幼稚園に行きたくないと言う年長の息子!説得する?理由を聞く?どうする?

幼稚園 行きたくない 年長 子育て

 

3年保育の幼稚園で、年少の頃から毎日たのしく通園してきた息子。

 

この2年間で、仲のいいお友達もたくさんできました。

 

それが突然、年長の秋に「ママ!ぼく幼稚園行きたくない!」そう言いだしたのです。

 

まさか、年長になって幼稚園に行きたくないと言い出すとは、思ってもみませんでした。

 

一体息子に何があったのか、これからお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

突然、幼稚園に行きたくないと言い出した年長の息子!!

 

それは本当に突然の出来事でした。

 

朝起きて、いつものように幼稚園に行く支度をしていると、息子の動きが遅いのです。

 

「○○くん、どうしたの?」声をかけてみると、「幼稚園行きたくない…」息子の返事にびっくりしました。

 

「急にどうしたの?!」理由を聞いても何も答えず、ただただ、行きたくないの一点張りです。

 

 

幼稚園に行きたくないと言い出した息子を無理やり説得!!

 

 

幼稚園 行きたくない 説得

 

 

仕事をしている私は、息子に幼稚園を休まれては困ります。

 

朝の忙しい時間、息子の行きたくない理由をゆっくり聞いている暇はありません。

 

「頑張って幼稚園行ったら、帰ってきておいしいおやつ食べよう!!」

 

適当な言葉を並べ、とにかくその日は、なんとか説得して、幼稚園へ連れて行きました。

 

家では嫌がっていたものの、幼稚園についてしまえば、泣いて嫌がるというようなことは、ありませんでした。

 

すんなり教室に入っていく息子。

 

その姿に安心し、特に深く考えもせず、その日は過ごしました。

 

しかし、次の日の朝、また息子が言うのです。

 

「ママ、幼稚園行きたくない。」

 

 

幼稚園に行きたくないと言い出した本当の理由とは?

 

 

幼稚園 行きたくない 理由

 

今日こそ理由を聞こうと、「どうして?」何度も聞きました。

 

すると息子は、「おなかが痛い…。」

 

あやしいと思いました。

 

昨日は半ば無理やり幼稚園に行かせた私ですが、2日連続ともなると、心配になりました。

 

「幼稚園で何か嫌なことがあったの?!」

「お友達にいじわるでもされた?!」

「先生に怒られたりしたのかな?!」

 

思いつく理由を並べ、息子に聞いてみましたが、どれも違うようです。

 

ゆっくり話を聞こうと思い、息子と会話を続けていると、息子がこう言いました。

スポンサーリンク

 

「ぼく、ママとゆっくり遊びたい。」

 

年長さんになって、だいぶしっかりしてきた息子。

 

私も仕事復帰をし、バタバタと忙しい日々を過ごしていました。

 

どちらかというと優等生タイプで、手がかからなかった息子。

 

このままスムーズに、卒園まで通ってくれると、そう安心しきっていました。

 

「ママとゆっくり遊びたい」どうしてそんなこと言うの!?

 

すぐには理解できませんでした。

 

でも、息子と話しているうちに、すべての原因は私にあったのだと思いました。

 

息子が幼稚園に行っている間に仕事をし、帰ってきてからは家事に追われます。

 

私が家事をしている間は、息子はテレビを見たり、ひとりで遊んだり。

 

その後、夕飯を食べてお風呂に入ると、もう寝る時間です。

 

せめて寝るときは一緒にベッドに入れればよかったのですが、特にぐずることもなかったので、息子が一人で寝室に行く日も多くありました。

 

こうして改めて1日の流れを振り返ってみると、全然息子とゆっくり過ごせていないのです。

 

物分かりのいい息子だと、私は勝手に思い込み、息子と過ごす時間を削ってしまっていました。

 

とにかく息子は、寂しかったのです。

 

幼稚園を休んだら、ママとゆっくり遊べる!そう思ったようです。

 

幼稚園に行きたくないと言われたらどうするべきか!?

 

 

幼稚園 行きたくない どうする

 

息子が幼稚園に行きたくないといったとき、私はすぐに、幼稚園で何かあったのでは!?と疑ってしまいました。

 

幼稚園に行きたくないのだから、その理由ももちろん幼稚園にあると思ったのです。

 

恥ずかしながら、まさか、自分に原因があるとは思いませんでした。

 

この経験を通して、子供の話をしっかりと聞いてあげることの大切さを改めて実感しました。

 

「行きたくない。」という子供を頭ごなしに怒ったり、無理やり説得したりしてはいけません。

 

子供には子供の事情があるし、必ず理由はあるのです。

 

子供の気持ちに気付いてあげられなかった自分が本当に情けなかったです。

 

その後、反省を踏まえ、私は次のことを心がけて生活しました。

 

●幼稚園からの帰り道、今日の出来事を聞いてみる。

●夜寝る前に、絵本の読み聞かせをする。(親子の時間を必ず作る。)

●息子に声をかけられたらなるべく「ちょっとまって」と言わない。(家事で忙しくても、なるべく心がける)

 

忙しいと思っていた毎日でも、少し心がけることで、子供との時間は今までよりずいぶん増えました。

 

まとめ

 

今、お子さんが幼稚園に行きたがらなくて悩んでいる方がいたら、ぜひ、お子さんの気持ちに寄り添ってあげてください。

 

ゆっくりでいいから理由を聞いて、一緒に話し合うことで、お子さんの気持ちも和らぎます。

 

幼稚園の先生に相談するのももちろん必要ですが、まずはお子さんの心と真摯に向き合うのが一番大切です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました