汚れを一網打尽!ステンレスをばっちり掃除する方法とは!?

ステンレス 掃除 方法 掃除

 

身の回りには、たくさんのステンレス製品がありますね。それらの掃除方法に、頭を悩ませてはいませんか?

 

掃除をしなきゃと思いつつも放置しておくと、ステンレスはどんどん汚れていきます!

 

汚れてからの掃除は、一段と大変になるものです。

 

今回は、そんな物臭さんでもちゃんと出来る、ステンレスの掃除方法についてご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

 

キッチンで一番気になる!ステンレスシンクの掃除方法とは!?

 

数あるステンレス製品の中でも、一番身近にあるのはステンレスのシンクではないでしょうか。

 

料理や洗い物をして毎日使う場所ですし、すぐに汚れてしまいます。

 

こちらでは、ステンレスのシンクを例にした掃除方法をご紹介しましょう。

 

まずはスポンジで

 

シンクの汚れが目に付いたら、その時点で掃除をする癖を付けておきましょう。

 

メラミンスポンジをキッチンに置いておけば、さっと掃除出来て便利です。

 

ステンレスシンクの汚れは、まずはスポンジで掃除してみてください。

 

頑固な汚れでなければ、メラミンスポンジで簡単に落とすことが出来ます。

 

ステンレスに付く白い汚れ

 

ステンレスのシンクでよく目にするのが、白い汚れではないでしょうか。

 

これは水垢であり、水道水に含まれるミネラルの成分が固まったものです。

 

こちらも初期のものなら、スポンジで落とすことが出来ます。

 

ちょっとやそっとでは落ちなくなってしまった汚れは、どう掃除するのがいいのでしょう?

 

それは、水垢の性質を考えると分かります。

 

水垢は水道水のミネラルなので、それには酸性の力で掃除する方法がいいでしょう。

 

相反する性質が、汚れを分解してくれるのです。

 

掃除で使えるもので酸性というと、クエン酸が挙げられます。

 

クエン酸は食用にも使われる物質で、キッチンを掃除するのも安心です。

 

クエン酸はドラッグストアで買うことが出来ますし、手元になければ、で代用することも可能ですよ。

 

一番手軽な掃除方法としては、汚れたステンレスシンクにクエン酸水を掛けることです。

 

クエン酸水は、水200mlに対してクエン酸小さじ1が目安です。

 

クエン酸水が汚れに留まるように、キッチンペーパーを被せてからスプレーすると効果的です。

 

ペーパー越しにスプレーして、30分~2時間程待つだけでOKです!

 

待つ間に別の家事をすることも出来ますので、おすすめの掃除方法と言えます。

 

時間が来たらペーパーを剥がし、スポンジで擦ってみましょう。

 

酸性のクエン酸で、アルカリ性の水垢が落としやすくなっているはずです。

 

汚れを擦り落としたら、きれいに水を流して完了です。

 

時間が解決してくれる、お手軽な掃除方法ですね。

 

ステンレスに付くカビ

 

シンクは水回りなので、ステンレスにもカビが付いてしまいます。食材を取り扱うことを考えると、ステンレスシンクのカビは退治しておきたいですよね。

 

スポンジで落としにくい頑固なカビには、どのような掃除方法がいいのでしょうか。

 

ステンレスに付いたカビを掃除するには、塩素系漂白剤がぴったりです。

 

スプレーして洗い流すだけなので、掃除でカビを触りたくない方にもおすすめですよ。

 

市販の塩素系漂白剤は、泡で出て汚れに密着するタイプのものが多いです。

 

それでもピンポイントで頑固なカビを落としたい時には、こちらもキッチンペーパーを使うといいでしょう。

 

使用方法に従ってスプレーをして待ち、水で流せば完了です。

 

水で流しただけではするんと落ちない場合は、ブラシやスポンジで擦るといいでしょう。

 

ステンレスシンクに付着する汚れは、だいたい以上のようになっています。

 

ご紹介させていただいた方法を試せば、まず問題なく掃除出来ることでしょう。

 

どちらも簡単な掃除方法ですが、たったひとつ注意点があります。

 

それは、酸性のクエン酸と塩素系漂白剤を一緒に使わないことです!

 

まさに「混ぜるな危険!」というやつで、併用すると有毒ガスが発生してしまうからです。

 

そうでなくても、塩素系漂白剤は臭いのきついものが多いです。

 

掃除の時には、換気に注意しましょう。

 

 

たまには中も見て!ステンレスの水筒は週に1度は掃除すべし!

 

 

ステンレス 水筒 掃除

 

ステンレス製の水筒も、よく出回っていますね。そんな水筒ですが、いつもどのように掃除をしていますか?

 

柄付きのスポンジで擦るだけでは、十分に掃除が出来ているとは言えません…。

スポンサーリンク

 

不意に中を覗いて汚れにゾッとすることのないように、せめて週に1度はしっかりと掃除をしましょう。

 

●漂白剤で付け置き

ステンレスの水筒の内部には、茶渋を始めとした汚れが目立ちます。

 

毎日使うものだと乾燥もままならず、いつしか汚れを餌にカビが生えることも…。

 

そうならないよう、週末には漂白剤を使って汚れを一掃しましょう。

 

キッチンで使う漂白剤と言えば、ハイター系が思い浮かぶと思います。これらの多くは塩素系であり、強力な洗浄力を持っています。

 

その反面、臭いがきついという弱点もあるのです。ゴム製パッキン部分の劣化を早めるという難点もあります。

 

そこでおすすめしたいのが、酸素系漂白剤です。使い方は、塩素系漂白剤と同じです。

 

ものにもよりますが、だいたい1時間ほど付け置きしてしっかりと洗い流します。

 

茶渋汚れもきれいに取れ、まるで新品のようなステンレスになること間違いなしです。

 

漂白剤に抵抗のある方は、重曹を使ってみましょう。

 

水1ℓに対して小さじ1程度を入れたものを沸騰させ、その液の中に水筒を入れておきます。

 

汚れがひどい場合には、重曹の量を増やしてみてくださいね。

 

 

錆びないはずでも…ステンレスの掃除サビ編をご紹介!

 

 

ステンレス 掃除 サビ

 

一般的にステンレスはサビにくいとは言われています。

 

それでも、ステンレスの使い方次第ではサビが発生してしまうのです。

 

●サビが発生する原因は2つ

ステンレスがサビる主な原因は、以下の2つです。

 

・ステンレスが金属に触れていた
・ステンレスに出来た傷からサビた

 

一つ目は、キッチンシンクでよく起こることです。缶詰の空き缶を、長時間ステンレス製のシンク内に放置してはいませんか?

 

金属同士が長い時間触れ合うと、「もらいサビ」という現象が起きてしまいます。ステンレスのシンク内に、金属を長時間放置しておくのは止めましょう。

 

もう一つは、ステンレス表面に付いた傷からサビてしまうというものです。

 

ステンレスの表面にはサビにくい加工がしてあるのですが、掃除などでこれが傷付くこともあります。

 

そうすると、そこから水分が侵入してサビを生むことになります。

 

掃除をするのは大切ですが、ステンレスのシンクを傷付けないよう注意しましょう。

 

サビの対処法①擦って落とす

 

軽いサビなら、重曹を使って落とすことが出来ます。

 

重曹には研磨成分が入っているので、正確にはそれで削り取ることになります。

 

サビに少量の重曹を振りかけ、スポンジで擦ります。削り取るからといって、金タワシなどで擦るのはいけません!新たなサビの原因を生むことになります。

 

サビの対処法②薬剤を使う

 

頑固になってしまったステンレスのサビには、薬剤を使いましょう。重曹で擦り洗いをしては、かえって表面を傷付けてしまうからです。

 

サビ取りに使える薬剤は、いろいろと市販されています。掃除したいステンレスのサビ具合に合ったものを、用意するといいでしょう。

 

サビは出来る前に防ぐ!

 

サビは、ステンレスに付く他の汚れよりも掃除が面倒です。そのために、サビさせないようにするのが一番いい方法なのです。

 

先にお伝えしたように、ステンレスにサビを作らないように心掛けましょう。

 

金属を放置しないステンレスの表面を傷付けないことです。

 

決して難しいことではありませんので、やってみてくださいね。

 

 

まとめ

 

ステンレスに付いた汚れは、妙に目立つものですよね。気付きやすい分、なるべくこまめに掃除したいものです。

 

私も決して掃除が好きなタイプではないので、ついつい、見てみぬふりをしてしまいます。

 

そして汚れが頑固なものになり、後悔してしまいます…。

 

そうならないためにも、今回ご紹介した方法を参考にしていただきたいと思います。

 

ゴシゴシと擦ったりする必要はないので、やりやすい掃除方法だと思いますよ。

 

水垢やカビを取るには、市販の漂白剤が手軽ではあります。

 

しかしステンレスのシンクを掃除する時には、なるべく安心出来るものを使って掃除したいですよね。

 

強い薬剤を使わなくてもキレイに出来るように、日頃から掃除しておく癖を付けるのが一番でしょう。

 

そうすれば、化学的なものに頼らず、ステンレス製品を清潔に保つことが出来るでしょう。

 

かく言う私もそういう習慣づけが苦手なので、これから頑張っていこうと思う次第です。

 

みなさんも、ステンレス製品と上手くお付き合いしましょうね。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました