熊谷市周辺の観光スポット情報 おすすめ10選!

熊谷市 周辺 観光 観光スポット

 

「暑い町」として、全国的に有名になった埼玉県熊谷市。

 

夏になると、「今日の熊谷市の最高気温は…」なんて連日ニュースで報じられていますよね。

 

そんな熊谷市ですが、実は人気の観光スポットがいっぱい!

 

皆さんにも是非足をはこんでいただき、熊谷市の観光をお楽しみいただきたいです。

 

そこで今回は、熊谷市のおすすめ観光スポットをご紹介させていただきます。

 

どのスポットも見ごたえ十分ですよ。

 

スポンサーリンク

 

熊谷市周辺の観光スポットをご紹介!

 

妻沼聖天山歓喜院

*所在地:〒360-0201 埼玉県熊谷市妻沼1511 お問い合わせ:048-588-1644

 

*拝観時間:9:30~16:30(受付は16:00まで)

*拝観料:¥700(小学生以下は無料)

 

*アクセス:熊谷駅北口、あさひバス6番のりばより(太田駅行き・西小泉駅行き・妻沼聖天前行き)にお乗りになり「妻沼聖天前」で下車、そこから徒歩で約5分です。

 

 

妻沼聖天山歓喜院の本殿「聖天堂」は、1760年(宝暦10年)に再建されたものです。

 

日光東照宮をほうふつとさせる本格的装飾建築。

 

その精巧さは見事なもので、「埼玉日光」と称され、国宝にも指定されています。

 

260年という時の経過とともに生じた傷みや色あせた部分を、建立当時のように美しく蘇らせよう!

 

そんな想いをこめて、2003年(平成15年)10月からおよそ7年の歳月をかけて、「平成の大修理」が行われ、2011年(平成23年)6月1日より一般公開が開始され、現在の美しい姿を見せてくれています。

 

妻沼聖天山は、日本三大聖天の一つとして知られていて、特に縁結びのご利益があると評判です。

 

ご夫婦の縁をはじめ、家内安全・商売繁盛・厄除け開運・交通安全・学業進学など、あらゆる良縁を結んでいただけます。

 

これはもう行ってみるしかありませんね。

 

文殊寺

*所在地:〒360-0101 埼玉県熊谷市野原623 お問い合わせ:048-536-4302

 

*受付時間:8:30~16:30

 

*アクセス:JR高崎線「熊谷駅」から国際バス「立正大学行き」にお乗りになり「立正大学」で下車、そこから徒歩で約9分です。

 

丹後の切戸、米沢の亀岡と並んで、日本三体文殊師利大菩薩のお寺として知られています。

 

文殊菩薩は知恵をつかさどる仏さま。

 

「三人寄れば文殊の知恵」のことわざはとっても有名ですね。

 

学業成就の願いをかなえるために、関東近郊から多くの人々が訪れています。

 

毎年2月25日が、文殊様の大縁日です。

 

梅の花が咲き誇る光景はとっても素敵ですよ。

 

砂風呂屋 孳(ふゆる)

*所在地:〒360-0133 埼玉県熊谷市中曽根106 お問い合わせ:048-501-6426

 

*アクセス:JR熊谷駅南口から、市内巡回バス「ひまわり号(長島記念館行き)」にお乗りになり、「JA市田支店前」で下車、そこから徒歩で約2分です。

 

*営業時間:10:00~20:00

*定休日:毎週金曜日

 

砂塩風呂(砂風呂)と水晶砂利風呂の2種類の温浴施設がお楽しみいただける健康増進施設です。

 

「出す健康」をテーマに自然治癒力を高めるお手伝いをしてくれます。

 

砂塩風呂では、砂塩が身体を包む事で血行と体液の循環を促し、砂利風呂では遠赤効果で身体の芯から温めてくれます。

 

さらに、温かい石達の指圧的効果で、天然のいやしパワーも感じていただけますよ。

 

そして、ご入浴の後には体調にあわせた薬草茶がお飲みいただけます。

 

この薬草茶の効果で二次発汗がもたらされ、さらに代謝を活発にして老廃物の代謝を促します。

 

デトックス効果バツグンですよ。

 

「暑い町」熊谷で、タラソテラピーをぜひ体感してみてくださいね。

 

おふろcafe bivouac

*所在地:〒360-0831 埼玉県熊谷市久保島939 お問い合わせ:048-533-2614

 

*アクセス:JR熊谷駅から、バス国際十王交通の深谷駅行きにお乗りになり「高柳」で下車、そこから徒歩で約6分です。

 

*営業時間:10:00~翌朝9:00

*定休日:無休

 

1日ゆったり楽しめるグランピング(グラマラス×キャンピング)温浴施設です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は立正大学熊谷キャンパスで模試だった娘の送り迎え その待ち時間に♨️ おふろcafeこれで3つ制覇 ビバークは初めて . . 竹内涼真が登ったボルダリングあった(笑) 昔健康ランドだった頃来たことあるけど おふろcafeになって大人気ですね☺️ 朝イチだったので誰も写ってないけど 午後になったら激混みでした! ガヤガヤしてたけどひとりで の~んびりできた レストランもメニューが充実してたし 美味しかった やっぱり寒い時期の♨️はサイコーだゎ #おふろカフェ #おふろcafe #おふろcafebivouac #♨️ #onsen #ハンバーグ #熊谷 #ofurocafe #spa #熊谷ランチ #ランチ #lunch #今日のランチ #温泉 #埼玉観光 #ハンモック #グランピング

@ 610_ykがシェアした投稿 –

 

合計8種類のおふろに、館内に設置された約5メートルのボルダリングウォールやテント、さらにハンモックや各種イベントにワークショップなど、様々な過ごし方をお楽しみいただけます。

 

そして、無料でご利用いただける施設やサービスもとっても充実。

 

仮眠室、1万冊の漫画や雑誌、フリーWi-Fi・フリーコンセント、さらに泥パック、飲み放題の挽きたてコーヒーにマッサージチェアもご利用になれます。

 

日常と非日常がミックスされた、新感覚のレジャースポットです。

 

いちごドリーム江南

*所在地:〒360-0117 埼玉県熊谷市上新田117 お問い合わせ:048-537-0158

 

*アクセス:関越自動車道「嵐山IC」から、およそ9.4キロメートル。

 

*営業時間:10:00~15:00

*定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日)

 

こちらはご家族やグループでいちご狩りがお楽しみいただける施設です。

 

2種類のいちごを食べ比べすることができて、とっても楽しいですよ。

 

いちご狩りの後は、いちごシャーベットや漬物、それにお茶もいただけます。

 

高設栽培なので、いちご狩りも簡単。

 

小さいお子様でも、十分にお楽しみいただけます。

 

片倉シルク記念館

*所在地:〒360-0815 埼玉県熊谷市本石2丁目135 お問い合わせ:048-522-4316

 

*アクセス:熊谷駅から、およそ1.4キロメートル。

 

*開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

*入館料:無料

*休館日:毎週月・火曜日(夏季・年末年始の休館有)

 

こちらは、片倉工業(株)最後の製糸工場であった熊谷工場の繭(まゆ)倉庫を利用した記念館です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

片倉シルク記念館。入場無料で製糸産業の歴史と製造工程を詳しく知ること出来ます。近代日本を支えた絹。圧巻です。

小杉 治(@kosu529)がシェアした投稿 –

 

世界遺産となった富岡製糸場と熊谷工場は姉妹工場。

 

片倉工業(株)が営んできた製糸業の長い歴史を、末永く保存・継承するために、熊谷工場の操業当時に使われていた製糸機械を展示して、繭から生糸になるまでの過程が紹介されています。

 

日本の近代化を支えた歴史的な重みを感じていただける貴重な記念館です。

 

よりみち屋

*所在地:〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波1−108 TEL:048-577-7545

 

*アクセス:熊谷駅から、およそ400メートル。

 

*うどん打ち体験:11:00~、13:00~(定員16名)

*定休日:月曜日・木曜日

こちらでは、うどん打ち体験がお楽しみいただけます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは!よりみち屋です。本日も11時オープン🐻熊谷うどん打ち体験は、11時の回が満席となりました☺️ありがとうございます💕18時〜21時はフライ焼き体験もお楽しみいただけます! 今日もご来店のみなさまの素敵な思い出の場所となりますように✨ #よりみち屋 #熊谷 #熊谷うどん #観光スポット #日帰り旅 #埼玉 #うどん打ち体験 #体験教室 #土産 #熊谷土産 #yorimichiya #japan #kumagaya #udon #udonnoodleworkshop #localjapan #localexperience #japanfood #japantravel #makeexperiences #localjapan #japanesenoodle #うどん打ちたい #うどん打ち #ワークショップ

よりみち屋(熊谷うどん打ち体験、お土産販売)(@yorimichiya.kumagayaudon)がシェアした投稿 –

 

実は、熊谷市は隠れたうどんの名産地と言われているんですよ。

 

講師の方が、親切丁寧に教えてくださるので、お子様でも問題なし。

 

麺切りカッターも、ちゃんと子供用がありますので安心です。

 

出来立てのうどんをその場でいただく時の感動が忘れられません。

 

最高に美味しいので、子供たちにも大喜びしてもらえるでしょう。

 

陶芸教室 陶八さん

*所在地:〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚1215−5 TEL:048-522-0159

 

*アクセス:熊谷駅から、およそ3.2キロメートル。

 

*受付時間:平日 10:00~20:00

 

こちらでは電動ロクロを使った本格的な陶芸体験がお楽しみいただけます。

 

電動ロクロでぐい呑みやお碗をつくる作業はとっても楽しいですよ。

 

ご自身でつくったものの中からお気に入りの3点を焼き上げていただけます。

 

電動ロクロを、一度体験してみたいという方には最適です。

 

陶芸の奥深さと面白さを、この機会に是非体験してみてください。

 

星溪園

*住所:〒360-0046 埼玉県熊谷市鎌倉町32 TEL:048-522-9389

 

*アクセス:熊谷駅から、およそ1キロメートル。

 

*開園時間:9:00~17:00(11/1~2/末日までは、9:00~16:00)

*休園日:月曜日(休日の場合は翌日休)、年末年始(12/27~1/4)

 

星渓園は、回遊式庭園。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「星溪園(せいけいえん)」 熊谷市にある回遊式庭園です。ここで一休みします。庭園自体は無料です。 庭園内はとても静か、気軽にゆったりと過ごせます。他の人はいませんでした。 星川の水源の「玉の池」を中心にしているそうです。荒川の洪水により、園の西にあった土手の北條堤というところが切れて、池が生じ、その池から清らかな水が湧き出たので「玉の池」と。 慶応から明治元(1868)年にかけて、熊谷宿の本陣を務めていた竹井家当主の竹井澹如が池の周囲に別邸を設けることになり、これにあわせ庭園として整備を進めたといいます。 ほんとうに、静か、だ。 #竹井澹如#星溪園#熊谷#庭園##回遊式庭園#frogdr熊谷

frogdr(@frogdr)がシェアした投稿 –

 

熊谷の発展に数々の偉業を成した竹井澹如(たけい たんじょ)さんによって慶応年間から明治初年にかけてつくられた名園です。

 

1950年(昭和25年)に熊谷市がゆずり受け、翌年星渓園と名付けられ、1954年(昭和29年)に市の名勝として指定されました。

 

建物の老朽化のため改修作業がなされ、その際に新たに数寄屋感覚を取り入れ、格調高いものとして日本文化教養の場として復元されています。

 

園内の樹木や庭園もとっても素敵です。

 

散策していただけば、とっても気持ちがいやされますよ。

 

SLパレオエクスプレス

*所在地:〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波2丁目115

 

秩父の自然のなかを疾走するSL列車として人気です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2222の日、以前SLパレオで2222のHMを掲出した時です😀 #撮り鉄 #鉄道写真 #C58363 #SLパレオエクスプレス #2222の日 #takedon999

Takeshi Iizuka(@takedon999)がシェアした投稿 –


上りは三峰口駅が始発で、下りは秩父鉄道熊谷駅が始発。

 

およそ60キロの道のりを約2時間30分かけて走り、乗車した皆さんを大いに楽しませています。

 

車内ではSL弁当や、オリジナルグッズも販売されていますので、お土産にいかがでしょうか。

 

SLが懐かしい世代にも、全く知らないという世代にもおすすめです。

 

SLに乗って、秩父の大自然を満喫してください。

※2020年は、検査のため運転がありません。

 

 

まとめ

熊谷花火大会の詳細や周辺の駐車場・カフェ情報などの記事を書いています。

熊谷花火大会の穴場12選!駐車場や交通規制,屋台,カフェ情報も! 

お役立ち情報満載の記事をご用意しています。

ご参考になれば幸いです。

 

本日は、熊谷市周辺のおすすめ観光スポットをご紹介させていただきました。

 

どの観光スポットも、とっても楽しくて見ごたえ十分。

 

また違う意味で、熊谷市のアツさを感じていただけることでしょう。

 

ぜひ、熊谷市の観光を心ゆくまでお楽しみください。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました