空手を子供が習うメリットとは?効果や道場の選び方などもご紹介!

空手 子供 メリット 習い事

 

子供に、礼儀を学ばせたい!

 

そう思ったとき、家庭でしっかり躾けることももちろん大事ですが、おすすめの習い事があります。

 

それは、「空手」です。

 

やはり、武道は、礼儀を重んじています。

 

中でも、幼児期から空手を習うことはたくさんのメリットがあります。

 

今回は、わが家の実体験をもとに、子供が空手をならうメリットなどについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

空手を子供に習わせるメリットをご紹介!

 

空手を息子に習わせてみてわかったメリットをいくつかご紹介したいと思います。

 

あいさつなどの礼儀が学べる

 

教室によって差はあるとはいえ、多くの空手教室では礼儀を大切にしています。

 

師範(指導員の先生)には、必ず挨拶するとき、「押忍」といい、腕で十字を切ります。

 

着替えて、道場に入る時、また遅れて道場に入る時など、必ず「押忍」と元気に言います。

 

また、相手の話を聞くときは、姿勢を正して正座し、相手を敬う心なども空手の稽古を通して自然と身についていきます。

 

幼児期でも、自然と礼儀が身につき、中でも挨拶については、しっかりできるようになりました。

 

幼稚園でも、小学生になってからも、息子は挨拶をいつも褒められていました。

 

これも道場で挨拶の大切さを、植え付けらえたおかげでした。

 

集中力が養える

 

空手は、静と動の切り替えが激しい武道です。

 

集中力なしにはできません。

 

そのため、空手道場に通い、練習していくうちに、自然と集中力がつくようになります。

 

幼稚園生で習い始めた当初、落ち着きのなかった息子も、小学生になるころには、かなり集中力のある子に育っていました。

 

精神、肉体ともに鍛えられる

 

空手教室に通うと、空手の型や組手を学びます。

 

それ以外にも基礎練習で、体力づくりも行うため、日々、肉体的に鍛えられます。

 

また、空手教室での稽古は一人でするわけではなく、たくさんの仲間とともに行います。

 

1人だったら投げ出してしまいそうな辛い練習でも、一緒に頑張る仲間がいると、励まされるし、ひとりだけ音を上げるわけにはいきません。

 

もちろん、練習してもなかなかうまくいかないこともありますが、それを乗り越えることで精神的な強さも身につけることができます。

 

(いい意味で)勝負にこだわる、負けず嫌いの性格になる

 

武道をやる以上は、勝ちにはこだわります。

 

組手では、相手と戦います。

 

全力でやりあう組手は、子供にとって、とてもハードなもので、みんな真剣です。

 

試合で負けたら悔しいし、もっと強くなりたいと思うものです。

 

勝った時の喜びと、負けた時の悔しさを知ることは、子供が成長し、生きていく上で、とても大切なことです。

 

わが子も、空手を習ったことで、負けず嫌いになりました。

 

悔しさをばねに大きく成長できるのが空手です。

 

ストレス発散になる

 

小さい男の子は、テレビ番組で戦隊ものをみて、マネして戦いごっこをするのが大好きです。

 

また、小学校の高学年から中学生にかけては、反抗期に入る子供もいるでしょう。

 

空手は、そんな子供の有り余るエネルギーを発散させるのにも最適なのです。

 

普段の遊びで、お友達を叩いたりするのはよくありませんが、空手の組手では、相手と思いっきりやりあえます。(もちろんルールは守って)

 

元気な男の子で、家では手に負えない場合も、空手教室に通えば、思う存分体をつかって、ストレス発散できるでしょう。

 

体幹を鍛えることができる

 

空手で、相手に強い蹴り、強い突きをするには、体幹が強くなければいけません。

 

空手教室で稽古をしていると、自然と体幹が鍛えられるのです。

 

体幹が強いと姿勢もよくなります。

 

最近は、スマホやゲームの低年齢化で、姿勢が悪い子が目立ちます。

 

姿勢がよくなると、代謝もよくなり、エネルギー燃焼効率も上がります。

 

空手を子供に習わせることのデメリットってある?

 

空手 子供 デメリット

 

 

空手を習うメリットをたくさんご紹介しましたが、今度はデメリットについても見ていきたいと思います。

 

けがをする可能性がある

 

これは空手に限らず、スポーツの習い事全般にいえることですが、けがの危険性はゼロにはできません。

 

とくに、空手の組手では、相手と戦うわけですから、突き指、打撲などの可能性がないとはいえません。

 

もちろん、細心の注意をはらって、師範も指導しますから、頻繁にけが人がでるというわけではありませんが、可能性はあるということは頭に入れておいてください。

 

子供が組手を嫌がる可能性がある

 

おとなしいタイプの子だと、組手を嫌がる可能性があります。

 

組手は、自分を守ることも大切ですが、相手に向かっていく闘争心も大切です。

 

やられっぱなしでは、痛い思いをするばかりで、嫌になってしまうかもしれません。

 

負けた悔しさをばねに、強くなりたいと思う心をうまく引き出せるように、親のフォローも必要になってきます。

 

空手を子供が習うのは何歳からがおすすめ?

 

空手 子供 何歳から

 

 

わが家では、息子が幼稚園の年少(4歳)から、空手を習い始めました。

 

習い始めのころは、胴着がまだブカブカでかわいかったことを思い出します。

 

小さい子にも、先輩や師範が優しく(時には厳しく)指導してくれたので、幼稚園生からはじめても、全く問題ありませんでした。

 

幼児期からしっかり、礼儀を学べる点でも、早くから習い始めることはとてもいいことだと思います。

 

ただ、幼稚園生から習った場合、胴着を嫌がる子もいるかもしれません。

 

普段の服より最初は動きにくく感じるのです。

 

慣れてしまえば、大丈夫なのですが、体が小さく胴着を嫌がるようでしたら、小学生から始めるのもおすすめです。

 

空手は、上下関係もしっかりしていますので、先輩との関係、後輩に教える力をみにつけることもできます。

 

小学生の間、年齢の違う子たちとのかかわりを持てたことは、とてもいい経験になったと思っています。

 

空手を子供が習うのは何歳まで!?

 

空手 子供 何歳から

スポンサーリンク

 

 

さて、空手は何歳まで、習うのがいいのでしょうか。

 

空手は、大人になってから始める人も多く、高齢になってからも続けられる武道です。

 

70代になっても、空手を頑張っている人もたくさんいます。

 

子供の習い事として空手を始めた場合、小学生卒業や、中学生卒業のタイミングで辞める子が多いようです。

 

部活が大変になったり、学業に専念したいといった理由で辞める人が多いですが、また、大人になったときに趣味として再開することもできます。

 

自分で「茶帯まで進級したらやめよう。」など、目標を決めて、達成感を味わってから辞めるのもいいかもしれません。

 

もちろん、幼児期から習って、高校生、大人まで続けて黒帯まで行けたら文句ありませんが、自分の進路、他の習い事との兼ね合いで、決めてほしいと思います。

 

一度辞めたとしても、大人になったとき、また再開できるのは、空手の大きな魅力だと思います。

 

空手を子供が習ってみてわかったよい効果とは!

 

空手 子供 効果

 

 

わが家の息子が、空手を習ってみてわかった一番の効果は、礼儀が身についたことです。

 

挨拶は、大きな声でしっかりと、できるようになり、姿勢を正して、人の話を聞けるようになりました。

 

また、先輩を敬う気持ち、後輩のお手本になる心も育ちました。

 

空手を習わなければ、年齢の違う子たちとかかわることはなかったと思うので、これは本当によかったと思います。

 

稽古で分からないところは、先輩に教わり、後輩には、自分が教えることもあります。

 

小学生低学年も、幼稚園生には指導します。

 

指導する難しさを実感するから、先輩に教わる時は、感謝の気持ちを持つようになります。

 

この、上下関係を持てたことはとてもいい経験になり、今後社会にでていくにあたっても、とてもいい効果があると思います。

 

空手教室に子供が通うときの月謝はいくらが相場?

 

空手 子供 月謝

 

 

空手教室の月謝は、大体3000円~6000円くらいのところが多いです。

 

教室によっては、入会金や施設費などに数千円くらいかかるところもあるので、確認が必要です。

 

また、胴着、サポーターなどを最初に購入するので、初期費用で、一万円前後は用意することになるでしょう。

 

一般的に、学校の体育館や地区センターなどを貸し切っているので、月謝も比較的安く設定されているところが多く、師範が自分の道場をかまえているところは、月謝が高い傾向にあります。

 

子供に合った空手道場の選び方!

 

空手 道場 選び方

 

 

まずは、一度見学、体験にいってみることをおすすめします。

 

師範との相性は、とても大切です。

 

一度、子供に体験させてみて、子供の意見をきくことが一番重要です。

 

道場によって、稽古数も変わってきます。

 

基本的に、週二回の稽古をしている道場が多いですが、これも、道場によって違うので確認が必要です。

 

入門を決める前に、あいている曜日、稽古の時間もしっかりとチェックしてください。

 

また、道場にはさまざまなタイプがあり、全国大会に出場するのが当たり前という、いわゆるスパルタ道場もあれば、体力づくりを目的としている道場もあります。

 

運動神経抜群で、スポーツが得意、試合にたくさんでたい!と思っている子と、運動が苦手で、競い合うのが苦手なタイプの子では、選ぶ道場も変わってくると思います。

やはり、本人が一番頑張れる環境に身をおくことが大切です。

 

本人が、その道場にとけこみ、空手を楽しめる環境を探してほしいと思います。

 

空手を習ったら家でも型の練習をしよう!

 

空手 家で練習

 

 

前述したように、空手は道場によって、稽古回数が違います。

 

毎日通い放題のところもあれば、週に1回というところもあります。

 

毎日通い放題のところであれば、家で練習する必要はそれほどありませんが、週に1回のところでは、家での練習も必要になってきます。

 

特に、型を覚える場合、道場で習ったことを、家で復習することで、早く覚えることができます。

 

わが家では、道場で練習するときに、ビデオで撮影し、それを家でみて、型を確認したりして復習していました。

 

自分が練習しているところを撮影し、確認することで、どういうところを修正したほうがいいのかがわかりやすくなるのでとてもおすすめです。

 

また、基礎体力をつけるために、家で筋トレをしたり、休日に走り込みをしたりすることで、組手で戦う力をつけることもできます。

 

ですから、道場まかせにするのではなく、自主練をすることはとても大切です。

 

まとめ

 

今回は、「空手」についてお話ししました。

 

礼儀を学ぶことは、子供が成長していく上で、とても大切なことです。

 

空手で学ぶことは、将来役に立つことがたくさんあります。

 

また、道場に通うことで、学校以外のお友達ができることも、大きな魅力の一つです。

 

ともに、練習し、頑張った仲間とは、絆も強くなり、長く付き合っていく友達になれるはずです。

 

ぜひ、習い事の一つに検討してみてください。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました