスリル満点。

 

気分もそう快です!

 

RAJ認定のインストラクターの方が、親切ていねいに教えてくれますので、初心者の方でも安心ですね。

 

大歩危小歩危 ラフティング おすすめ

 

そして、大歩危小歩危と言えば、やっぱり四季折々の自然の美しさ。

スポンサーリンク

 

春には桜、夏には新緑に輝く渓谷、秋には紅葉、そして冬には雪化粧がほどこされた素晴らしい景色がお楽しみいただけますよ。

 

なんど訪れてもお楽しみいただけるのが、大歩危小歩危の一番の魅力ですね。

 

大歩危小歩危 紅葉 見頃

 

四国まんなか千年ものがたり

 

四国まんなか千年ものがたり

 

こちらは、情緒あふれる観光列車です。

 

素敵な車内でゆったりと景観を眺めることができるということで、観光のお客様にたいへん好評です。

 

さらに地元の食材をぜいたくにつかったこだわりの食事も食べることができますよ。

 

【営業期間】

*通年

【お問い合わせ】

*JR四国
*TEL:0570-00-4592

 

ボンネットバス

*所在地:〒778-0003 徳島県三好市池田町サラダ1612−27

 

こちらは、JR阿波池田駅から発着する定期観光バスです。

 

レトロな雰囲気ただようバスで、とっても趣があって子供たちにも大人気。

 

もちろん、バスガイドさんによる楽しいお話も聞くことができますよ!

 

車窓から広がる、美しい景観。

 

さらに、バスを降りての名所観光もお楽しみいただけます。

 

そのうえ、美味しい食事も付いていて、とってもお得なんですよ。

 

【お問い合わせ】

*四国交通
*TEL:0883-72-2171

 

大歩危小歩危では吊り橋(祖谷のかずら橋)も楽しもう!

 

大歩危小歩危 吊り橋

 

大歩危小歩危までお出かけしたら、さらに祖谷渓まで足をのばしてみてください。

 

スリル満点の吊り橋(祖谷のかずら橋)がお楽しみいただけますよ。

 

この祖谷のかずら橋は、単なる吊り橋ではありません。

 

踏み板の間隔がとっても広くなっていて、高いところが苦手でない方でも思わず足がすくんでしまうほどの吊り橋なんですよ。

 

下を流れる川も踏板の間からしっかりと見えますし、うっかりすると足を踏み外してしまいそうと思ってしまいます。

大歩危小歩危 吊り橋

 

祖谷のかずら橋は一方通行になっていて、ゴールデンウイークや夏休みなど観光シーズンには、大勢の人が一度に橋を渡らないように、人数制限をして調整されているのですが、とにかく吊り橋が揺れるのです。

 

私は初めて渡った時は恐怖のあまり悲鳴を上げてしまいました。

 

私だけではなく、結構あちこちで悲鳴が上がっていました!

 

周りには雄大な自然が広がっていて散策にはもってこいの場所ですが、祖谷のかずら橋を渡っている間は、周りの絶景を眺める余裕はなく、ただひたすら足元を見ながら吊り橋を渡り切るのに必死でした。

 

祖谷のかずら橋は、長さが45メートルとそんなに長い吊り橋ではなく、渡っているのは時間にすると5~6分ぐらいだったのですが、私には長~い時間に感じられました。

 

とにかく、スリル満点でドキドキする祖谷のかずら橋は、実際に渡ってみないとその面白さは語れません。

 

旅の記念にぜひ、祖谷のかずら橋を渡ってみてくださいね。

 

祖谷のかずら橋では、その時間に渡ることはできませんが、19:00~21:30の間、毎日ライトアップされているんです。

 

暗夜の中に照らしだされた、祖谷のかずら橋も夢幻的で素敵ですよ!

 

また、祖谷のかずら橋を渡るときには、スニーカーなどきちんとした靴で行くのをおすすめします。

 

特に、女性の方はヒールなどかかとの高い靴で行ってしまうと、足元が安定しないので、よりスリル満点になってしまいますよ。

 

祖谷のかずら橋 アクセス

 

祖谷のかずら橋概要

所在地:〒778-0102 徳島県三好市西祖谷山村善徳162−2

 

【営業時間】

*4月1日~7月20日:7:00~18:30

*7月21日~8月31日:6:30~19:00

*9月1日~9月30日:7:00~18:30

*10月1日~11月30日:7:00~17:30

*12月1日~2月12日:8:00~17:00

*2月13日~3月31日:8:00~18:00

 

【定休日】
*無休

 

【料金】

*大人(中学生以上)¥550

*小人(小学生)¥350

*幼児 無料

 

【団体割引料金】

※20人以上(小人も含む)で適用

*大人 ¥500

*小人 ¥320

 

【お問い合わせ】

三好市観光案内所 TEL:0883-76-0877

 

祖谷のかずら橋へのアクセス方法

 

祖谷のかずら橋 アクセス

 

祖谷のかずら橋 車でのアクセス

徳島自動車道「井川池田インターチェンジ」で高速を降り、国道32号線・高知方面へ

 

祖谷のかずら橋 バスでのアクセス

JR大歩危駅から四国交通バスの「かずら橋行き又は久保行き」に乗り、「かずら橋」のバス停か「かずら橋夢舞台」のバス停で下車します。

そこから、徒歩でおよそ3分です。

 

祖谷のかずら橋駐車場情報!

 

祖谷のかずら橋 駐車場

 

かずら橋夢舞台(市営駐車場)

*所在地:〒778-0102 徳島県三好市西祖谷山村今久保345−1 TEL:0883-87-2200

 

【営業時間】

*4月~11月:9:00~18:00

*12月~3月:9:00~17:00

 

【定休日】
*無休

 

【料金】

*普通車・軽自動車:¥500

*二輪車:¥210

*大型バス:¥1,570

*中型バス:¥1,050

 

【収容台数】

*普通車:286台

*大型バス:14台

まとめ

 

本日は、大歩危小歩危の紅葉をお楽しみいただく際のお役立ち情報をご紹介させていただきました。

 

徳島県民が愛してやまない大歩危小歩危!

 

皆さんにもその素晴らしさを、ぜひご堪能いただきたいです。

 

四季折々の自然の景色や、観光が楽しめる数々のアトラクションもあって、きっと皆さんにもご満足いただけることでしょう。

 

今年の紅葉見物は、大歩危小歩危にお出かけしてみませんか。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました