新幹線で赤ちゃんと座る座席でおすすめなのは!?多目的室についても!

新幹線 赤ちゃん 座席 おすすめ 子育て

 

帰省や、やむを得ない理由で、赤ちゃんと新幹線に乗ることもあるでしょう。

 

赤ちゃんを連れての新幹線は、ママも不安がいっぱいですよね。

 

赤ちゃんが泣いて、周りに迷惑がかかるかも!なんて考えるはずです。

 

赤ちゃんを連れて新幹線に乗るときには、どの座席を選ぶのがいいんだろう…。

 

赤ちゃん連れの新幹線で座席に迷ったら、こんな選択はいかがでしょう?

 

スポンサーリンク

 

どこどこ!?新幹線の赤ちゃん連れ座席で3つのおすすめ!

ドアに近い席

 

赤ちゃん連れなら、車両のドアから離れても3列目くらいの座席がおすすめです。

 

なぜ、ドアに近い座席がいいのでしょうか。

 

赤ちゃんがぐずったりしたときに、ドアの傍ならすぐに車両の外に出られるメリットがあります。

 

加えて、走行中の不安定な新幹線の中を、赤ちゃんを連れて長く移動するのは危険です。

 

そして中でも、ある車両のある列の座席がおすすめなんです。

 

それについては、次でご紹介しましょう。

 

11号車の12番列&13番列

 

数ある新幹線の車両の中でも、赤ちゃん連れにおすすめなのが11号車!

 

その中でも、12番列と13番列が特におすすめです。

 

それは、なぜなのでしょうか。

 

新幹線の11号車は、他の車両とは少し違う造りになっています。

 

その違う部分というのが、12番列と13番列にある座席なのです。

 

新幹線内の座席は、多くがABCの3座席と、通路挟んでDEの2座席という形に配置してあります。

 

しかし、11号車の12列と13列に関しては、AとBの2座席と、DEの2座席という配置です。

 

つまり、ひと席分の余裕があることになります。

 

これは、これらの列が車椅子利用者用に設けられた座席だからなのです。

 

そのため、車椅子をたたむことなく利用出来る仕様になっているのです。

 

これは、ベビーカーを使う赤ちゃん連れにとっても、メリットなはず!

 

この座席を確保出来れば、ベビーカーを畳まずに置けるからです。

 

しかし、そこはあくまで車椅子の人のための座席です。

 

一説では、当日になっても席が空いていれば、予約出来るとの噂も…。

 

しかし、当日での座席予約は、かなりのリスクがありますよね。

 

そうならないようにおすすめしたいのが、A席とB席の横に並ぶ、D席とE席です。

 

AとBが2席だけなので、DかEの座席を選んでも余裕があります。

 

何よりのおすすめは座席を予約すること

 

赤ちゃんを連れて新幹線を使うなら、まず座席、かつ指定席の予約をお忘れなく!

 

どこの座席に座る?なんて考える前に、指定席でないと座れない可能性もありますよね。

 

連休や年末年始は言うまでもなくですが、普通の日だったとしても、予約しておいて間違いはないでしょう。

 

子育てにはお金が要りますし、節約したい気持ちは分かります。

 

しかし、赤ちゃん連れの新幹線は、予想以上に疲れるはずです。

 

ママが疲れてしまうと、赤ちゃんにとってもよくないですよね。

 

まず座れるだろうと思っていても、赤ちゃん連れで新幹線に乗るなら、指定席を予約しましょう。

 

予約の際には、ご紹介したおすすめの座席を探してみてくださいね。

 

赤ちゃん連れにとって使いやすい座席は、数が限られています。

 

新幹線の利用が決まり次第、早めに予約するのがおすすめです。

 

 

新幹線の赤ちゃん連れ座席は通路側がいい!?2つの理由とは?

 

赤ちゃん 新幹線 通路側

 

赤ちゃん連れで新幹線に乗るときに、どの座席を選ぶかは人それぞれです。

 

しかし、多くのママが感じているのが、通路側の座席がいいということ!

 

赤ちゃん連れだと、どうして通路側の席がいいのでしょう?

 

新幹線で、通路側の座席を選ぶべき理由とは!?

 

すぐにその場を離れられる

 

赤ちゃんは、急に泣き出したりしてママを慌てさせることもありますね。

 

あやしても、すぐに機嫌を直してくれないこともしばしばです。

 

そんなときは、その場からさっと動くにかぎります。

 

そのときに通路側の座席にいると、他のお客さんに気兼ねなく移動することが出来ます。

 

物を置けるスペースあり

 

赤ちゃん連れでの移動は、何かと荷物が多くなるものです。

 

窓際や3列席の間だと、荷物の上げ下ろしも気になりますね。

スポンサーリンク

 

その点、通路側の座席だと、そういう煩わしさは少なくなるのではないでしょうか。

 

荷物棚に荷物を置くことは難しくなりますが、他の乗客の邪魔にならなければ、通路に置くことも可能でしょう。

 

赤ちゃんに何かが必要になるたび荷物棚の荷物を上げ下ろしするよりは、よほど便利だと言えないでしょうか。

 

また、先ほど少し触れた11号車に関しては、車椅子の乗客に合わせたスペースが設けられていますね。

 

そこにベビーカーを置くことも、不可能ではありません。

 

赤ちゃん連れで新幹線に乗ると、思いの外多く、鞄を開ける機会もあるはずです。

 

荷物面から考えても、通路側にはメリットが多いのではないでしょうか。

 

どんな部屋なの?新幹線で赤ちゃんに優しい多目的室とは!?

 

 

新幹線 赤ちゃん 多目的室

 

 

新幹線には、「多目的室」という部屋が用意されているのをご存知ですか?

 

この多目的室という部屋は、実は赤ちゃん連れで新幹線に乗るときの強い味方なんです!

 

意外と知られていないこの多目的室、一体どういう場所なのでしょう?

 

そして、どのようにして、使うことが出来るのでしょうか?

 

多目的室はどんな部屋?

 

多目的室はほぼすべての新幹線に設置されており、その多くが11号車や12号車近くに設けられています。

 

新幹線によっては場所が違いますので、HPなどで事前に確認しておくといいでしょう。

 

多目的室は本来、体に不自由のある方が優先です。

 

そういう方がいらっしゃらない場合には、赤ちゃんの授乳や、体調不良の方が休むのにも使えます。

 

赤ちゃん連れでなくても、騒ぐ子供が周囲に迷惑をかけるということで、使用出来る場合もあるようです。

 

多目的室の優先順位としては、体の不自由な方、次いで赤ちゃん連れや体調不良の方、その他個室が必要な方となっています。

 

多目的室には、倒すとベッドのようになる座席が設けられています。

 

決して目を離してはいけませんが、赤ちゃんをここに寝かせることも可能です。

 

室内には、椅子も置いてあります。

 

そこに座って、授乳をすることも出来るでしょう。

 

多目的室はどうやって使う?

 

多目的室を使うにはまず、新幹線内の車掌(あるいは移動販売などのスタッフ)に声をかけましょう。

 

あらかじめ多目的室を使用したい旨を伝えていても、鍵を開ける関係か、実際に使う時に声をかけるよう言われるようです。

 

授乳などでいざ使いたい時に、車掌さんに会えるかどうかははっきりしませんよね。

 

その場合には、新幹線内の車掌室まで出向く必要があります。

 

車内を巡る車掌さんを捕まえられたらラッキーですが、そうでなければ赤ちゃんを連れて移動しなければなりません。

 

多目的室を使った経験のあるママから言わせれば、そこが不便だと感じるようです。

 

多目的室は予約出来る?

 

残念ながら、多目的室を予約出来るのは一部の新幹線(東海道、山陽、九州新幹線)のみです。

 

そしてさらに、特定の車椅子を使用しているなど、条件に合った人だけが予約出来るようになっています。

 

つまり、赤ちゃん連れで多目的室を予約することは、現状の規則では出来ないことになります。

 

大変ですが、新幹線内で車掌さんに使用したいことを伝えましょう。

 

多目的室の予約は出来ませんが、多目的室に近い座席を予約することは可能です。

 

多目的室は数も少なく、そこを利用したいママはたくさんいます。

 

やはり、早めに座席を予約することがおすすめです。

 

まとめ

 

私は関西出身ですが、結婚して今は東海地方に住んでいます。

 

今は2人の子供にも恵まれ、私の両親も孫に会うのを楽しみにしてくれているようです。

 

そうなると避けられないのが、実家への帰省ですよね。

 

白状すると、私自身は赤ちゃんを連れて新幹線で帰省したことはないのです。

 

赤ちゃん連れの帰省は、車での移動でも恐ろしいもの…。

 

混み合った新幹線に乗ることを考えると、胃が痛くなりそうです。

 

今後自分も赤ちゃん(あるいは動き回る子供)連れで乗る可能性もあるだろうと、今回の記事を書かせていただきました。

 

この記事で、赤ちゃん連れで新幹線に乗るママたちの不安を、少しでも解消出来ればと思っています。

 

今回ご紹介した、赤ちゃん連れにおすすめの座席を、なるべく早くに予約出来るといいですね。

 

後は元気に当日を迎えられるよう、ゆっくり休んでおいてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました