幼稚園の役員は忙しい!経験した私が思ったメリットとは?

幼稚園 役員 忙しい 子育て

 

息子が新年中になる春休み、それは突然の電話でした。

 

園長先生から電話がかかってきたのです。

 

何事だろうと電話をとってみると、「幼稚園の副会長をしてほしい」という内容。

 

想像もしていなかった私は、なにがなんだかよくわからないまま、園長先生に抵抗することもできず、流れで役員を引き受けてしまったのです。

 

のちのち、私はこのことをすごく後悔します。

 

今回は、私が幼稚園の役員をしたときのお話しです。

 

スポンサーリンク

 

幼稚園の役員って忙しい!!

 

長男が幼稚園年中のときに、幼稚園の役員を1年間やることになりました。

 

もちろん、今までにそういう経験は一切ありませんでした。

 

学生時代も、前にでて話したり目立ったことをすることは苦手だった私。

 

私なんかが、役員なんてできるんだろうか、不安でいっぱいでしたが、園長先生からはそんなに大変な仕事ではないと聞いていたので、軽い気持ちで承諾してしまいました。

 

息子が通っていた幼稚園は全体で100名くらいの幼稚園でした。

 

行事ごとの係は、保護者が集まって決めていましたが、幼稚園の三役(会長、副会長、会計)だけは、園長先生が独断で決め、直接保護者にお願いすることで、毎年決定していました。

 

ちなみに、この時なぜ私が副会長に選ばれてしまったのかは未だに謎です。

 

当時、長男は年中でしたが、下に2歳の次男がいました。

 

下の子がいる人は、役員免除のはずだったので、私が選ばれたのはかなり例外でした。

 

とにかく、訳も分からないまま、私の役員生活が始まりました。

 

始まってみると、役員の仕事は想像以上に大変でした。

 

とりあえず、園の行事にはすべて参加して先生のお手伝いをします。

 

・春の遠足
・運動会
・バザー
・もちつき
・お遊戯会
・ひな祭りの会
・卒園式

 

などの大きな行事はもちろんのこと、2カ月に1回行われる母の会では、みんなの前でしきったりもしました。

 

会長がほとんどしきってくれるので、副会長は補佐的な役割ではありましたが、各行事の準備などは本当に大変でした。

 

特に、イヤイヤ期真っ盛りの下の子を連れての作業は、普通の人の何倍も大変に感じました。

 

バザーの企画をしたり、運動会の景品を考えて購入したり。

 

家で事務処理をすることも多く、「ボランティアでこんなにたくさん働かなければいけないの!?」と、愚痴をいいたくなるほど、役員の仕事は忙しかったです。

 

それでも、なんとか1年やりきり、やっと、年中の終業式を迎えました。

 

 

幼稚園の役員を辞めたい!!

 

 

役員辞めたい

 

年中の終業式を終え、ほっとしていると、園長先生から声がかかりました。

 

1年間ご苦労様というねぎらいの言葉と同時に、来年度は会長をやってほしいと頼まれてしまったのです。

スポンサーリンク

 

私は、何も知らずに副会長を引き受け、1年間頑張ってきましたが、噂によると、副会長をやった人は、次の年、会長をやるという伝統があるようでした。

 

でも、そんなこと私は知りません。

 

今年1年でもかなりのストレスだったのに、来年も、しかも会長だなんて絶対に無理だと思いました。

 

何としてでも、今年で辞めたいと思いました。

 

今回ばかりは無理ですと断るのですが、園長先生もなかなか引いてはくれず…家に帰ってもう一度よく考えますということで、その場は終わりました。

 

家に帰りながら、私は途方に暮れていました。

 

来年も役員をするなんて考えられません。心から嫌でした。

 

帰って主人にも相談し、やはり断ろうということで、私1人では園長先生に流されそうだったので、主人からも園長先生に電話してもらい、来年の役員を断りました。

 

主人からも電話をしたので、さすがの園長先生も、押し切れなかったようで、無事、私は役員を逃れることができました。

 

絶対に今年で役員を辞めたいと思っていたので、なんとか断れて、ほっとしたのが正直なところです。

 

 

幼稚園の役員をするメリットとは?

 

 

保育士

 

 

とても大変だった役員でしたが、やってみて、それなりにメリットもあったので、まとめてみます。

 

幼稚園がどのようにして運営されているかを知ることができた。(今までの役員さんに感謝の気持ちをもった)
先生たちと蜜に接するので仲良くなれた。
幼稚園に行く機会がすごく増えるので、わが子は嬉しそう。
幼稚園でのわが子の様子をみる機会が増える。
人前で話すことに少しは慣れる。
いろいろな活動を通して役員同士仲良くなれた。

 

このように、嫌なことばかりではなく、役員をやるメリットもあります。

 

何より、わが子が、私が役員をやっていることをうれしく思っているようでした。

 

役員をやったおかげで、たくさんの経験を積むことができ、とても勉強になりました。

 

しかし、大変な仕事であることは間違いありませんでした。

 

 

まとめ

 

幼稚園の役員の仕事は、それぞれの園で違います。

 

うちの幼稚園のように、保護者と先生の関係が密な幼稚園もあれば、保護者の負担はとても軽い園もあります。

 

ですから、一概には言えませんが、役員の仕事を引き受けるときは、きちんとやりきれるか考えて、決断すべきです。

 

どうしても、やらなくてはいけない状況になってしまったら、開き直って頑張ってみてください。

 

貴重な経験だと思えば、有意義に役員の仕事ができるはずです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました