子育てと仕事はママにとってどちらが大変だと感じる!?働きやすい仕事って?

子育て 仕事 どちらが大変 子育て

 

子育てと仕事、どちらが大変かという話題はよく聞きます。

 

しかし、この2つを比較するのはとても難しそうですよね。

 

子育てと言っても子どもの人数でかなり違いがあるし、子どもの性格だっていろいろです。

 

仕事と言ってもフルタイムから週数回のパートと、様々なスタイルがあります。

 

ママがどんなタイプの性格かによっても変わってきます。

 

ママの性格によって、子育てと仕事のどちらが大変と感じるのか、ちょっと考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

子育てと仕事のどちらが大変かはママによる!?

 

まず、自分で全て責任をもって仕事をこなしたい!という完璧主義のママにとって、子育てはすごく大変です。

 

子育てに完璧を求めることは、無理だからです。

 

全てが思い通りにいかないのが子育てというものなので、性格にある程度の適当さが無いママは、子育てノイローゼになってしまったりもします。

 

完璧主義のママにとっては、自分がこなしさえすれば結果が出る仕事の方が、楽と感じるのではないでしょうか。

 

一方、ある程度手抜きをすることができる性格のママにとって、子育てはそこまで大変なものではなくなるでしょう。

 

子どものしつけや教育といったことに対して、おおらかにとりあえずは子どもが生きているなら良いか、くらいの気持ちで取り組むと子育ては楽です。

 

しかし、そのようなおおらかママにとって、時間で区切ってしっかりこなす必要がある仕事は、大変と感じることもあります。

 

時間の制約だけではありません。

 

仕事となれば、基本的にはどのようなタイプの人間とも上手に付き合って仕事をしていく必要があります。

 

子育てをしている自分、仕事をしている自分両方想像してみて、しっくりくる方が自分に合っているのでしょう。

 

つまり、そちらが楽と感じる選択肢なはずです。

 

子育て中でも働きやすい仕事とは?

 

 

子育て 働きやすい 仕事

 

 

様々な事情で、仕事は大変とわかっていても働く必要のあるママだって少なくありません。

 

そのような場合は、少しでもライフスタイルに合った仕事を見つけることが大切です。

 

憧れの仕事や、お給料が良い仕事に飛びついてしまうと続けていくことができなくなってしまいます。

 

子育てをしながらの仕事というのは、いつ欠勤をしなくてはならなくなるかわかりません。

 

子どもが熱を出した、子どもの園行事に行ってあげたいなど、子どもを優先させる必要があるからです。

 

そのような事情に対応してもらいやすい仕事を探しましょう。

 

よくママが選ぶ仕事に、衣料品ショップの店員やランチタイムのカフェ店員などがあります。

 

これらの仕事の特徴は、交代してもらいやすい職種ということではないでしょうか。

 

自分だけが抱えて進めるような職種だと、もし急に欠勤しなくてはならなくなったときに職場に迷惑をかけてしまいます。

スポンサーリンク

 

その点ショップやカフェの店員は、みんなで同じ仕事を共有しているのでカバーしてもらいやすくなります。

 

求人に、「ママが多数活躍中!」といった言葉が書かれたものを積極的に探してみるのがお勧めです。

 

自分のライフスタイルに合った働き方ができる職場である可能性が高いですよね。

 

また、同じ境遇で働くママたちとの交流もできるので、情報交換などもできて一石二鳥です。

 

専業主婦ならではの子育ての悩みって??

 

 

専業主婦 子育て 悩み

 

 

専業主婦なら子育てに集中していられるから気楽でしょ?と当事者以外からは思われがちです。

 

もちろん、そんなことはありません。

 

専業主婦ならではの子育ての悩みはあって当然なのです。

 

専業主婦がよく感じるのは、自分の世界が狭くなったような孤独感ではないでしょうか。

 

日々子どもと向き合って、義務的に外に出る必要があるわけでもありません。

 

あまり人付き合いが得意ではないタイプの方なら、友達も少なくなっていき、気づいたら話をするのは旦那さんくらい、という場合だってあるでしょう。

 

孤独感を感じるのは当然です。

 

子育てがある程度落ち着いたら、自分はどうなってしまうのかと焦ってしまう気持ちもあるでしょう。

 

そんな悩みを感じたら、子育ての力をちょっと抜いて自分のために積極的に時間をつかってみることがお勧めです。

 

もちろん、子育て中なのでつかえる時間には限りがあります。

 

しかし、短時間だからとあきらめてはいけません。

 

その短時間を積み重ねることで、思った以上の成果が出るものです。

 

趣味が高じて収入につながっているような専業主婦は、たくさん紹介されていますよね。

 

ハンドメイドや料理研究などがその例です。

 

そのような特技は無い…という方は、英会話や資格などの習得を目指すのもお勧めです。

 

身に着けたスキルでいつかは海外旅行、再就職、など夢を持って頑張ることが励みになります。

 

そのように自分磨きをしているうちに、同じ考えを持つ仲間だって増えるかもしれません。

 

性に合わない児童館通いや公園通いをする以外に、専業主婦にだって世界を広げる方法はたくさんあります。

 

一番大切なことは、自分をあきらめてしまわないことですよ。

 

まとめ

 

パパには無い、ママならではの悩みを考えてみました。

 

ワーキングママ、専業主婦のどちらが大変ということはありません。

 

どんなママだって、それぞれ必ず悩みを感じているのではないでしょうか。

 

子育てというのは本当に大変なことです。

 

自分と家族と子どもの生活を同時進行で行う必要があります。

 

そんな中で自分の優先順位は下がってしまいがちな方が多いでしょう。

 

ワーキングママも専業主婦も、必ず自分のための時間を確保してくださいね。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました