休校にもう疲れたあなたへ 1日のスケジュールを提案!

休校 もう疲れた 子育て

 

新型コロナウイルスの感染防止で全国の学校で休校が続いています。

 

先日、国の緊急事態宣言が延長されることが決定し、各地域で休校の判断もいろいろですが、5月末まで休校がさらに延長される学校も多いようです。

 

5月末までとなると、長いところでは、丸3か月休校が続くことになります。

 

感染防止のためには、外出を自粛して、自宅待機することが安全ですが、ストレスがたまっている親子も多いのではないでしょうか。

 

わが家にも小学生の二人の息子がいますが、家で過ごす毎日に、子供たちもかなりストレスが溜まっている様子です。

 

親の方の疲れもたまっており、周りのママ友とラインで連絡を取り合っていても、みんなが「もう疲れた…。」「ストレスが半端ない…。」「まだ休校が続くなんて、精神が持たない…。」という声がたくさん上がっています。

 

新型コロナウイルスとの闘いは長期化する可能性もかなり高いといわれています。

 

休校で自宅で子供と過ごすことに疲れたという方のために、今回は、どうやったら休校中の生活を有意義に楽しむことができるかを実体験をもとに書かせていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

休校中も1日のスケジュールを立てて規則正しい生活を!

 

学校が休みになり、一番陥りやすいのが生活の乱れです。

 

学校があれば、遅刻しないように学校に行かなければならないので、早起きします。

 

早起きするためには、前日早く寝ようということになり、規則正しい生活が送れるわけです。

 

休校が始まったばかりの頃は、学校が休みでも規則正しい生活を心がけよう!と思っていた家庭でも、休校が長期化していくうちに、だんだん生活が乱れてきた頃ではないでしょうか。

 

今一度、親子で話し合って、もう一度気合を入れなおし、規則正しい生活を送るれるよう心がけていきましょう。

 

では、毎日家で生活する中で、どうやったら規則正しい生活を送れるのでしょうか。

 

まずは、生活がだらけてしまわないように、親子で話し合って、1日のスケジュールを立てるようにしましょう。

 

毎日毎日スケジュールをたてるのは大変ですので、休校期間中の大体の1日の流れを親子で決めることから始めましょう。

 

休校 1日のスケジュール

 

 

理想は、学校と同じ時間帯で学習をはじめるスケジュールです。

 

参考までに、わが家の一日のスケジュールをご紹介したいと思います。

 

わが家では、学校が再開したときも、スムーズに学校生活に戻れるよう、休校中も、毎朝8時30分から学習するような計画を立てました。

 

朝の勉強開始時間を決めることで、早起きを心がけるようになり、夜更かしもしなくなります。

 

学習する時間は、できれば午前中に計画することをおすすめします。

 

やるべきことを終わらせてから遊ぶほうが、後で嫌になって結局今日は勉強できなかった…という事態にならずに済むからです。

 

また、頑張って勉強を終わらせたら、大好きなテレビゲームができる!など、子供のやる気も促しやすいです。

 

朝の勉強時間は、低学年なら1時間程度でいいと思いますが、中学受験を考えている子、高学年の子においては、2、3時間は朝のうちに勉強したほうがいいでしょう。

 

受験を考えている子、塾に通っている子たちにおいては、塾の先生からのご指導もあると思いますので、そちらの方針に従ってほしいと思います。

 

低学年の場合は、集中力も続かないと思いますので、休校だからと言って、1日中勉強する必要はありません。

 

親子で決めた学習量をこなしたら、自由時間にして構わないと思います。

 

 

休校 1日のスケジュール

 

 

学習も大切ですが、わが家では、休校中にお手伝いもたくさん頑張ってもらっています。

 

朝の勉強が終わり、子供たちが自由に遊んだ後は、一緒にお昼ご飯作りをしています。

 

お昼ご飯作りは、時間をつぶすこともできますし、子供たちは案外楽しんでやってくれているのでおすすめです。

 

時間にたくさん余裕のある今だからこそできる、少し手の込んだお昼ごはんを子供たちと作って楽しんでいます。

 

生地からつくったピザや、パン、うどんなども自分でこねて作ってみると、大変ではありますが子供たちは大喜びです。

 

自分で苦労して作ったご飯はとてもおいしいようで、昼ご飯は親子でいつも楽しくおいしく食べることができています。

 

もちろん毎日手の込んだ料理を作るのは大変ですが、気持と時間に余裕がある日はぜひ、お昼ご飯作りを一緒に楽しんでみてください。

 

午後からの予定は、その日によって変えることにしており、毎日細かく予定をたてているわけではありません。

 

あまり細かく予定をたててしまうと、予定通りにやらなければ!と、こなすことに疲れてしまったり、逆にやる気がなくなってしまったりするので、あまり厳密にしなくていいと思います。

 

ただ、夕方は少し家の中でストレッチしたりそういう時間もいれておくといいと思います。

 

 

休校 ゲーム時間

 

また、家で1日中過ごすとなると、活躍してくれるのがテレビゲームです。

 

しかし、時間があるからと言って、テレビゲームばかりするのはおすすめしません。

 

ゲームは依存性のある遊びです。

 

長時間ゲームをするのは目にも悪いし、他の遊びをしなくなってしまいますので、わが家では休校中とはいえ、ゲームは1時間までと決めています。

 

ご家庭の判断で、ゲームをする時間は決めていいと思いますが、制限なく子供にゲームを永遠とさせるのはやめましょう。

 

そして、わが家では毎日夕飯の時間も18時からと決めています。

 

この時間もきちんと決めておくことで、夜寝る時間が大幅にずれてしまうことがありません。

 

また、夕飯前に子供たちにお風呂掃除を必ずやってもらうようにしています。

 

子供たちに決まった役割を与えることで、責任感を持たせることもできます。

 

ぜひ、無理のない範囲でお手伝いはたくさんさせてほしいと思います。

 

 

休校 1日のスケジュール

 

 

夕飯を食べた後は、お風呂に入り、その後は読書タイムとしています。

 

毎日子供たちは、この時間を楽しみにしてくれています。

 

息子たちはもう小学生ですが、今でも夜寝る前は、私が本を読み聞かせしています。

 

自分でもある程度の本は読める年齢になりましたが、私が読み聞かせすることで、その後その本について親子で語り合うことができるので、この時間はとても大切だと思っています。

 

毎日寝る前に親子でコミュニケーションをとることができるので、良い親子関係を築くのにとても有効な時間となっているのです。

 

子供たちもストレスがたまっているこの時期だからこそ、親子でコミュニケーションをとる時間を大切にして、子供の精神状態を確認してあげてほしいと思います。

 

そして、親子で本を読んだ後は、毎日夜の9時には就寝するようにしています。

 

そうすることで、十分な睡眠時間を確保することができ、次の日も気持ちよく早起きができます。

 

大体このような感じで、わが家では休校中の1日のスケジュールをこなしています。

 

とにかく、絶対守るようにしているのが、朝起きる時間朝学習を始める時間夕飯を食べる時間就寝する時間です。

 

重要なところだけ時間をきっちり決めておくだけでも、だらけることなく規則正しい生活を送ることができるのでおすすめです。

 

あまり細かくスケジュールを決めたり、学習時間をやたら長く設定したりすると子供もストレスが溜まってしまいます。

 

ただでさえ、日本中の人々がストレスが溜まっている時期です。

 

子供たちにもこれ以上ストレスを与えるのは危険ですので、あまりに厳しいスケジュールをたてるのは危険です。

 

無理のない範囲でスケジュールを考え、休校中も親子で楽しみながら規則正しい生活を送りましょう。

 

休校中は無料サービスを利用しよう!

 

休校 無料サービス

 

 

休校中の学習について、何をさせていいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

学校からの宿題だけでは、十分な量ではない場合、問題集を自分で購入して学習しているご家庭もあるかと思います。

スポンサーリンク

 

わが家でも何冊か問題集を購入しましたが、休校期間が長くなり、問題集を買い続けるのも金銭的に大変ですよね。

 

また、外出自粛中で、本屋に問題集を買いに行くのも大変ですし、ネットでは品切れも続出しています。(普段より高値で問題集が売られていたり…。)

 

そんな時、おすすめなのが、大手進学塾や、通信教育の会社が無料で提供してくれている無料サービスの教材です。

 

休校中の今、お得に利用できる教材サービスがかなり充実しています。

 

進学塾では、塾生ではない子も無料でオンライン授業を提供してくれているところもあります。

 

普段は何万もかけて受講しなければならない授業が無料でうけられるなんて、利用しないのはもったいないです。

 

オンライン授業を試したことがない子も、チャレンジできるチャンスですね。

 

ユーチューブなどでも、たくさんの学習動画を無料で視聴できるので、学習の中に取り入れてみるといいでしょう。

 

また、それぞれの通信教育会社が、ネットでダウンロードできる無料のテキストを提供してくれています。

 

普段通信教育をしていないご家庭でも、この機会にいろんな会社のドリルを無料でお試しできるのがとても嬉しいですよね。

 

それぞれのドリルの内容を無料で比べることができるのも今だからです。

 

お子さんが気に入れば、そのまま通信教育を始めるのもありですよね。

 

また、英検やプログラミングの講座など、普段なかなかできないようなことも、無料でできるチャンスがたくさん溢れています。

 

他にも、学習漫画や図鑑を今だけ無料で読み放題のサイトまでできており、普段では考えられないくらいお得なサービスがたくさん出ています。

 

図書館に行かなくても、無料でたくさんの本が読めるのは、便利でとてもうれしいですね。

 

調べてみると、やりつくせないくらい無料サービスが提供されていて、とても驚きました。

 

この機会を利用しない手はありません。

 

ぜひ、お得な情報を手に入れて、無料でたくさん学習しちゃいましょう。

 

わざわざお金を払って問題集を買わなくても、無料サービスだけで充実した学習をすることができるかもしれません。

 

 

休校中の外遊びはみんなどうしてる?

 

休校 外遊び

 

 

さて、学習面についてお話ししてきましたが、休校中は、子供たちの体力面も心配です。

 

いくらウイルスの感染防止とはいえ、毎日一日中家で過ごしていたら、体力は落ち、免疫力も下がってしまいます。

 

わが家では、毎日家の中でできるストレッチを心がけて行っていますが、やはり時には外にでることも必要かと思っています。

 

ずっと家の中で過ごしていると気が滅入ってしまいますよね。

 

外の空気を吸うだけで、視界も広がり気分がすっきりするものです。

 

とはいえ、公園が規制されている場所もあったり、子供が密集しているところで遊ばせるのは心配です。

 

わが家では、必ずマスク着用のもと、なるべく人がいない時間帯に外遊びをするようにしています。

 

3日に1度くらいの割合で外遊びをしています。

 

時間帯としては、お昼ごはんを早めに食べて、12時半頃から外にでたり、夕方16時頃から外に出たりしています。

 

この時間帯は、なかなか人がいないのでおすすめです。

 

外遊びの内容としては、親子でサッカーのパスの練習をしたり、縄跳びをしたりしています。

 

縄跳びでは、二重跳びの回数を親子で競ったりして楽しんでいます。

 

感染防止対策をしながら、外遊びをすることも、子供たちにとってはとても大切だと思います。

 

もちろん、スーパーなど人が多いところに子供を連れて行くのは危険ですのでやめてください。

 

しかし、外出自粛だからと言って、毎日子供を一日中家の中に閉じ込めておくのは無理があるのではないでしょうか。

 

人が密集していない時間帯を狙って外遊びをして体力を維持しておくのも、健康を保つためには必要です。

 

お友達と遊べないのはとても残念ですが、今は仕方ありません。

 

親子、兄弟で体を動かしてストレス発散してほしいと思います。

 

学校が再開したときに、元気に登校できるように、体力が落ちてしまわない努力をしておくことも大切です。

 

休校中の楽しい過ごし方をご紹介!

 

最後に、わが家で取り組んだ休校中にやってみて楽しかった過ごし方をご紹介したいと思います。

ジグソーパズル

 

休校 パズル

 

ピースが多いジグソーパズルに挑戦してみました。

 

普段は時間がなくてなかなか取り組めませんが、この機会を利用して親子で頑張ってみました。

 

完成したときの達成感と感動はとても大きかったです。

 

クッキング

 

休校 料理

 

先ほども少し書きましたが、親子でクッキングするのもおすすめです。

 

食事でもいいですし、おやつ作りなども子供たちは楽しんでやっていました。

 

作りながら、ドライイーストのおかげでパンは膨らむんだよとか、説明することで家庭科の勉強にもなります。

 

面白実験をやってみる

 

休校 過ごし方

 

 

子供たちがあっと驚くような家で簡単にできる科学実験をやってみるのもおすすめです。

 

わが家では、食塩とミョウバンの結晶作りに取り組みました。

 

理科の勉強にもなるし、面白いので子供たちは夢中になります。

 

レゴなどのブロックで超大作に挑む

 

休校 過ごし方

 

 

小学生になるとレゴなどのブロックもあまりやらなくなっていたのですが、この機会に超大作にチャレンジしてみました。

 

子供の想像力はすごいです。

 

時間をかけて作れるので、子供は超大作に挑み、すばらしい作品が完成していました。

 

 

映画鑑賞をする

 

休校 過ごし方

 

 

ディズニーやジブリ、その他のアニメの映画鑑賞をするのもおすすめです。

 

家を暗くして、ポップコーンとジュースを準備すれば、家が映画館に早変わり!

 

子供たちは大喜びでした。

 

家を映画館にして親子で鑑賞会を楽しみましょう。

 

家庭菜園を始めてみる

 

休校 過ごし方

 

 

自宅の庭やベランダで家庭菜園を始めてみるのもいいでしょう。

 

ミニトマト等は育てやすいのでおすすめです。

 

毎日の水やりを子供たちの日課にすれば、毎日観察して育てる喜びを知ることができます。

 

後々育てた野菜で料理をしたら、食育にもつながりますね。

 

本来ならこの時期、学校でも野菜などの栽培をする学年もあったでしょう。

 

そういった経験が学校でできなくなる分、家庭でチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

休校中の過ごし方についていくつかあげさせてもらいました。

 

休校期間中の時間がある今だからこそできる楽しみ方があると思います。

 

普段やりたかったけど時間がなくてできなかった遊びにチャレンジするチャンスです。

 

ぜひご家庭で工夫して親子で楽しんで過ごしていただきたいと思います。

 

まとめ

 

今回は、学校の休校延長に伴う子供たちの家での過ごし方について書かせていただきました。

 

みなさんストレスが溜まっている時期だと思います。

 

でも、この休校延長を前向きに捉えましょう。

 

普段時間がなくて取り組めないことに、じっくり親子でチャレンジするチャンスです。

 

こんなに時間に余裕がある日々は、滅多にありません。

 

今回の記事を参考に、親子でいろんなことにチャレンジしていただけたらと思います。

 

工夫次第では、案外家の中でも親子で学べる事、楽しめる事はたくさんあります。

 

学校再開の日までもうしばらく、家での生活を満喫しましょう。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました