子育てのイライラが抑えられない時はどうすれば!?私の対処法!

子育て イライラ 抑えられない 子育て

 

子育てをしていると誰でも一度は経験したことがある、子育て中のイライラ。

 

これって色々な壁にぶつかってしまうことが原因なんですよね。

 

あなたも泣きやまない、言うこと聞いてくれない、思う様に行かないなど色々な事情でイライラしていませんか?

 

私には5人の子供がいるのですが、1人目と2人目の時は、特にイライラがひどかった事を思い出します。

 

心に余裕がなくて、常にイライラしている状態が続いていました。

 

母親のイライラって子供には何故か伝わるようで、「わざとやってるの?」なんて思う事も度々ありました。

 

子供が生まれる前は、優しいお母さんを想像して、笑顔の耐えない子育てを目標にしていましたが…理想と現実のギャップに悩んでいました。

 

ひどい時にはイライラが止まらなくて、一日がとても長く感じる事もあり、それがストレスになって髪の毛が薄くなるなんて経験もしました。

 

うちは子供が5人なので、5人分の対処法がありました。

 

同じ自分の子でも、子供によって違う事が当たり前という事にも気づかされました。

 

そんな子育て中のイライラについて、私の経験やどう乗り切ったのかなどを紹介しつつお話ししていきたいと思います。

 

子育ても人それぞれで色々なやり方や方法があるので、解決法の一つとしてみてもらえると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

子育てのイライラが抑えられなくて八つ当たりしてしまう。

 

 

子育て イライラ 八つ当たり

 

 

子育ては、とても長い期間しなければなりません。

 

お子さんが小さければ言葉もうまく話せないので、どうしてほしいのか分からなくて、イライラすることも多くなりますね。

 

言葉が話せるようになってからは、今度は言う事を聞いてくれない事で、イライラが募ったりして、分かってはいても、ついつい八つ当たりをしてしまっていませんか?

 

一番いいのは、イライラしない子育てをする事ですが、それはどんなベテランのお母さんでも無理なんです。

 

最近では、「怒らない育児」を心がけるなどと、よくメディアで紹介されていますが、私たち母親も一人の人間です。

 

イライラしてしまうと必要以上に怒ってしまう事は、いけない事ではありません。

 

それだけ自分の心に余裕がないという、サインの一つなのです。

 

でも八つ当たりをしてしまった後、自己嫌悪に陥る事がありませんか?

 

私もよく八つ当たりをしてしまった事への自己嫌悪と葛藤していました。

 

なかなか寝てくれない子供たちに怒鳴ってしまったり、イライラが止まらなくて話しかけてくる子供に返事をしなかったりなど、今思えばひどい事をしていました。

 

それを繰り返す度に、子どもたちに優しくできない自分が情けなくて、ふさぎ込んでしまう事もありました。

 

子供たちに八つ当たりをする自分自身が、ストレスになっていたのです。

 

子育ての経験が浅い1人目、2人目は気持ちの余裕がないのが当たり前なのですが、当時の私には「ちゃんとしないと!」という気持ちが強すぎたのかもしれません。

 

そして、3人目以降は自分が空回りしている事に気づきました。

 

それからは、自分の気持ちを切り替えてみようと、あまり頑張りすぎずにズボラになる事を決めました。

 

そうすると、子育てをしっかりしなきゃ!と張りつめていた気持ちが開放され、気分も変わり、だんだんと子育てが楽しいと思えるようになっていきました。

 

イラっとしても、「ま、いっか!」と思えるようになった時は、自分の変化に自分でも驚かされました。

 

そして、完璧に出来ない自分を責める前に、楽しいと思える1日にする事を決めてからは、イライラも減って子供たちに八つ当たりをする事も減りました。

スポンサーリンク

 

気持ちを切り替える事は、とても重要なことです。

 

ぜひ大変な時こそ、意識的に気持ちを切り替えてみてください。

 

そうする事で、いつもの光景が違うものに見えてくる事がありますよ。

 

子育てでイライラしたときの対処法とは?

 

 

子育て イライラ 対処法

 

 

子育てにイライラはつきものですが、あまりイライラばかりしていると、自分で自分が嫌いと思う事ってありませんか?

 

私は、いつもイライラして心の狭い自分がとても嫌で仕方ありませんでした。

 

そんな自分に育てられている子供たちにも、申し訳ないと思うことすらありました。

 

ですがある時、親って何なんだろう?と疑問に思うようになりました。

 

そんな事を考えること自体が不思議なのですが、ちゃんとした親にならないといけない!と思う事に疲れていたのかもしれません。

 

イライラしては八つ当たり…そして反省。

 

その繰り返しが余計にイライラする原因だと思ったんです。

 

私たちは親ですが、親になることって誰に教わるわけでもなく、自分の親の姿を思い出して同じ様に子育てしているだけです。

 

その子供によって性格も違いますし、好きな物も違いますね。

 

なので、親は子育てをしながら親になっていくんでは?と思ったんです。

 

急な環境の変化で、急に親になるなんて気持ちに余裕がなくなって当たり前です。

 

ゆっくり環境に合わせていくから上手く順応するのは、仕事と同じでは?と気づきました。

 

いけない事をした場合、反省をするから一つ成長できます。

 

それは、子育てにおいても同じなのだとも思いました。

 

上手くいかないなら、一呼吸おいて考え方を変えてみよう。

 

反省をすればするほど勉強にもなって成長が出来る!と思うだけで肩の荷が下りて楽になっていきました。

 

親という固定概念に縛られるのではなく、自分らしく子供たちの親になっていけば、イライラする事もなくなるのではと気持ちを切り替えてからは、日々の生活でさえ楽しいと思えるようになりました。

 

私のイライラしない方法は、自分と向き合って、考え方を変えて、気持ちを切り替えるという方法です。

 

今現在も子育て真っ最中ですが、子供たちは色々な事をして私を悩ませてくれます。

 

その時は悩んで悩みまくりますが、それも親としての経験になると思うと、前向きな解決方法を考えられるようになってきました。

 

 

まとめ

 

子育てでのイライラについてお話をしてきました。

 

あくまで私個人の体験や気持ちなので納得できないなんて思われる人もいると思います。

 

でも、そう思える親もいる事は分かってほしいです。

 

私の中では完璧な人間がいない様に、完璧な親もいないと思っています。

 

自分の親が完璧と思えていたとしても、たぶん親もとことんまで悩んだことがあるはずです。

 

そういう一面を知る事も気持ちの変化になるので、子育てについて自分の親と話してみるのもおすすめです。

 

子育てはイライラして当たり前と思う事、大変だから手を抜けるところは手を抜いて、楽しいと思える事をする。

 

見方を少し変える事から始めれば、同じ子育てでも楽しいと思える子育てになるはずです。

 

子育ては、根気のいる事です。

 

身構えていると心も悲鳴を上げてしまうので、自分の気持ちを確認する為にも自分と向き合う時間を作ってみてくださいね。

 

日々の些細な事でも楽しいと思えるようになることを心から願っています。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました