初めての子育てで実母の口出しや言動にイライラ!

子育て 実母 イライラ 子育て

 

子育てに忙しい毎日。

 

子供の成長する姿はとても嬉しいし、日々感動にあふれています。

 

しかし、子育てには、ストレスや不安、イライラといったネガティブなこともつきものです。

 

今回はイライラの中でも、実母との関係についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

子育て中に実母にイライラしてしまう!!

 

私と、母は、世の中の親子と比べてみても、割合仲のいいほうだと思います。

 

それなりに反抗期もありましたが、母と特別口をきかないという時期もなかったし、何でも相談できる存在でした。

 

妊娠中も、母にはたくさん助けてもらったし、いろいろアドバイスももらったりしました。

 

不安な出産も、母がずっと隣で応援してくれたので(もちろん夫も支えてくれました)、心強かったです。

 

難産でしたが、息子が産まれたときは、母も涙を流して喜んでくれました。

 

このように、かなり親子関係は良好だったのです。

 

それが、出産後、実家に里帰りしてから、母との関係が少しずつ変化していきました。

 

今思えば、ホルモンバランスの関係もあったのかもしれません。

 

当時の私は、ちょっとしたことでイライラしていました。

 

とはいえ、産まれたばかりのかわいいわが子に、イライラをぶつけることはなく、私のストレスは、すべて母に吐き出していました。

 

母が毎食、食事をつくってくれているだけでもありがたいのに、「こんなバランス悪い食事じゃ、母乳がしっかりでないじゃない!」と文句をいいました。

 

息子のオムツ替えを手伝ってくれているのに、「そんなに雑にふかないで!」と、ヒステリックにいってしまいました。

 

とりあえず、事あるごとにイライラしてしまい、母にたくさん暴言を吐いてしまったのです。

 

実家で過ごした一カ月半で、たくさん母と喧嘩してしまった私は、半ば喧嘩別れのような形で、旦那との自宅へ帰りました。

 

自宅へ戻ってからは、母にイライラすることもなくなったので、穏やかに生活できると思っていました。

 

でも、現実はそんなに甘くなかったのです。

 

四六時中、赤ちゃんと二人きりの生活は、息がつまりそうになることが多々ありました。

 

一人きりで育児をしてみて、やっと、母への感謝の気持ちも生まれました。

 

イライラしてしまっていたけど、結局私は、母に甘えていただけだったということに気づいたのです。

 

自分のこれまでの言動を反省した私は、母に謝りました。

 

その後は、二週間に一度くらいの割合で、母が私の家に手伝いに来てくれるようになりました。

 

毎日一緒に過ごすわけではなく、母とたまに会う生活は、お互いにとって、プラスになりました。

 

私は、母に会うことで、育児を手伝ってもらえるし、母も孫に会えるのが楽しみのようでした。

スポンサーリンク

 

また、円満な生活が訪れたと安心していました。

 

子育てにおいて実母の口出しはやっぱり大変!

 

 

子育て 実母 口出し

 

 

しばらくは、母とのいい関係が続いていました。

 

月日は流れ、息子は一歳になりました。

 

保育園も無事見つかり、私は職場復帰をすることになったのです。

 

ところが、そこからがまた大変でした。

 

職場復帰したとたん、子供が体調を壊したのです。

 

仕事をしながらの育児は、これまでの生活より、さらに大変で、また母に頼る生活が始まりました。

 

私の代わりに、お迎えに行ってもらったり、私が残業で遅くなる時は、母に息子の食事やお風呂もお願いしていました。

 

夫も忙しい時期だったので、母の存在は本当にありがたかったです。

 

でも、母に預けすぎたことで、また問題が起こるのです。

 

母が息子と過ごす時間が増えるにつれて、すごく育児に口出しをするようになってきました。

 

「○○くんは、お歌が好きだから、ピアノを習わせたほうがいい。」とか、

 

「箸の持ち方が変だから、矯正箸を買って練習させたほうがいい。」だとか、

 

「おやつに市販のお菓子を食べさせるのではなく、なるべく手作りのものがいい。」

 

だとか、とにかくいろんなことに口出しをしてくるようになったのです。

 

母には息子を預かってもらっていたので、私も文句はいえないと、最初は堪えていましたが、途中から我慢できなくなってしまい、また、母との関係が悪くなってしまいました。

 

私が仕事を始めてからは、頻繁に手伝いに来てくれていた母ですが、揉めるようになってからは、また二週間に一回くらいしか、遊びに(手伝いに)こなくなりました。

 

仕事をしながら、母に頼らず育児をするのは、すごく大変でした。

 

でも、この二週間に一回くらいのペースは、母との良好な関係を築くにはちょうどいい頻度でした。

 

まとめ

 

母と娘の関係ってすごく難しいと思います。

 

私は今でももちろん、母のことが大好きです。

 

でも、育児を始めてから、二回も関係が悪くなりました。

 

やはり、あまりに頼りすぎたり、干渉しすぎたら(口出ししたら)、関係がうまくいかなくなることがわかりました。

 

実の親子だからこそ、甘えがでてしまい、揉めるのだと思います。

 

適度な距離を保ちながら、でも、本当に困っているときは助け合えるそんな関係がベストだと、実感したのです。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました