子育てが辛い時期はいつ!?相談相手や疲れた時の解消法なども!

子育て 辛い 時期 子育て

 

子供と過ごす毎日は喜びや感動に満ち溢れています。

 

わが子は本当にかわいいものです。

 

しかし、それと同時に、育児には悩みや不安もつきものです。

 

子育てが辛い時期は誰にでも訪れる可能性があります。

 

もちろん私にもありました。

 

そんな時、私がどのようにして解消してきたか、これからお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

子育てが辛い時期っていつ!?

 

子育てが一番辛い時期って、一体いつ頃でしょうか。

 

その子供の性格にもよるし、その時の環境や体調もあるので、一番辛い時期というのは、各々違うと思います。

 

そこで、自分の子育てを振り返ってみました。

 

育児をしていると、その場面場面で、小さな悩みはたくさんありましたが、私は、特に辛かった時期が、2回ありました。

 

1回目は、子供が3、4カ月の頃でした。

 

うちの子は、当時、本当によく泣く子でした。

 

初めての育児で、ただでさえ、不安でいっぱいなのに、一日中泣き続けるわが子。

 

もうどうしていいのかわからなくなりました。

 

周りに相談できるママ友も当時はいなかったので、1人で塞ぎこんでしまった私。

 

毎日逃げ出したい気持ちでした。

 

2回目は、子供が幼稚園に入園し、パートを始めた時でした。

 

幼稚園に通いだすので、子育てが少し楽になると思い、パートを始めたのですが、まさかの登園拒否。

 

毎朝毎朝、「幼稚園に行きたくない!ママと離れたくない!」と泣いて暴れる息子。

 

登園拒否が2カ月も続いたときは、さすがに気が参りました。

 

無理やり幼稚園に連れて行くのが心苦しく、辛かったです。

 

また、仕事と育児の両立の大変さを身をもって実感しました。

 

子育てが辛いときには誰に相談すればいい?

 

 

子育て 辛い 相談

 

 

この2回の時期、内容は違えど、どちらもかなり悩まされ、辛かったです。

 

そんな時期を私がどのようにして乗り越えたかというと、どちらも「信頼できる人に相談する」ことで、かなり救われました。

 

1回目の時期は、周りに相談できる人が全くいなかったので、区の子育て相談を利用しました。

 

職員さんによって、相性はあるかもしれませんが、私の担当をしてくださった方は、私の相談に本当に親身になってくれました。

 

話の中で、私が子育てをしながら孤独になっていることを心配してくれ、子育てサークルを紹介していただきました。

 

子供が6カ月になって、サークルに入会したのですが、そこで初めて、私はママ友を作ることができました。

 

同じような悩みを抱えている人がたくさんいることに気づき、とても元気づけられました。

スポンサーリンク

 

サークルに入ったことで、親子共々楽しい経験をたくさんすることができ、子育てが初めて楽しいと思えるようになりました。

 

次に2回目に辛かった時期ですが、この時は幼稚園の先生が支えてくださいました。

 

「お母さん、私たちに任せてください。お子さんを大事にお預かりしますね。」と、いつも優しく力強い言葉をかけてくださったので、私の心は救われました。

 

泣いて登園拒否する息子に心が折れそうになった時、この先生だったからこそ、わが子を安心して預けることができました。

 

また、パート先にも恵まれ、時間に融通をきかせてくれたり、主婦の方たちが、先輩ママとしてたくさんのアドバイスをくださいました。

 

子育てが辛かった2回の時期、どちらも、私は周りの人たちに相談し、支えてもらいました。

 

孤独に育児を続けていたら、心身共に疲れ果て、ボロボロになってしまうところでした。

 

子育てに疲れたときの解消法とは!?

 

 

子育て 疲れ 解消法

 

 

周りの人に相談することで、育児疲れを解消できた私ですが、他にも、実践していた解消法がいくつかありますので、紹介したいと思います。

 

●ママ友とちょっと贅沢なランチをする(たまには自分にご褒美)

●夫が休みの日には、1人でゆっくりお風呂に入る(体の疲れを癒す)

●子供と一緒にお昼寝する(子供が寝ている間に家事を済ませるのではなく、一緒に休む!)

●家事は、できるだけ手抜きする(完璧主義を目指さない)

●好きなテレビを見る時間を作る(無理してでも、自分が好きなことをする時間を少しでも作る)

 

育児に疲れたときは、いかに上手にそのストレスを解消するかが大切だと思います。

 

育児に疲れ、ストレスをため込んでしまうといつか爆発してしまいます。

 

こまめに疲れを癒し、自分を大事にしてください。

 

身近な人に頼って、自分をとことん甘やかすことも、元気に育児をするためには必要なことです。

 

まとめ

 

私の経験をもとに、育児疲れの解消法をお話ししてきました。

 

子育てには、その時々に、悩みや不安があり、ストレスはつきものです。

 

育児から、ストレスを完全になくすことは無理です。

 

ですから、いかに上手に疲れを癒すか、自分をケアできるかが、大事になってきます。

 

周りに迷惑をかけまいと頑張りすぎることは、かえって悪い方向に進みます。

 

子育ては、決して一人ではできません。

 

ぜひ、支えてくれる人たちを大切にして、自分を甘やかしてください。

 

自分に合った解消法をみつけて、ストレスと上手につきあえたら、今までより楽しく子育てができるようになるはずです。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました