絵本の読み聞かせは親も楽しい!幼児に読む時のコツは!?

読み聞かせ コツ 幼児 読み聞かせ

 

子育てにおいて、絵本の読み聞かせが大切だということは、よく言われることです。

 

わが家では、私自身が本が好きなこともあり、子供が幼いころから読み聞かせをしてきました。

 

読み聞かせってどんな風にしたらいいんだろう、めんどくさい、と感じている方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

 

でも、読み聞かせって、読んでるほうも実はすごく楽しいものです。

 

今回は、私の経験をもとに、絵本の読みきかせについてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせの時間は、親も楽しい!!

 

わが家では、子供が一歳になる前の赤ちゃんの頃から、絵本の読み聞かせをほぼ毎日続けていました。

 

絵本の読み聞かせが、子供にいい影響を与えるというのは、よく言われることですが、いやいや続けていては、毎日やることは到底不可能です。

 

わが家では、強制的にではなく、親子共に読み聞かせを楽しいと思えたから、毎日続けてこられました。

 

親も子も絵本の読み聞かせを楽しいと思えたのは、いくつか工夫がありました。

 

まず、選ぶ本です。

 

わが家では知育本に限らず、楽しそうな絵本を選ぶことにしていました。

 

子供が赤ちゃんの頃はおもちゃのような仕掛け絵本や、音が鳴る絵本など、とにかく子供が食いつくような絵本から始めました。

 

初めは、絵本で遊んでいた子供も、成長するにつれ、普通の絵本も好きになっていきました。

 

本屋に行ってみると、私が幼いころに読んでいた絵本もまだたくさんあって、びっくりしました。

 

何年たっても、素晴らしい絵本というのは、色あせることがないんだなと感心したものです。

 

幼いころを思い出しながら、自分が好きだった絵本を子供に読み聞かせるのは、とても楽しかったです。

 

私が絵本を読みながら、合わせて自分の幼いころの話もするので、子供も聞いていてとても楽しそうにしていました。

 

それからは、本屋さんや図書館で絵本選びをするのもとても楽しくなりました。

 

「これ、ママが小さいころに読んだことある楽しい本だよ!」

「これは、絵がかわいくて楽しそうな絵本だから読んでみる?」

 

子供と読むのが楽しみで、毎日読みきかせを続けました。

 

 

読み聞かせのコツ!~幼児編~

 

読み聞かせコツ幼児

 

 

読み聞かせを楽しく続けられるコツをいくつか紹介したいと思います。

 

まず、読み聞かせをするときは、いつも子供を私の膝の上にのせて、一緒に絵本をみました。

 

そうすることで、肌がふれあい、親子のコミュニケーションの時間にもなりました。

 

子供は、私とゆっくりできるこの時間が大好きになり、絵本が好きになりました。

 

また、絵本を読んでいるときは、その世界に入れるよう、途中で説明をしたり、子供に意見を聞くために読み聞かせを中断することは避けました。

スポンサーリンク

 

とりあえず、全部を読み切ってから、子供と話す時間を持つようにしました。

 

また、幼児期は、無理して長い話を読む必要はないと考えます。

 

そんなに長い時間集中できないので、なるべく短編を選ぶようにしました。

 

そして、お気に入りの絵本は何度でも読んであげました。

 

こちらは飽きてくることもありましたが、子供は気に入っていると何度も読みたがります。

 

しまいには暗記してしまうくらい何度も何度も読んであげました。

 

たくさんの本を読むことも大切だと思いますが、お気に入りの絵本をみつけることもとても素晴らしいことです。

 

大人になっても覚えていてくれると嬉しいなという願いも込めて、同じ本も何度も繰り返し読み聞かせしました。

 

 

読み聞かせの大切さを伝えたい。

 

 

読み聞かせ大切さ

 

 

最近では、お子さんが小さいうちから習い事をしたり、教育熱心なご家庭もたくさん増えてきました。

 

習い事をすることも、もちろん大事ですが、私は読み聞かせのすばらしさ、大切さもぜひ伝えていきたいと思います。

 

わが家では、赤ちゃんの頃から読み聞かせをはじめ、小学生になってもずっと読み聞かせを続けていました。

 

小学生になると、自分で本を読めるようになるので、読み聞かせなんて必要ないと思われるかもしれませんが、自分で読むのと、読み聞かせをすることには違うよさがあると考えています。

 

もちろん、自分で本を読めるようになることは大切ですが、読み聞かせの時間はわが家のコミュニケーションの時間でした

 

意識して、毎日読み聞かせをすることで、毎日必ず子供と向き合う時間を作ることができました。

 

どんなに忙しい日々でも、寝る前の何分かだけは、読み聞かせの時間にあてました。

 

その時間は、親子のとても大切な時間になっていたからです。

 

読み聞かせが子供に与える影響はとても大きいものです。

 

学習面ではもちろんのこと、心の成長にも大きく役立ってくれるのです。

 

ぜひ、毎日の生活に読み聞かせを取り入れてほしいと思います。

 

 

まとめ

 

子供への読み聞かせについてお話ししてきました。

 

読み聞かせを続けてきたわが子は、小学生になった今では、とっても読書好きな子供になりました。

 

たくさん本を読むので、「そんなことしってるの!?」と、こちらが驚くような言葉をしっていることもたびたびあります。

 

本はたくさんのことを教えてくれます。

 

ぜひ親子で楽しく読み聞かせをはじめてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました