トイレ掃除方法の大切なポイントをご紹介!洗剤選びのコツも!

トイレ 掃除 方法 掃除

 

家事の中でも結構めんどくさい部類にはいるトイレ掃除、中には好きな人もいますが苦手!って人、多いんじゃないでしょうか?

 

そんなトイレ掃除ですが、みなさんは正しい方法で出来ていますか?

 

掃除してもすぐに汚れる。
なんだかいつもトイレが臭う。

 

そんなお悩みがある方、実はトイレ掃除の仕方が間違っているかもしれません!

 

今回は、正しいトイレ掃除の基本的な流れやポイントを細かくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

永久保存版!!これが正しいトイレ掃除方法だ!

 

まずこれは、どこのお掃除にも言えることでありますが、トイレ掃除は上から下へ、が基本中の基本です。

 

雑菌は、トイレ中に住み着いていますが、まずは比較的綺麗な箇所から、汚い箇所の順でお掃除してください。

 

1番最初は、壁です。

 

えっ!壁!?と思う方もいるかもしれませんが、実はトイレの壁って臭いの原因になることもあります。

 

そこで、まずは壁をお掃除シートで拭きあげます。

 

もし、臭いや汚れが特に気になる!って方は、トイレ用の洗剤か住宅用の洗剤を使ってもいいでしょう。

 

次に忘れがちなのが、水受けです。

 

ついているトイレとついていないトイレがあるかと思いますが、ここも結構ホコリがたまり不潔になりがちです。

 

そして、便器の蓋の表側、裏側
座る部分の表側、裏側
便座の表側、裏側

の順で拭いていきます。

 

拭き終わったら、便座の中をクリーナーを使いながらブラシでこすります。

 

ちなみに、トイレブラシって結構汚いので、頻繁に買い換えるか、使い捨てタイプのものを使用するのをおすすめします。

 

便座の中が終わったら、最後に床を拭いておしまいです。

 

これが、基本的なトイレ掃除方法の流れです。

 

難しく感じるかもしれませんが、とにかく上から下!表から裏を覚えておいてください。

 

 

トイレ掃除で気になるよごれ別洗剤選びのコツ

 

トイレ 掃除 コツ

 

 

先程の方法でちゃんと掃除していても、やっぱり使っていくうちにいろいろな汚れがついてきます。

 

普段のお掃除でとれない汚れは、その汚れにあった洗剤を正しく使うことで、またピカピカにすることができます。

 

まずは、ステンレス部分のくすみ、手垢、これは水道水や空気中のミネラル成分やカルシウム成分が蓄積されたものなので、酸性の洗剤がよく効きます。

 

酸性の洗剤がない場合は、お酢やレモン汁で代用できます。

 

お水とお酢、レモン汁を2:1で混ぜ合わせたものを、ステンレス部分にキッチンペーパーなどでパックして1時間ほどおくとピカピカになります。

 

あと多いのが、便器の中の黒ずみ。

スポンサーリンク

 

これはカビや、水垢が酸化したものです。

 

かなりひどい場合は、塩素系のアルカリ洗剤が有効ですが、そこまでではない場合は、まず重曹でお掃除してみてください。

 

黒ずみ部分に重曹をふりかけて、ブラシでこすれば落ちてくれます。

 

重曹は柔らかいので、便器が傷つくということもありませんよ!

 

同じように、黄ばみにも重曹は効果的です。

 

ちなみに黄ばみは、尿の中のカルシウムが結晶化したものです。

 

そして、忘れちゃいけないのが臭い!

 

どこから臭うかによりますが、ただなんとなく臭う、という場合は壁や床から臭っている可能性が高いので、壁や床を酸性のクリーナーを使って掃除してみてください。

 

おすすめはクエン酸、もしくは家であるもので済ませたい場合は、レモン汁です。

 

先程と同じように、2:1で希釈して使ってくださいね。

 

それでも気になるなら、排水管から臭っている可能性があります。

 

これはつまりからくるものなので、パイプ詰まりをとる洗剤を薬局などで購入して使ってみてください。

 

その後は、臭いの予防のために、酸性のクリーナーを便器内のため水にたらしてください。

 

ここまで読んでお察しのいい方はお気づきかと思いますが、トイレの中のやっかいな汚れは、大抵重曹か酸性のクリーナーで落とせます。

 

これらは、トイレ以外のお掃除にも使える汎用性の高いものなので、ぜひ用意しておいてくださいね。

 

 

トイレ掃除はできれば毎日!

 

トイレ 掃除 毎日

 

 

苦手な人も多いトイレ掃除ですが、できれば毎日。

 

最低でも3日に1回は、かならずやるようにしてください。

 

トイレに限らず水回りは、やらなければやらないほど頑固な汚れがついてしまい、どんどん掃除が大変になってしまいます。

 

そうならないためには、毎日ちょっとのお掃除を続けることで、やっかいな汚れを予防するにかぎります。

 

ブラシを使うのが大変だったら、拭きあげだけ毎日で、ブラシは2日に1度でもいいでしょう。

 

とにかく、できるだけ毎日続けましょう!

 

まとめ

 

北陸地方では、古くから家を建てるときや、改築のときにトイレの地下に神様に似たてた2体の土人形を埋める風習があります。

 

また、風水ではトイレは家族の健康を司る非常に重要な場所で、常に清潔にしていないと病気や怪我が増えると言われています。

 

このように、トイレは汚れやすい場所ではありますが、神聖な、重要な場所であるとされてきました。

 

たしかに、ここをきれいにしておくと、清潔が保たれるだけではなく、気分的にも気持ちよく生活することができますよね。

 

めんどくさいトイレ掃除ですが、ぜひ正しい方法を取り入れて習慣化してみてくださいね!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました