子育ては義母には頼りたくない!でも頼ることに!程よい関係とは?

子育て 義母 頼りたくない 子育て

 

子育てって、喜びや楽しみに満ち溢れています。

 

でも、いいことばかりではないのも、子育て。

 

忙しい毎日に、疲れてしまい、子育てが辛くなる時もあります。

 

そんな時、頼れる相手がいたら、どんなに心強いでしょう。

 

夫はもちろんですが、近くに実母がいたら、とても頼りになると思います。

 

でも、私の場合、実母は県外だったので、近くにいたのは義母でした。

 

今回は、この義母との関係についてお話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

子育ては義母に頼りたくない!!でも・・・。

 

私は、結婚してすぐに、主人の転勤で、県外に引っ越しました。

 

ですから、近くに親しい親戚やママ友はもちろんいないし、実の両親ともなかなか会えない環境になってしまいました。

 

主人の両親は車で10分ほどの距離に住んでいましたが、年に何回か会うくらいで、そんなに頻繁には、顔を合わせていませんでした。(仲が悪かったわけではありませんが、義理の両親となると、やっぱり緊張してしまうので、極力会いませんでした。)

 

そんな中での、妊娠、出産。

 

初めての育児に不安を抱えながらも、夫の支えがあってこそ、頑張ってこれました。

 

義母が、何回か、育児を手伝ってくれましたが、やはり義母にはあまり頼りたくなかったので、できるだけ自分一人で頑張ろうとしていました。

 

わが子(息子)との生活は、楽しいものですが、日中ずっと二人だけの生活は、時に息がつまりそうになることもありました。

 

そんなこともあって、息子が一歳になると、息子を保育園に預けて、私も仕事をすることになりました。

 

ここからが大変でした。

 

私が仕事を始めると、とにかくしょっちゅう息子が熱をだすのです。

 

そのたびに、夫と協力して、どちらかが仕事を休み、対応していました。

 

でも、毎回仕事の調整をするのも、とても大変です。

 

そんなある日、私も夫も仕事を休めないのに、子供がまた、体調を壊しました。

 

すると、夫が義母に子供を預けることを提案してきたのです。

 

正直私は、嫌でした。

 

義母のことは嫌いではないけれど、やっぱりすごく気を遣うので、あまり頼りたくなかったのです。

 

でも、やむを得ない状況、私はしぶしぶ義母に息子を預けることにしました。

 

子育ては大変でやっぱり義母に頼ることに。

 

 

子育て 義母 頼る

 

 

義母に息子をお願いすると、義母は快く引き受けてくれました。

 

保育園ではなく、義母に息子を預けていると、お迎えの時間を気にしなくていいので、焦らず仕事ができました。

 

また、義母も自分を頼ってくれたことが嬉しかったようで、「これからも、なにかあったら、いつでも頼ってね。」と優しい言葉をかけてくれました。

スポンサーリンク

 

その言葉はすごく嬉しかったし、これまで、親密にしてこなかったことを少し後悔しました。

 

それからは、息子が体調が悪かったり、用事ができたり、すこし残業したい時など、すべて義母に頼るようになりました。

 

今まで、夫と協力して仕事を調整していたところを、全部義母に頼るようになったのです。

 

最初は預かるだけだった義母も、だんだんと、息子に夕飯を食べさせ、お風呂にも入れてくれるようになりました。

 

それは、忙しい私たちにとって、とてもありがたかったので、いつしか、息子のことをかなり義母に任せるようになっていました。

 

あんなに、最初は、義母に対して気を遣っていた私が、図々しいくらい義母に頼るようになったのです。

 

子育てにおける義母との程よい関係とは!?

 

 

子育て 義母 関係

 

 

私が義母に対して、気を遣わなくなると、義母も私に遠慮しなくなってきました。

 

最初は、より仲が良くなった気がして嬉しかったです。

 

ところが、だんだん義母は、子育てについていろいろ口出しするようになってきたのです。

 

以下、義母の発言です。↓

「私は、食事はできるだけ薄味にしてるのよ?家でも、心掛けてる?」
「○○くんは、こういう服は似合わないよ!もっと明るい色にしなきゃ!」
「家ではテレビばかり見せてるんじゃないの?かわいそう!」
「昨日も寝るのが遅くなったらしいじゃない!寝かしつけは、はやくすべきよ!」

 

とか、細かいことまで、いろいろ指摘するようになってきたのです。

 

義母も、息子と深く関わった分、私にいろいろ言いたくなったのだと思います。

 

でも、義母に口出しされるたびに、私はイラっとしました。

 

せっかく、遠慮なくなんでも話せる仲になれたと思っていたけど、これでは、前の関係のほうがよかったと思うようになりました。

 

私が義母に頼っておきながら、今度はイラっとするなんて、私のわがままですが、義母と会うと、ストレスがたまるようになったのです。

 

このままでは、関係が悪くなってしまうと思った私は、徐々に義母に預ける(頼る)機会を少しずつ減らしていきました。

 

そうすることで、義母も何か察したのか、またお互い、いい距離感で、揉めずに過ごすことができるようになりました。

 

 

まとめ

 

嫁、姑の関係って、本当に難しいです。

 

気を遣いすぎても、疲れるし、あまりに遠慮がないのも、イライラします。

 

でも、私も、義母も息子を愛する気持ち故に、行動していたのですから、どちらもわるくありません。

 

今回の件で、お互いに、適度な距離感をもって、相手への感謝の気持ちを忘れずに、接することで、いい関係が築けるのだと気づかされました。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました