子供にひらがなをいつから覚えさせる!?効果的に教える方法とは!?

子供 ひらがな いつから 子育て

 

最近では、お子さんが小さいころから、教育に熱心なご家庭がとても増えています。

 

ひらがなをいつから覚えさせたほうがいいのか、気になっている方もたくさんいると思います。

 

今回は、わが家の経験をもとに、子供にひらがなをいつから覚えさせるべきなのか、お話ししていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

子供にひらがなをいつから覚えさせる!?

 

小学校へ入学すると、すぐにひらがなの勉強がはじまります。

 

一文字ずつ、読み方書き方を教えてもらえますので、入学前に焦って覚えさせなくてもいいと思うかもしれませんが、小学校入学時点で、ほとんどの子たちがひらがなを読めます。

 

小学校に入ってからは、「ひらがなをきれいに書く」練習をすると、思っていたほうがいいかもしれません。

 

入学時点で、ひらがなを読めない子はほとんどいませんし、多くの子が、ひらがなを書けます。(形はきれいに書けなくても)

 

小学校に入学してから、読み書きを学ぼうと思っていたら、授業についていけず、お子さんが大変な思いをするかもしれません。

 

入学前に、せめて、ひらがなを読めるようになっておくことをお勧めします

 

小学校になると、一年生でも、連絡帳を自分で書くことになります。

 

そういう意味でも、ある程度、ひらがなを読み書きできるようになってから入学しなければ、苦労することが多くなってしまうのです。

 

でも、ひらがなの学習をそんなに難しく考えることはありません。

 

最近では、幼稚園でひらがなを学習する幼稚園もたくさんありますし、幼稚園生でもがんばれば、ひらがなを読み書きできるようになります。

 

ぜひ、小学校入学前に、親子でひらがなの練習に取り組んでみてください。

 

 

まずは、子供がひらがなに興味を持つことが大切!

 

子供ひらがな興味

 

 

さて、実際にひらがなを覚えるにあたって、一番大事なことは、子供自身がひらがなに興味を持つことです。

 

先ほどお話ししたように、子供が入学前にはひらがなの学習をはじめたほうが良いのですが、未就学児に勉強させるというのは、至難の業です。

 

無理やり押し付けてしまっては、勉強が嫌いになってしまいます。

 

いかに、楽しく勉強させるかが、一番大切です。

 

そのためにも、まずひらがなに興味を持たせなければいけません。

 

わが家の場合、子供が絵本が大好きでしたので、それを利用してひらがなを覚えました。

 

毎日読み聞かせをしていたのですが、そのときに、一緒に本を見ることで、子供がひらがなに興味を持ちました。

 

子供のほうから「これ、なんて書いてあるの?」と、聞いてくるようになりました。

スポンサーリンク

 

絵本をみせたり、自分の名前のひらがなをまずは教えたりすることで、とにかくひらがなに興味をもたせることが大切です。

 

興味を持てば、子供の暗記力はすごいので、あっという間に、覚えてしまいます

 

 

子供にひらがなを教える方法!

 

 

子供にひらがなを教える方法

 

 

では、子供がひらがなに興味をもってくれたら、実際にどのように教えればいいのでしょうか。

 

わが家ではまず、かわいい「ひらがな表」を、お風呂場と部屋のよく目につくところに貼りました

 

そして、一緒にお風呂に入っているときに、「これ、なんていう字かな?」とクイズ形式にして、遊んでいました。

 

とにかく、未就学児は遊びながら勉強することが大事です。

 

楽しければ、どんどん覚えてくれるのです。

 

かるた遊びもおすすめです

 

最初は、全部ではなく、少ない枚数でいいので、かるた遊びをし、覚えたらどんどん、ひらがなを増やしてかるたをすることで、子供は楽しく覚えられます。

 

最近はたくさんのかるたが発売されているので、子供が好きなキャラクターのかるたで覚えると、覚えも早いと思います。

 

また、ある程度、ひらがなを覚えて読めるようになってきたら、子供に簡単なお手紙を書きました。

 

「○○ちゃんへ だいすきだよ。」みたいな、簡単なお手紙でいいのです。

 

手紙をもらった子供は大喜び。

 

もらった手紙を、自分で読める喜びを感じてもらいます。

 

すると今度は、子供が「ママにお返事書きたい!」と言い出します。

 

そこから、そのやる気を利用して、今度はひらがなを書く練習をはじめます。

 

ひらがなを練習して、お手紙が書けるようになりたい!

 

そういう目標があれば、子供の暗記力はすごいです。

 

あっという間に読み書きできるようになってしまいます。

 

 

まとめ

 

今回はひらがなの学習についてお話ししてきました。

 

ひらがなは、小学校入学前までに、ある程度学習しておくこと。

 

そして、未就学児に勉強を教えるときには、とにかく遊びを取り入れながら、学ばせることが大切です。

 

決して無理強いしてはいけません。

 

無理やり勉強させることで、勉強嫌いにしてしまうくらいなら、未就学児のうちは、勉強しないほうがましです。

 

興味を持ったことを、楽しく学ばせることで、小さい子供たちは、すごい能力を発揮します。

 

楽しければ楽しいほど、ひらがななんてあっという間に覚えてしまいます。

 

ぜひ、楽しい学習を心掛けて、取り組んでみてください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました