何でも完璧は無理!家事にも手抜きする方法やコツがあるって本当!?

家事 手抜き 方法 家事

 

子育てや仕事で忙しいと、毎日の家事もままなりませんね。

 

あれもこれも完璧にやろうとすると、あなたがパンクしてしまいます。

 

そうならないために、家事もほどほどに手抜きしましょう。

 

手抜きすると、家事が上手く回らないのではと心配ですか?

 

心配する必要はありません。

 

家事には、上手く手を抜く方法やコツがあるのです。

 

スポンサーリンク

主婦は必読?家事を手抜きする3つの方法とは!?

 

家事の手抜き方法を、様々な面から考えてみました。

 

これから家事の手抜きを考えようという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

見て見ぬふり

 

家事の手抜きにまず必要なことはずばり、「見て見ぬふり」です!

 

どういうことか、ご説明しましょう。

 

我が家の手抜き家事のトップは、掃除です。

 

掃除機はよほどの場合を除いて、2日に1度しかかけません。

 

子ども2人と夫の4人暮らしです。

 

子どもはやんちゃ盛りのチビっ子たちで、紙くずや何やでよく部屋を汚します。

 

掃除をしない日には、当然そういうものが目に付くわけです。

 

髪の毛や綿ほこりが落ちてるなあ、という時もあります。

 

気になりますが、私はちょっと手で拾って捨てるだけ。

 

翌日になって、やっと掃除機をかけます。

 

最初は、それも気になって仕方がありませんでした。

 

決して潔癖症ではありませんが、主婦とはそういうものなのでしょう。

 

しかし、今では「見て見ぬふり」を会得したおかげで、家事に振り回されなくなりましたよ。

 

掃除を1日しなかったくらいでは、何も悪いことは起こりません。(埃などにアレルギーのある方、赤ちゃんのいるご家庭は難しいですが…)

 

主婦にとって、家事というものはジレンマです。

 

しっかりやってもストレスがあり、手を抜いてもまたストレスです。

 

そうならないために、まずは家事に対する考え方を変えることです。

 

ここで手抜きしても、別の部分で得ているものがあると考えればいいのです。

 

私のように掃除で手抜き出来ないという方は、別の家事で手を抜けるといいですね。

 

たったひとつの家事を手抜きするだけで、驚くほど気持ちに余裕が出来ますよ。

 

便利グッズに頼る

 

巷には、家事の手抜きを助けてくれる便利グッズがあふれています。

 

そういうものを利用して、罪悪感なく賢く家事の手抜きをしましょう。

 

例えば、洗面所などの排水溝が詰まることはありませんか?

 

髪を整える場所でもあるので、水の流れが悪くなる時がよくあります。

 

そんな時は、どうしましょう。

 

蓋を外して、ごみを集める部分を掃除しましょうか。

 

そうすれば詰まりは解消されますが、ヌメヌメしたあの部分を掃除するのはストレスが溜まります。

 

そこで私は、排水溝の詰まりを除去する薬剤を使っています。

 

みんなが洗面所を使わないタイミングを見計らい、薬剤を流しておくだけ。

 

これで、次に使う時には詰まりともサヨナラです。

 

掃除を手抜きしたいなら、お掃除ロボットがいます。

 

洗濯を手抜きしたいなら、乾燥までやってくれる洗濯機もあります。

 

食洗器があれば、食器を洗わずに済みます。

 

家事を手抜きしたいなら、こういうお役立ちアイテムを押さえておきましょう。

 

省けるのは些細な部分ではありますが、家事がずいぶんと楽になりますよ。

 

サービスを頼る

 

仕事、育児、家事は、女性にとっての三大難関ではないでしょうか。

 

この中で何かを他に任せられるとしたら、それは家事です。

 

ならば、思い切って家事を誰かに任せてみるのもひとつの方法です。

 

家政婦さんを雇う余裕はなくても、家事代行というサービスがあります。

 

支出は増えますが、あなた自身は家事の手抜きが出来るのでよしとしましょう。

 

家事のストレスから解放された分、子どもとのふれあいや趣味に時間を使えばいいのです。

 

家事代行を使えば、自分は手抜きしても家事は行われています。

 

ある意味、健全な手抜き方法かもしれませんね。

スポンサーリンク

 

今日から早速実践すべし!家事を上手く手抜きするコツ2選!

 

 

家事 手抜き コツ

 

 

家事の手抜き方法に加え、そのコツも知りたくはありませんか?

 

それを知れば、あなたも手抜き家事の達人になれるかもしれませんよ。

 

こちらでは、我が家で実践している家事の手抜き方法についてご紹介しましょう。

 

特別なことはやっていませんので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

夫を取り込む

 

習慣とは恐ろしいものです。

 

いつの間にかそうなっていたことに、疑問持つことは少ないですよね。

 

家事にも同じことが言えます。

 

何が言いたいかというと、夫の家事参加を習慣化してしまおうということなんです。

 

それが、私の手抜き家事のコツなんですよ。

 

夕食の食器片付け、仕事着の洗濯は夫の分担になっています。

 

きっかけはあったのでしょうが、今では当然のようにやってくれている家事です。

 

私の洗った食器を片付けたり、自分の仕事着を洗濯機に入れて回す…。

 

たったこれだけのことですが、やってくれるととても助かります。

 

最近さらに増えたのが、休日の子どもの歯磨きです。

 

家事とは微妙に違いますが、これも彼の仕事になりつつあります。

 

料理は手抜きするコツの宝庫

 

家事の中でも重きを占める料理は、実は手抜き出来るポイントがたくさんあります。

 

手抜きのしすぎもよくないので、コツを掴んでおきましょう。

 

その1:洗い物を減らすことで手抜きする

 

ハンバーグや餃子を作る時、材料をボウルに入れて練りますよね。

 

私は、これをビニール袋の中で済ませてしまいます!

 

野菜やミンチを入れた袋を、よく混ざるように揉み込むだけです。

 

最後に袋の角を切り落とし、そこから絞り出して使うのです。

 

ハンバーグは適量を出して、丸めてフライパンにインするだけ!

 

餃子は、皮の上に餡を絞り出せば効率よく包めます!

 

家事の効率も上がるうえに、洗い物をひとつなくして手抜きが出来ます。

 

まさに、一石二鳥の手抜き術だと思いませんか?

 

その2:おかずはたくさん作って使い回す

 

品数を用意しなくてはいけないのも、料理の大きな悩みですね。

 

手抜きをしながら、品数を増やせるコツがあるといいと思いませんか?

 

ひとつのおかずをたくさん作って使い回すのが、手抜きのコツです。

 

夕食にハンバーグを作るとしたら、敢えて多めに作ります。

 

そして翌日の自分のランチにしたり、別日に形を変えて出したりするのです。

 

我が家の小さい息子たちは、カボチャの煮付けが好きです。

 

これもたくさん作っておけば、毎日食べさせることが出来ます。

 

煮付けに飽きたら、スープにリメイクしても美味しい!

 

おかずが少ないと、家族から文句が出るかもしれません。

 

しかし、この方法なら家事の手抜きにはなっても、品数はそのままですよね。

 

調理の手間を少し増やすだけで出来る、簡単でお得な手抜きのコツでしょう。

 

 

まとめ

 

「手抜き」って、何だかよくない響きがありますね。

 

しかし、それもやり方ひとつだと思いませんか?

 

何事も、手抜きのしすぎはよくありません。

 

掃除の手を抜きしすぎると、ゴミ屋敷になってしまいます。

 

洗濯だって手抜きしすぎると、服をだめにしてしまいますよね。

 

家事で手抜きすることが悪いのではありません。

 

どのように手抜きするのかが、大切なポイントになるのです。

 

手抜き自体に抵抗のある方は、まずはその考え方を変えてみましょう。

 

生活していく上で、自分や家族にとって何が重要か考えてみるのです。

 

完璧に家事をこなすことが第1位に来ると、残念ながら手抜きは出来ないでしょう。

 

ストレスを溜めながらも、しっかりと家事をやるしかないのです。

 

そうでないなら、ぜひ一度、肩の力を抜いてみましょう。

 

なぜあんなに家事であくせくしていたのか、分からなくなるはずです。

 

そこをスタートにして、あなたのおうちに合った手抜き方法を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました